[スポンサーリンク]

archives

N,N,N’,N’-テトラメチルエチレンジアミン:N,N,N’,N’-Tetramethylethylenediamine

T0147.gif

鉄触媒を用いたアリール-アルキルクロスカップリング反応

Wangelinらは鉄触媒を用いたハロゲン化アリールとハロゲン化アルキルのクロスカップリング反応による置換アレーンの新しい合成法を報告しています。 その報告によると,このクロスカップリング反応は触媒量のFeCl3N,N,N‘,N‘-テトラメチルエチレンジアミン(TMEDA)および削り状マグネシウムを用いることでワンポットで進行します。この反応では鉄触媒によるGrignard化学種生成とクロスカップリング反応が連続して起こると推定しています。

W. M. Czaplik, M. Mayer, A. J. von Wangelin, Angew. Chem. Int. Ed. 2009, 48, 607.

関連記事

  1. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体
  2. リチウムイオン電池正極材料の開発動向
  3. コランヌレン : Corannulene
  4. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trif…
  5. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニト…
  6. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用…
  7. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxye…
  8. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究倫理を問う入試問題?
  2. カネボウ化粧品、バラの香りの秘密解明 高級香水が身近に?
  3. 旭硝子が新中期計画、液晶・PDPガラス基板事業に注力
  4. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger
  5. 最近の有機化学注目論文3
  6. 結晶スポンジ法から始まったミヤコシンの立体化学問題は意外な結末
  7. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton
  8. 日本にノーベル賞が来る理由
  9. カルロス・バーバス Carlos F. Barbas III
  10. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP