[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「アバスチン」臨床試験中間解析を公表 中外製薬

[スポンサーリンク]

carboplatin中外製薬は28日、ロシュジェネンテックが血管新生阻害剤「アバスチン」が、進行性非小細胞肺癌(NSCLC)患者に対する臨床試験で、有意に生存期間の延長効果を示したとする試験結果を発表した。試験は、未治療の患者に対するアバスチンとプラチナ製剤を基本とした化学療法(パクリタキセルとカルボプラチン)の併用に関する臨床第III相試験の中間解析で、化学療法単独の場合と比較して、全般生存率が改善、あるいは主要な評価項目である死亡リスクの減少が認められたというもの。NSCLCの未治療患者で延命効果を示した初めての試験で、今回の結果は、5月13日から17日まで開催される米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で発表される予定。 (引用:薬事日報)
?
血管新生阻害剤についてはこちら↓
サリドマイド、がん治療薬に
?
 アバスチン(Avastin)の主成分はペバシズマプというヒト化モノクローナル抗体です。(一定の型を持つ細胞と結合して、その細胞の働きを抑えるタンパク質のこと)
パクリタキセルはいわずと知れた抗がん剤でタキソール(taxol)という名前でよく知られていますね。カルボプラチンはあまり聞いたことがない人が多いと思いますが、プラチナ(白金)を有する金属製剤です。


関連書籍



がん化学療法と患者ケア―外来化学療法時代の最新情報、抗がん剤の副作用対策、患者への精神的サポート




新・抗がん剤の副作用がわかる本

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 四角い断面を持つナノチューブ合成に成功
  2. 夏:今年もスズメバチ防護服の製造ピーク
  3. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  4. 痔治療の新薬で大臣賞 経産省が起業家表彰
  5. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  6. 三井物と保土谷 多層カーボンナノチューブを量産
  7. 夏本番なのに「冷たい炭酸」危機?液炭・ドライアイスの需給不安膨ら…
  8. リピトールの特許が切れました

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 触媒量の金属錯体でリビング開環メタセシス重合を操る
  2. ボルテゾミブ (bortezomib)
  3. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)
  4. U≡N結合、合成さる
  5. 第八回 自己集合ペプチドシステム開発 -Shuguang Zhang 教授
  6. 中谷宇吉郎 雪の科学館
  7. アルツハイマー病・ワクチン開発相次ぐ、副作用回避へ知恵絞る
  8. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる
  9. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!
  10. 電子雲三次元ガラス彫刻NEBULAが凄い!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP