[スポンサーリンク]

Vプレミアレクチャー

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

[スポンサーリンク]

 

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念です。

悔しいので、オンライン講演で集中して学びを深めましょう。今年はじめてのケムステVプレミアレクチャーお届けします!

第六回のケムステVプレミアレクチャーは、名古屋大学の大井貴史先生にお願いいたしました。

今回は、先日の協賛のお知らせのとおり、湘南アイパークに協賛していただき、そのサポートのもと、「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出というタイトルでたっぷりとご講演いただきます。

放映概要

第六回ケムステVプレミアレクチャー
「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

講師:大井貴史先生(名古屋大学・教授)

対象:誰でも(講演内容は最先端研究も含みます)
日時:2022年1月31日(月)18:00〜21:30 (約3時間半)
会場:オンライン(YouTubeのプレミア配信、当日以降はしばらく公開)
主催:Chem-Station
協賛:湘南アイパーク
言語:日本語
参加費:無料
参加登録:煩雑な登録はなく、YouTubeでケムステチャンネルをチャンネル登録するだけでOK!

レクチャー概要

2021年のノーベル化学賞は「不斉有機触媒の開発」。2000年にそれぞれ独立して報告された、ListMacMillanのエナミン・イミニウム塩型アミン触媒の開発が受賞対象となっています。ただ、有機分子で不斉反応を行うと言う意味では、かなり古くから知られており、2000年前後には多くの現在でも利用されている不斉有機触媒が報告されました。その1つである不斉相間移動触媒、特に独自性の高いこれらの触媒は1999年日本で生まれました。それが、現在丸岡触媒と呼ばれるものです。この開発の立役者が今回の講演者である大井貴史先生です。

大井先生はその後、独立し様々な独自性の高い有機イオン対を設計し、それを用いて不斉反応に挑戦します。これまでの触媒では不可能であった不斉触媒反応を巧みな分子設計によって開発してきました。

今回のVプレレクでは、各論にならないように大井先生が工夫され、現在の研究に至るまでの経緯や、裏話も含めた触媒設計など2部に渡って語っていただきました。収録会の参加者のなかには、「今まで聞いた講演の中で一番面白かった」「時間忘れるぐらい聞き入ってしまった」という声も聞こえるぐらい、充実したものとなり、なんと全部で3時間半もあります。公開時にみなくてもしばらく閲覧できますが、。当日は、放映時に本人に待機していただき、チャットに投稿された質問に直接答えてもらいます。これは、ケムステVプレレクならではのユニークな試みとなっております。ぜひとも当日にご視聴いただければと思います。

形式等、留意事項:

・いわゆるオンライン講義を、YouTubeのプレミア配信機能で配信します。
・収録放送という特性上、Vシンポのような形での先生方への質疑応答はできませんが、配信時間内ならYoutubeのチャットに質問を書き込むことができます。YouTubeのチャットに書き込んでいただいた質問は直接その場で講師の先生にご回答いただきます。スポーツバー形式でワイワイ書きこみながら見る方が楽しいと思うので、是非Vシンポと同様にチャットを活用いただければと思います。
・プレミア公開後、しばらくは公開します。是非ケムステーション YouTubeチャンネルをチャンネル登録の上、ご覧ください。チャンネル登録すると、リマインダー機能が使えるようになり、配信を見逃しません。

リマインダーを設定

 

YouTubeケムステチャンネルはこちら

協賛企業(富士フイルム和光純薬株式会社)からのお知らせ

湘南ヘルスイノベーションパーク (湘南アイパーク) は、2018 年 4 月に武田薬品工業の研究所を開放して設立された、製薬企業発のサイエンスパークです。

現在、約120の企業や大学が入居またはメンバーシップ登録し、オープンイノベーション拠点として活用されています。

 

このたび、そうした入居企業・メンバーシップ企業との共同研究・事業連携の機会を提供することを目的として、臨床試験・実証実験につながる革新的なシーズ・技術をお持ちのアカデミア・ベンチャーを対象とした新メンバーシップ「ライトプラン」を期間限定で新設しました。

これまで50万円(税別)※1で提供していたメンバーシッププログラムのメニューをマッチングに特化させ、期間限定のライトプランとして20万円(税別)/年でのご利用が可能となります。※2

化学・生物研究者を中心とした日本最大級のオープンイノベーション拠点で研究・事業化の可能性を広げたい方、ぜひご応募ください!

ベンチャー・アカデミアウェルカムキャンペーン特設サイト

 

※1 アカデミア・ベンチャー価格

※2 利用できるサービスは通常のメンバーシップ会員とは異なります

湘南ヘルスイノベーションパーク公式ウェブサイト

LinkedIn / Facebook / YouTube / Twitter

お問合せ

 

プレミア公開動画(1月31日18:00より配信がはじまります)

YouTubeチャンネルについて

ケムステーション YouTubeチャンネルでは、今後もシンポジウム動画などを適宜公開していく予定です。よろしければチャンネル登録をどうぞお願いいたします!

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 金属を使わない触媒的水素化
  2. 化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができる…
  3. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Pa…
  4. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化
  5. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する
  6. 【経験者に聞く】マテリアルズ・インフォマティクスの事業開発キャリ…
  7. ライトケミカル工業2024卒採用情報
  8. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möller研より
  2. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その1~
  3. 2016年4月の注目化学書籍
  4. トンネル構造をもつマンガン酸化物超微粒子触媒を合成
  5. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」
  6. 第15回日本化学連合シンポジウム「持続可能な社会構築のための見分ける化学、分ける化学」
  7. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑制成分の開発に成功
  8. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド:Bis(tri-o-tolylphosphine)palladium(II) Dichloride
  9. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  10. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

bassler ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

ボニー・L.・バスラー (Bonnie Lynn Bassler , 1962年XX月XX日-)は、…

電子を閉じ込める箱: 全フッ素化キュバンの合成

第 423 回のスポットライトリサーチは、東京大学 工学系研究科 化学生命工学専…

プラズモンTLC:光の力でナノ粒子を自在に選別できる新原理クロマトグラフィー

第422回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院工学研究科 鳥本研究室の秋吉 一孝 (あきよ…

マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解

開催日:2022/10/04 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クオラムセンシング Quorum Sensing

クオラムセンシング (Quorum Sensing)とは、細菌が自己誘導因子 (autoinduce…

乙卯研究所 研究員募集 第二弾 2022年度

~乙卯研究所とは~乙卯研究所は、1915年の設立以来、広く薬学の研究を行うことを…

ピレスロイド系殺虫剤のはなし~追加トピック~

Tshozoです。先日TL上でちょっと気になる話を見ましたでございますのよhttps://t…

ライトケミカル工業2024卒採用情報

当社の技術部は、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化学の生…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカルは、化学メーカーが開発した化学製品の生産をお手伝いする会社です。受託生産からスケールア…

E.・ピーター・グリーンバーグ E. Peter Greenberg

E・ピーター・グリーンバーグ(Everett Peter Greenberg, 1948年11月7日…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP