[スポンサーリンク]


2020年 1月 28日

  1. 第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

    第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究所で、超分子化学とその生化学(例えば薬剤やセンサーの開発)と材料科学(例えば自己組織化ナノ構造)への応用について研究しています(訳注・201…

  2. 乾燥剤の種類と合成化学での利用法

    今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いた後になってかなり基本的な話…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城
  2. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa
  3. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性
  4. 書いたのは機械。テキストの自動生成による初の学術文献が出版
  5. 高知大が新エコ材料開発へ 産官共同プロジェクト
  6. トビン・マークス Tobin J. Marks
  7. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP