[スポンサーリンク]

ケムステニュース

総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増

[スポンサーリンク]

総合化学メーカーの業績好調が一段と鮮明になってきた。三菱化学など大手5社の2004年4―12月期連結経常利益は、合計で3800億円を上回り、前年同期に比べほぼ倍増した。石油化学製品の値上げが進み、原料価格上昇によるコスト増加を吸収した。電子材料など情報技術(IT)系事業も好調を持続している。2005年3月期通期の経常利益はそろって過去最高を更新する見通しだ。

 9日に出そろった大手5社の4―12月期経常利益は、旭化成と東ソーの増益率が2倍を超えたのをはじめ、増益率が最も低い三井化学でも62%増と、全社とも大幅な増益になった。 (引用:日本経済新聞)


原料の高騰による石油化学製品の値上げ、IT関連の売り上げ増加が功をなしたようです。どんな理由であれ化学産業は基盤なので好調であるとはいいことですね。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「化学五輪」準備組織が発足、委員長に野依氏
  2. 旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019…
  3. リピトールの特許が切れました
  4. 犬の「肥満治療薬」を認可=米食品医薬品局
  5. 極小の「分子ペンチ」開発
  6. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ&#…
  7. Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された
  8. EUで化学物質規制のREACHが施行

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-後編
  2. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物
  3. ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成
  4. ChemDrawの使い方 【基本機能編】
  5. ねじれがあるアミド
  6. 有機テルル媒介リビングラジカル重合 Organotellurium-mediated Living Radical Polymerization (TERP)
  7. 優れた研究者は優れた指導者
  8. 可視光で芳香環を立体選択的に壊す
  9. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ketene Cycloaddition
  10. モリブドプテリン (molybdopterin)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP