[スポンサーリンク]

Vプレミアレクチャー

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

[スポンサーリンク]

 

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念です。

悔しいので、オンライン講演で集中して学びを深めましょう。今年はじめてのケムステVプレミアレクチャーお届けします!

第六回のケムステVプレミアレクチャーは、名古屋大学の大井貴史先生にお願いいたしました。

今回は、先日の協賛のお知らせのとおり、湘南アイパークに協賛していただき、そのサポートのもと、「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出というタイトルでたっぷりとご講演いただきます。

放映概要

第六回ケムステVプレミアレクチャー
「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

講師:大井貴史先生(名古屋大学・教授)

対象:誰でも(講演内容は最先端研究も含みます)
日時:2022年1月31日(月)18:00〜21:30 (約3時間半)
会場:オンライン(YouTubeのプレミア配信、当日以降はしばらく公開)
主催:Chem-Station
協賛:湘南アイパーク
言語:日本語
参加費:無料
参加登録:煩雑な登録はなく、YouTubeでケムステチャンネルをチャンネル登録するだけでOK!

レクチャー概要

2021年のノーベル化学賞は「不斉有機触媒の開発」。2000年にそれぞれ独立して報告された、ListMacMillanのエナミン・イミニウム塩型アミン触媒の開発が受賞対象となっています。ただ、有機分子で不斉反応を行うと言う意味では、かなり古くから知られており、2000年前後には多くの現在でも利用されている不斉有機触媒が報告されました。その1つである不斉相間移動触媒、特に独自性の高いこれらの触媒は1999年日本で生まれました。それが、現在丸岡触媒と呼ばれるものです。この開発の立役者が今回の講演者である大井貴史先生です。

大井先生はその後、独立し様々な独自性の高い有機イオン対を設計し、それを用いて不斉反応に挑戦します。これまでの触媒では不可能であった不斉触媒反応を巧みな分子設計によって開発してきました。

今回のVプレレクでは、各論にならないように大井先生が工夫され、現在の研究に至るまでの経緯や、裏話も含めた触媒設計など2部に渡って語っていただきました。収録会の参加者のなかには、「今まで聞いた講演の中で一番面白かった」「時間忘れるぐらい聞き入ってしまった」という声も聞こえるぐらい、充実したものとなり、なんと全部で3時間半もあります。公開時にみなくてもしばらく閲覧できますが、。当日は、放映時に本人に待機していただき、チャットに投稿された質問に直接答えてもらいます。これは、ケムステVプレレクならではのユニークな試みとなっております。ぜひとも当日にご視聴いただければと思います。

形式等、留意事項:

・いわゆるオンライン講義を、YouTubeのプレミア配信機能で配信します。
・収録放送という特性上、Vシンポのような形での先生方への質疑応答はできませんが、配信時間内ならYoutubeのチャットに質問を書き込むことができます。YouTubeのチャットに書き込んでいただいた質問は直接その場で講師の先生にご回答いただきます。スポーツバー形式でワイワイ書きこみながら見る方が楽しいと思うので、是非Vシンポと同様にチャットを活用いただければと思います。
・プレミア公開後、しばらくは公開します。是非ケムステーション YouTubeチャンネルをチャンネル登録の上、ご覧ください。チャンネル登録すると、リマインダー機能が使えるようになり、配信を見逃しません。

リマインダーを設定

 

YouTubeケムステチャンネルはこちら

協賛企業(富士フイルム和光純薬株式会社)からのお知らせ

湘南ヘルスイノベーションパーク (湘南アイパーク) は、2018 年 4 月に武田薬品工業の研究所を開放して設立された、製薬企業発のサイエンスパークです。

現在、約120の企業や大学が入居またはメンバーシップ登録し、オープンイノベーション拠点として活用されています。

 

このたび、そうした入居企業・メンバーシップ企業との共同研究・事業連携の機会を提供することを目的として、臨床試験・実証実験につながる革新的なシーズ・技術をお持ちのアカデミア・ベンチャーを対象とした新メンバーシップ「ライトプラン」を期間限定で新設しました。

これまで50万円(税別)※1で提供していたメンバーシッププログラムのメニューをマッチングに特化させ、期間限定のライトプランとして20万円(税別)/年でのご利用が可能となります。※2

化学・生物研究者を中心とした日本最大級のオープンイノベーション拠点で研究・事業化の可能性を広げたい方、ぜひご応募ください!

ベンチャー・アカデミアウェルカムキャンペーン特設サイト

 

※1 アカデミア・ベンチャー価格

※2 利用できるサービスは通常のメンバーシップ会員とは異なります

湘南ヘルスイノベーションパーク公式ウェブサイト

LinkedIn / Facebook / YouTube / Twitter

お問合せ

 

プレミア公開動画(1月31日18:00より配信がはじまります)

YouTubeチャンネルについて

ケムステーション YouTubeチャンネルでは、今後もシンポジウム動画などを適宜公開していく予定です。よろしければチャンネル登録をどうぞお願いいたします!

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. こんなサービスが欲しかった! 「Chemistry Refere…
  2. 葉緑素だけが集積したナノシート
  3. カーボン系固体酸触媒
  4. キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそ…
  5. メタンガスと空気からメタノールを合成する
  6. 【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転…
  7. 荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開…
  8. イミノアルキンと共役ジエンの形式的[4+1]アニュレーションによ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ReaxysPrize2015ファイナリスト発表!
  2. 完熟バナナはブラックライトで青く光る
  3. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann
  4. 架橋シラ-N-ヘテロ環合成の新手法
  5. ~祭りの後に~ アゴラ企画:有機合成化学カードゲーム【遊機王】
  6. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造
  7. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)
  8. 『元素周期 ~萌えて覚える化学の基本~』がドラマCD化!!!
  9. 【環境・化学分野/ウェビナー】マイクロ波による次世代製造 (プラ分解、フロー合成、フィルム、乾燥、焼成)
  10. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年11月11日に開催された共催セミナーで弊…

第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

第58回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:準備・お手軽プリント編

オリジナルの実験器具を3Dプリンターで作る企画を始めました。第一弾として3Dプリンターの導入と試しに…

第16回日本化学連合シンポジウム「withコロナ時代における化学への期待」

およそ3年間に渡る新型コロナウイルス感染症の蔓延により、経済、文化、研究、社会活動のすべてが大きなダ…

アカデミアケミストがパパ育休を取得しました!

こんにちは、こんばんは、おはようございます、Macyこと九大院薬 助教の寄立麻琴です。タイトルに…

巧みに骨格構築!Daphgracilineの全合成

ユズリハアルカロイドであるdaphgracilineの全合成が初めて達成された。Type II 分子…

【四国化成ホールディングス】新卒採用情報(2024卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

部分酸化状態を有する純有機中性分子結晶の開発に初めて成功

第464回のスポットライトリサーチは、熊本大学 大学院自然科学教育部 理学専攻 化学コース 上田研究…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける高次元ベイズ最適化の活用-パラメーター数が多い条件最適化テーマに対応したmiHub新機能もご紹介-

開催日:2023/2/1  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受…

化学コミュニケーション賞2022が発表

「化学コミュニケーション賞2022」は、(株)化学工業日報社、(一社)化学情報協会の共催、(国研)科…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP