2024年 2月 08日

  1. 中性子線を利用した分析法

    X線や電子線を利用した分析と比べて、中性子 (neutron) を利用した化学分析は馴染みがない方が多いかもしれません。中性子線を利用した分析法では、X線や電子線を利用した分析では困難な分析ができるため、近年利用が広がっています。この記事で…

  2. 研究開発分野におけるセキュリティ対策の傾向と、miHubでのセキュリティへの取り組み

    開催日:2024/02/14 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授
  2. 【書籍】液晶の歴史
  3. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz
  4. 長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa
  5. Impact Factorかh-indexか、それとも・・・
  6. クロスカップリング反応関連書籍
  7. 大学院生のつぶやき:UCEEネット、ご存知ですか?

注目情報

最新記事

【11/20~22】第41回メディシナルケミストリーシンポジウム@京都

概要メディシナルケミストリーシンポジウムは、日本の創薬力の向上或いは関連研究分野…

有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

(出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

光触媒でエステルを多電子還元する

第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

PAGE TOP