[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第113回―「量子コンピューティング・人工知能・実験自動化で材料開発を革新する」Alán Aspuru-Guzik教授

[スポンサーリンク]

第113回の海外化学者インタビューは、アラン・アスプル=グジック教授です。ハーバード大学 化学/生物化学科の助教授(訳注:現在はトロント大学化学科の教授)として、理論物理化学と量子情報科学の境界領域で研究を行っています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

メキシコの中学校の先生に感銘を受けたからです。彼は生化学者で、タンパク質や酵素の内部機構に情熱を注いでいました。その後、1994年にノルウェーのオスロで開催された国際化学オリンピックにメキシコ代表として出場する機会を得ました。

その当時私は、コンピュータサイエンスを学ぶか、化学を学ぶかという厳しい選択を迫られていました。しかし、コンピュータサイエンスへの思いは決して薄れることはありませんでした。博士課程では、量子モンテカルロ法を用いた大規模計算を行いました。ポスドク時代には、量子計算と化学の接点の研究を始めましたが、これは独立教員となった現在でも研究テーマの一つとなっています。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

もし科学者でなかったら、他にもたくさん可能性が考えられます。映画製作者になったり、自主映画を作ったり、(非常に)進歩的な政治家になったりを夢みた日もありました。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

現在、ハーバード大学の研究室でいくつかのプロジェクトを進めています。一見して多様なプロジェクトのように見えますが、すべては理論化学、量子情報、再生可能エネルギーの境界領域に位置しています。私たちは、光合成システムや有機太陽電池材料における電荷・励起輸送に興味を持っています。例えば、IBMと共同で「Clean Energy Project/World Community Grid」というプロジェクトを行っています。これは、世界中のコンピュータの余ったマシンタイムを使い、励起と電荷をできるだけ効率よく輸送する分子結晶を探索するたまめの分散コンピューティングプロジェクトです。私たちの理論研究が、いつの日か、より良い有機太陽電池や有機エレクトロニクスへの応用につながることを期待しています。

量子コンピューターの分野では、最近、アンドリュー・ホワイト(クイーンズランド大)のグループと共同で、プロトタイプの光量子コンピューターを用い、水素分の量子化学計算を初めて行いました。

また、量子情報と化学が融合する他の分野でも研究を行っています。例えば、プラズモニックナノ粒子に結合した分子をはじめとする複雑系の電子構造は、開放量子系の密度汎関数理論に関する我々の研究が恩恵をもたらすものです。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

アイザック・ニュートンに会ってみたかったです。かなりの傑物で、彼の時代にあって革命的な科学者でした。彼に関する偉大な歴史的伝記、リチャード・ウェストフォール著『Never at rest』を読むことをお薦めします。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

私は理論屋なので、かなり前だと思ったんじゃないでしょうか! しかし、それは間違ってますよ。2ヶ月前、無機化学の同僚の一人であるTed Betleyと私で、子供向けの化学実験を行いました。理論屋である私が実験指導を受けていなかったわけではないことを、Tedは理解してくれました。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

ヤン・ポトツキの『サラゴサ写本』やセルバンテスの『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』のような、複雑で何度も読み返さないとだめな本を持っていきます。

音楽については一秒たりとも考えること無く、マヌ・チャオの『クランデスティーノ』を選びます。『クランデスティーノ』は世間から隠れて過ごす過酷な生活を余儀なくされた移民たちを主題とした、数曲を1時間につなぎ合わせたアルバムです。曲はさまざまな言語で作られています。まだマヌ・チャオを聴いたことがない人は、YouTubeで彼の動画を見てみると、その趣が理解できるかもしれません。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

東京大学の相田卓三教授の話を読んでみたいと思います。ドイツのBayreuthで開催されたlight harvestingの学会で話を聞いたばかりで、すっかりファンになってしまいました。

 

原文:Reactions –  Alán Aspuru-Guzik

※このインタビューは2009年4月24日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第41回―「クロム錯体のユニークな触媒活性と反応性を解明する」K…
  2. 第83回―「新たな電池材料のモデリングと固体化学」Saiful …
  3. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe…
  4. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darre…
  5. 第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准…
  6. 第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clay…
  7. 第98回―「極限環境における高分子化学」Graeme Georg…
  8. 第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham S…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界
  2. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する
  3. 第六回サイエンス・インカレの募集要項が発表
  4. 生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明
  5. 転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント
  6. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌
  7. カゴ型シルセスキオキサン「ヤヌスキューブ」の合成と構造決定
  8. Nature Reviews Chemistry創刊!
  9. 2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る
  10. 有機化合物のスペクトルデータベース SpectraBase

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP