[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 【書籍】「喜嶋先生の静かな世界」

    みなさんこんにちは。年末も近づいてきて、忙しくなってきた頃でしょうか。chem-stationは化学の情報でいっぱいですが、たまにはちょっと違う世界をのぞいてみませんか?そこで今回ご紹介するのは、森博嗣氏の著作である「喜嶋先生の…

  2. 安積徹 Tohru Azumi

    安積徹(あづみとおる、1934.9.7 –2009.12.12)は、日本の物理化学者。父・安積宏(あ…

  3. グサリときた言葉

    みなさんは実験のちょっとした空き時間になにをしていますか?空き時間なんてないですって?読みた…

  4. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe

    野副 鉄男(のぞえ てつお、1902年5月16日 - 1996年4月4日)は、日本の化学者。台北帝国…

  5. ダン・シェヒトマン博士の講演を聞いてきました。

     はじめましてフェロセンと申します。5月初旬に思い切ってケムステスタッフとして活動すべく応募いたしま…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「赤チン」~ある水銀化合物の歴史~
  2. 福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis
  3. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  4. 実験室の笑える?笑えない!事故実例集
  5. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  6. 糖鎖クラスター修飾で分子の生体内挙動を制御する
  7. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

PAGE TOP