[スポンサーリンク]

archives

N,N,N’,N’-テトラメチルエチレンジアミン:N,N,N’,N’-Tetramethylethylenediamine

T0147.gif

鉄触媒を用いたアリール-アルキルクロスカップリング反応

Wangelinらは鉄触媒を用いたハロゲン化アリールとハロゲン化アルキルのクロスカップリング反応による置換アレーンの新しい合成法を報告しています。 その報告によると,このクロスカップリング反応は触媒量のFeCl3N,N,N‘,N‘-テトラメチルエチレンジアミン(TMEDA)および削り状マグネシウムを用いることでワンポットで進行します。この反応では鉄触媒によるGrignard化学種生成とクロスカップリング反応が連続して起こると推定しています。

W. M. Czaplik, M. Mayer, A. J. von Wangelin, Angew. Chem. Int. Ed. 2009, 48, 607.

関連記事

  1. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  2. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  3. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  4. サーバーを移転しました
  5. ターボグリニャール試薬
  6. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethyls…
  7. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  8. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyacetic…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド
  2. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授
  3. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!
  4. 銀の殺菌効果がない?銀耐性を獲得するバシラス属菌
  5. 「野依フォーラム若手育成塾」とは!?
  6. コーラから発がん物質?
  7. 三菱化学グループも石化製品を値上げ、原油高で価格転嫁
  8. ギース ラジカル付加 Giese Radical Addition
  9. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発
  10. 無保護アミン類の直接的合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP