[スポンサーリンク]

ケムステニュース

進化するCAS SciFinderⁿ

[スポンサーリンク]

現在 CAS では新しい Life Science のソリューションの開発を行っています。この新ソリューション提供までの間、CAS SciFinder Discovery Platform 契約機関のユーザーの方は CAS Bioactivity Data を CAS SciFinderⁿ で確認できるようになりました。 (引用:JAICIニュース12月20日)

論文検索において必須のツールであるSciFinderは、機能のアップデートが続けられておりSciFinder上から論文で登場する化合物の様々な情報を取得できるようになってきています。2022年12月のアップデートでは、以下の生物活性データにアクセスできるようになりました。

– Structure Activity Relationships (SAR:構造活性相関)
– Absorption, Distribution, Metabolism, Excretion (ADME:吸収、分布、代謝、排泄)
– Toxicity (毒性)

化学情報協会の紹介動画の通り、物質とリファレンス検索結果のフィルターにBioactivity Dataが追加されており、他の項目同様チェックすることでデータが存在する物質やリファレンスに絞ることができます。

フィルターオプション(出典:CAS SCIFINDERⁿ生物活性データのプレビュー

個々の生物活性データはリストで表示され、並び替えやフィルター、エクセルでダウンロードも可能です。

生物活性データのリスト(出典:CAS SCIFINDERⁿ生物活性データのプレビュー

そしてView Detailをクリックすることで評価方法といった詳細を確認することができます。

表示されるアッセイデータ(出典:CAS SCIFINDERⁿ生物活性データのプレビュー

CASでは様々な分野で使えるツールを開発しており、特にライフサイエンス分野に注力しています。この生物活性データもその一環で、新しいソリューションを開発している間、SciFinderⁿを通じてアクセスできるようです。そのため恒久的に使えるかどうか不明であり、関連する研究を行っている方は、早めにチェックしたほうが良いかもしれません。化学情報協会では、4月18日に登録機関を対象にウェブセミナーを実施しますので、興味のある方はこちらも参加してみてはいかがでしょうか。

以上がCAS Bioactivity Dataについてですが、これ以外にもSciFinderⁿの細かなアップデートが多数なされており一部を紹介させていただきます。

  • 反応の詳細ページのレイアウト変更と反応タイプ別のグルーピング機能の実装

反応スキームを中央に、Reaction Overviewと出典情報を左側に、中央下部に Transformations (反応タイプ) と Reaction Notes が表示されるようになりました。

更新されたページデザイン(出典:CAS SciFinder-n  What’s New

また、反応検索の結果をTransformations (反応タイプ) 別にグルーピングできるようになりました。

バニリンの合成法に関する反応タイプのグルーピング(出典:CAS SciFinder-n  What’s New

グルーピングの並び替え(出典:CAS SciFinder-n  What’s New

  • CAS Reaction Number による検索

各一段階反応に対して付与されている番号であるCAS Reaction Numberを使って反応を検索できるようになりました。

CAS Reaction Numberによる検索(出典:CAS SciFinder-n  What’s New

  • Substancesのフィルター機能強化

Substances 検索結果において Reference Availability のフィルター項目が追加され、文献のあるなしで絞り込むことができます。

追加されたReference Availability のフィルター項目(出典:CAS SciFinder-n  What’s New

  • ORCID iD 検索

ORCID iD が付与されている著者名のリンクから、その著者に関する文献を検索できるようになりました。

ORCID iD 検索(出典:CAS SciFinder-n  What’s New

昔は本で調べるしかなかった論文検索も、現在ではいくものデータベースサイトが登場し、検索方法も文字だけでなく構造式での検索も可能になり、より便利に効率よく検索することができるようになっています。巷ではChatGPTをはじめとした対話型AIの開発が話題に挙がっていますが、このようなAIを活用した検索が化学のデータベースサービスにも実装され、検索に割く時間がより短くなるかもしれません。更なる機能の強化に期待します。

関連書籍

関連リンク

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. 武田薬品、14期連続で営業最高益に
  2. 2010年日本化学会各賞発表-学術賞-
  3. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏…
  4. 化学物質MOCAでがん、4人労災
  5. UBEの新TVCM『ストーリーを変える、ケミストリー』篇、放映開…
  6. マイクロ波加熱を用いた省エネ・CO2削減精製技術によりベリリウム…
  7. ダイセルよりサステナブルな素材に関する開発成果と包括的連携が発表…
  8. マイクロ波化学が挑むプラスチックのリサイクル

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2005年6月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  2. 実験ノートの字について
  3. 佐治木 弘尚 Hironao Sajiki
  4. 真島利行系譜
  5. 創薬における中分子
  6. Classics in Total Synthesis
  7. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応
  8. 5配位ケイ素間の結合
  9. 世界的性能の質量分析器開発を開始
  10. 第一稀元素化学工業、燃料電池視野に新工場

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータ0からの初期データ戦略

開催日:2024/06/05 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP