[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

[スポンサーリンク]

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究所で、超分子化学とその生化学(例えば薬剤やセンサーの開発)と材料科学(例えば自己組織化ナノ構造)への応用について研究しています(訳注・2019年に逝去されています)。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

子どもの頃から自然に魅了されていました。湖水や植物を顕微鏡で研究したり、外で星を観察したり、小さな電気回路を作ったり。もちろん地下室には小さな化学実験室を持っていました。これらすべての実験と経験が教えてくれた自然について楽しみました。のちに学校ではとても優れた化学の先生に当たり、国際化学オリンピック(高校生を対象とした国際大会)に参加するよう勧められました。初めての全国選抜大会では、完全に失敗しました。しかしそれによって、完全に化学に重きを置くようになったと思います。野心的になり、化学に関われば関わるほど、ますます化学が好きになりました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

おそらくは医者でしょう。10代の頃にボランティアの救急救命士として働き始め、今でも時々やっています。人を助けることは、責任のともなう大変な仕事ですが、とてもやりがいのある仕事です。化学や自然科学を専門にしていなければ、医学を専門にしていたでしょう。子どもの頃は、料理人にも魅せられました。化学研究室におけるスキルほど、料理スキルには長けていないかもしれませんが、今でも料理は大好きです。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

第一に、ロナルド・ブレスロウがかつて述べたように、化学はCentral Scienceです。周りで起こっていることはすべて、何らかの形で化学と結びついています。生命の分子基盤、病気の発生、分子レベルでの薬物機能、あるいは材料特性が分子組成にどう依存しているか――こういった事柄を学べば学ぶほど、より良い生活を実現し、地球を脅かしている困難に対処できるようになるだろう。

第二に、周りで起こっていることを理解するだけでなく、創造もできる唯一の自然科学が化学である。かつて存在しなかった新しい分子、つまい極めて望ましい性質をもつ新しい分子を創り出せるのです。化学者は人々の生活と健康を改善するために、新薬を創り出します。化学者はまた、現代の世界における何千もの応用を志向し、改善特性を備える新材料を創り出します。化学は、エネルギー危機、食糧と水の供給、健康問題、環境問題など、今日私たちが直面している多くの問題を解決するのにも役立ちます。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

レオナルド・ダ・ヴィンチです。おそらく、地球上で最も魅力的な科学者でした。芸術と科学、化学と物理学、医学と生物学、建築と工学、その他多数――彼一人がどれだけ多様で異なる分野を樹立したかを考えると、驚くほかありません。彼は今日でも使われるものを本当に沢山発明しました。たとえ改良版だとしても、基本的には彼のアイデアに行き着きます。そしてこれら全ては、非常に困難で、時には生命を脅かすような政治的状況下で成し遂げられたのです。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

ええと、それはかなり昔のことです。少なくとも真性の科学研究という意味では。それは6年ほど前のことです。つまり、アカデミックキャリアを始めたばかりで、学位のために働き始めた共同研究者が3人しかいなかった時です。研究に必要だったビルディングブロックの一つ、グアニジニオカルボニルピロール誘導体の5段階合成をしました。

残念ながら、私にはもうラボで実験をする時間がありません。そして今では、共同研究者たちのほうが私よりずっと実験スキルが高いです。私の練習不足のせいでしょう。

しかし、年に1回、高校生向けに化学の日を設けています。そしてその日は、ナイロンや綿火薬の合成といった古典的実験を自ら行います。ラボコートを着て実験をしている私の姿を同僚が見ることは、いつも「ビッグショー」なのです。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

ココナッツからコーヒーを作る方法が載っている本はありますか?それが第一希望です。でなければ、おそらくニューヨーク市の電話帳でしょう。火を起こすのに適したページがたくさんありますね。

CDについてですが、ココナッツオイルでCDプレーヤーは動きますか?

もっとまじめに答えるなら、『ロード・オブ・ザ・リング』は何度でも読めますし、アンドリュー・ロイド・ウェバーの曲が入ったCDがあれば素晴らしいと思います。

原文:Reactions – Carsten Schmuck

※このインタビューは2008年2月8日に公開されました。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kai…
  2. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart R…
  3. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―J…
  4. 第二回 水中で超分子化学を探る-Bruce Gibb教授-
  5. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授
  6. 第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colq…
  7. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len…
  8. 第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請
  2. ノーベル化学賞明日発表
  3. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について
  4. キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~
  5. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxidation
  6. 日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!
  7. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  8. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で
  9. ウォルフ転位 Wolff Rearrangement
  10. 芳香族化合物のスルホン化 Sulfonylation of Aromatic Compound

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP