[スポンサーリンク]

キャンペーン

【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!

[スポンサーリンク]

tennennbutukan.png

ついに2年以上の月日をかけて合成化学研究に必須の新指南書となるべき

「天然物合成で活躍した反応」?実験のコツとポイント

が発売になります!筆者も叩き上げから執筆、査読にお手伝いさせていただきました。

さて、本書の発売日は2011年9月30日で未だ発売されていないものですが、9月27日?9月29日大阪で開催される第53回天然有機化合物討論会において先行販売されることが決定致しました。特別価格での販売、さらに今回も出版社の化学同人に無理をいいましてケムステ読者様への特典もつけていただきました!

  • 天然物合成で活躍した反応ー実験のコツとポイントーの内容

有機合成化学協会編、B5・240ページ

定価:3800円(税抜き)

編集委員:菅敏幸、林雄二郎

選定委員:菅敏幸、林雄二郎、福山透、長澤和夫

査読委員:吉村文彦、山下修治、岡野健太郎、早川一郎、横島聡、庄司満、山口潤一郎、高橋圭介

本書は天然物合成で活躍した100の反応を取り上げ、1反応につき見開き2ページをさき、90以上の日本の合成化学者が各反応の実験項、試薬の調整法、合成への展開、反応の要点などを書き上げました。最も注目していただきたいのはかゆいところに手が届く「実験のコツやポイント」が本性には丁寧に記載されていることです。有機化合物の合成化学研究は研究室に所属し実験を真面目に行えばすぐにできるようにはなりますが、反応を自在に使いこなすといった点においては長い年月が必要です。そのような経験から得られた知識を惜しげもなく公開しています。主に掲載されている天然物合成については以前の有機合成化学協会の出版物である「天然物の全合成2000~2008」に掲載された化合物を選定しており、その合成に興味があれば簡単にアクセス可能です。さらに、それぞれのページには著者が記載されているので、本書を読んでもできなければ執筆者に直接コンタクトをとってもよいでしょう。

  • どんな人におすすめ?

対象は合成研究を始めた学生から現場の若手研究者まで、分野は天然物合成に限らず、有機化合物を化学合成している学生、研究者となります。同じフォーマットで様々な有用反応を取り上げられているのではじめから熟読するのもよし、必要に迫られて索引で検索して(詳細な索引が付いている)コツや要点をつかんで理解してから実験やるのもよし、まさに合成化学の指南書、バイブルとして役に立つのではないでしょうか。研究室に1冊、個人的にも1冊もってくと重宝すると思います。

 

tsukaikata_tennennbutsu.png

  • 天然有機化合物討論会での先行販売

前述しましたが、今年の天然有機化合物討論会会場にて先行販売されます。通常の定価は3,800円に消費税を加えると3,990円となりますが、会場で特別価格3,200円で入手可能です。発売は27日、28日の2日間のみなのでおはやめに!

  • ケムステ特典!

chemste_tennnenbutsu.png

 

できるかぎりお金のない学生にも手に渡るように最低価格を設定してありますので値引きは不可能でした。しかし、会場で書籍を購入の際にいつもどおり「ケムステを見た」といえば

 

1.元素生活クリアファイル、元素生活ポスター

2.一家に1枚周期表(A2判,第6版,根岸先生と鈴木先生が入っています!)

3.化学同人特製うちわ(先着40名様のみ)

 

がもらえます。対象者はこの天然物に活躍した反応ー実験のコツとポイントーのみだけでなく当日会場で販売している化学同人出版の書籍すべてです。ただし、うちわは先着40名様、他のものに関しても数に限りがありますのでなくなってしまった場合はご容赦ください。この元素生活ファイル、たまに化学同人から原稿等億られてくる際に入っているのですが、かわいいので学生に大人気!発売はされているらしいですが、限定的なのでぜひ手に入れて下さい。一家に一枚周期表も今年のノーベル賞を受賞した根岸英一先生と鈴木章先生が新しく入った第6版です。ネットでもダウンロードできますが、A2ポスターサイズの綺麗な周期表を手にいれてくださいね。必ず「ケムステで見た」ということを忘れずに!「Chem-Stationでみた」「ケムステでみたんですけど」「ケムステ特典お願いします」なんでもよいです。化学同人編集部の皆様ご協力ありがとうございます!

というわけで書籍のレビューと特別キャンペーンを紹介しました。良い書籍であると思いますので、ぜひ購入してみてくださいね。

ちなみに、大々的に宣伝させていただいていますが、今回の書籍、執筆者、編集委員を含めて、筆者にも誰にもこの書籍が何冊売れようと印税は入りません(献本は一冊頂けますが。)。すべては日本の有機合成化学の技術向上のための企画です。ですので、安心?してご購入くださいねw。

 

  • 関連リンク

有機合成化学協会:ぜひご入会を!

化学同人:本書及び化学系書籍の出版社。いつもお世話になっております。

静岡県立大学薬学部菅研究室;編集委員の一人である菅敏幸先生の主催する研究室。天然物合成道場や実験のコツなどを紹介してあり、本当にこの人合成化学が好きなんだなあと思わせるサイトになっています。

  • 関連書籍

 

天然物の全合成―2000‐2008(日本) 天然物の全合成―2000‐2008(日本)
有機合成化学協会化学同人
売り上げランキング : 483897

Amazonで詳しく見る

 

演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
有機合成化学協会化学同人
売り上げランキング : 217147

Amazonで詳しく見る

 

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選
  2. 【無料】化学英語辞書がバージョンアップ!
  3. 普通じゃ満足できない元素マニアのあなたに:元素手帳2016
  4. 【速報】Mac OS X Lionにアップグレードしてみた
  5. 化学反応のクックパッド!? MethodsNow
  6. ChemDrawの使い方【作図編⑤ : 反応機構 (後編)】
  7. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part2】
  8. ACD/ChemSketch Freeware 12.0

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発
  2. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位
  3. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  4. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春
  5. 第113回―「量子コンピューティング・人工知能・実験自動化で材料開発を革新する」Alán Aspuru-Guzik教授
  6. 香月 勗 Tsutomu Katsuki
  7. 第115回―「分子機械と天然物の化学合成」Ross Kelly教授
  8. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ② 「ポスト・イット アドバンス」
  9. 第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授
  10. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2011年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

第28回Vシンポ「電子顕微鏡で分子を見る!」を開催します!

こんにちは、今回第28回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP