[スポンサーリンク]

ケムステニュース

総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増

[スポンサーリンク]

総合化学メーカーの業績好調が一段と鮮明になってきた。三菱化学など大手5社の2004年4―12月期連結経常利益は、合計で3800億円を上回り、前年同期に比べほぼ倍増した。石油化学製品の値上げが進み、原料価格上昇によるコスト増加を吸収した。電子材料など情報技術(IT)系事業も好調を持続している。2005年3月期通期の経常利益はそろって過去最高を更新する見通しだ。

 9日に出そろった大手5社の4―12月期経常利益は、旭化成と東ソーの増益率が2倍を超えたのをはじめ、増益率が最も低い三井化学でも62%増と、全社とも大幅な増益になった。 (引用:日本経済新聞)


原料の高騰による石油化学製品の値上げ、IT関連の売り上げ増加が功をなしたようです。どんな理由であれ化学産業は基盤なので好調であるとはいいことですね。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2010年日本化学会各賞発表-学術賞-
  2. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  3. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ
  4. ノーベル化学賞:下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に
  5. 福井県内において一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生
  6. 住友製薬-日本化薬、新規抗がん剤で販売提携
  7. 第46回藤原賞、岡本佳男氏と大隅良典氏に
  8. 「女性用バイアグラ」開発・認可・そして買収←イマココ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. <アスクル>無許可で危険物保管 消防法で義務づけ
  2. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  3. スティーブン・リパード Stephen J. Lippard
  4. 単一細胞レベルで集団を解析
  5. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和な付加環化反応
  6. 室温で緑色発光するp型/n型新半導体を独自の化学設計指針をもとにペロブスカイト型硫化物で実現
  7. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  8. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)
  9. サイエンス・ダイレクトがリニューアル
  10. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP