[スポンサーリンク]

キャンペーン

【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!

[スポンサーリンク]

tennennbutukan.png

ついに2年以上の月日をかけて合成化学研究に必須の新指南書となるべき

「天然物合成で活躍した反応」?実験のコツとポイント

が発売になります!筆者も叩き上げから執筆、査読にお手伝いさせていただきました。

さて、本書の発売日は2011年9月30日で未だ発売されていないものですが、9月27日?9月29日大阪で開催される第53回天然有機化合物討論会において先行販売されることが決定致しました。特別価格での販売、さらに今回も出版社の化学同人に無理をいいましてケムステ読者様への特典もつけていただきました!

  • 天然物合成で活躍した反応ー実験のコツとポイントーの内容

有機合成化学協会編、B5・240ページ

定価:3800円(税抜き)

編集委員:菅敏幸、林雄二郎

選定委員:菅敏幸、林雄二郎、福山透、長澤和夫

査読委員:吉村文彦、山下修治、岡野健太郎、早川一郎、横島聡、庄司満、山口潤一郎、高橋圭介

本書は天然物合成で活躍した100の反応を取り上げ、1反応につき見開き2ページをさき、90以上の日本の合成化学者が各反応の実験項、試薬の調整法、合成への展開、反応の要点などを書き上げました。最も注目していただきたいのはかゆいところに手が届く「実験のコツやポイント」が本性には丁寧に記載されていることです。有機化合物の合成化学研究は研究室に所属し実験を真面目に行えばすぐにできるようにはなりますが、反応を自在に使いこなすといった点においては長い年月が必要です。そのような経験から得られた知識を惜しげもなく公開しています。主に掲載されている天然物合成については以前の有機合成化学協会の出版物である「天然物の全合成2000~2008」に掲載された化合物を選定しており、その合成に興味があれば簡単にアクセス可能です。さらに、それぞれのページには著者が記載されているので、本書を読んでもできなければ執筆者に直接コンタクトをとってもよいでしょう。

  • どんな人におすすめ?

対象は合成研究を始めた学生から現場の若手研究者まで、分野は天然物合成に限らず、有機化合物を化学合成している学生、研究者となります。同じフォーマットで様々な有用反応を取り上げられているのではじめから熟読するのもよし、必要に迫られて索引で検索して(詳細な索引が付いている)コツや要点をつかんで理解してから実験やるのもよし、まさに合成化学の指南書、バイブルとして役に立つのではないでしょうか。研究室に1冊、個人的にも1冊もってくと重宝すると思います。

 

tsukaikata_tennennbutsu.png

  • 天然有機化合物討論会での先行販売

前述しましたが、今年の天然有機化合物討論会会場にて先行販売されます。通常の定価は3,800円に消費税を加えると3,990円となりますが、会場で特別価格3,200円で入手可能です。発売は27日、28日の2日間のみなのでおはやめに!

  • ケムステ特典!

chemste_tennnenbutsu.png

 

できるかぎりお金のない学生にも手に渡るように最低価格を設定してありますので値引きは不可能でした。しかし、会場で書籍を購入の際にいつもどおり「ケムステを見た」といえば

 

1.元素生活クリアファイル、元素生活ポスター

2.一家に1枚周期表(A2判,第6版,根岸先生と鈴木先生が入っています!)

3.化学同人特製うちわ(先着40名様のみ)

 

がもらえます。対象者はこの天然物に活躍した反応ー実験のコツとポイントーのみだけでなく当日会場で販売している化学同人出版の書籍すべてです。ただし、うちわは先着40名様、他のものに関しても数に限りがありますのでなくなってしまった場合はご容赦ください。この元素生活ファイル、たまに化学同人から原稿等億られてくる際に入っているのですが、かわいいので学生に大人気!発売はされているらしいですが、限定的なのでぜひ手に入れて下さい。一家に一枚周期表も今年のノーベル賞を受賞した根岸英一先生と鈴木章先生が新しく入った第6版です。ネットでもダウンロードできますが、A2ポスターサイズの綺麗な周期表を手にいれてくださいね。必ず「ケムステで見た」ということを忘れずに!「Chem-Stationでみた」「ケムステでみたんですけど」「ケムステ特典お願いします」なんでもよいです。化学同人編集部の皆様ご協力ありがとうございます!

というわけで書籍のレビューと特別キャンペーンを紹介しました。良い書籍であると思いますので、ぜひ購入してみてくださいね。

ちなみに、大々的に宣伝させていただいていますが、今回の書籍、執筆者、編集委員を含めて、筆者にも誰にもこの書籍が何冊売れようと印税は入りません(献本は一冊頂けますが。)。すべては日本の有機合成化学の技術向上のための企画です。ですので、安心?してご購入くださいねw。

 

  • 関連リンク

有機合成化学協会:ぜひご入会を!

化学同人:本書及び化学系書籍の出版社。いつもお世話になっております。

静岡県立大学薬学部菅研究室;編集委員の一人である菅敏幸先生の主催する研究室。天然物合成道場や実験のコツなどを紹介してあり、本当にこの人合成化学が好きなんだなあと思わせるサイトになっています。

  • 関連書籍

 

天然物の全合成―2000‐2008(日本) 天然物の全合成―2000‐2008(日本)
有機合成化学協会化学同人
売り上げランキング : 483897

Amazonで詳しく見る

 

演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
有機合成化学協会化学同人
売り上げランキング : 217147

Amazonで詳しく見る

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. Kindle Paperwhiteで自炊教科書を読んでみた
  2. 化学系ラボの3Dプリンター導入ガイド
  3. 学部生にオススメ:「CSJ カレントレビュー」で最新研究をチェッ…
  4. タンパク質立体構造をPDBjViewerで表示しよう
  5. 【書籍】『これから論文を書く若者のために』
  6. 【書籍】クロスカップリング反応 基礎と産業応用
  7. TED.comで世界最高の英語プレゼンを学ぶ
  8. Wolfram|Alphaでお手軽物性チェック!「Reagent…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. コンビナトリアル化学 Combinatorial Chemistry
  2. 芳香族求核置換反応で18Fを導入する
  3. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫: XP-PEN Deco01の巻
  4. 保護により不斉を創る
  5. 反応の選択性を制御する新手法
  6. メルク、主力薬販売停止で15%減益
  7. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation
  8. ブートキャンプ
  9. 【Spiber】新卒・中途採用情報
  10. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2011年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方とは?

見逃し配信のお申込みはこちら■概要2021年10月13日に開催されたウェブセミナー「マテ…

第3の生命鎖、糖鎖の意味を解明する!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー③】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

結合をアリーヴェデルチ! Agarozizanol Bの全合成

セスキテルペンAgarozizanol Bの全合成が初めて達成された。光照射下で進行するカスケード反…

有機合成化学協会誌2022年1月号:無保護ケチミン・高周期典型金属・フラビン触媒・機能性ペプチド・人工核酸・脂質様材料

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年1月号がオンライン公開されました。本…

第167回―「バイオ原料の活用を目指した重合法の開発」John Spevacek博士

第167回の海外化学者インタビューは、ジョン・スペヴァセック博士です。Aspen Research社…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP