[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第17回 音楽好き化学学生が選んだ道… Joshua Finkelstein氏

[スポンサーリンク]

第17回目は、前々回のAndrew Mitchinson氏に続いて二度目のNature誌編集者の登場、ジョシュア・フィンケルシュタイン氏です。フィンケルシュタイン氏は(原文のインタビューが載っている)Nature Chemistry blog「the sceptical chymiste」のレギュラー執筆陣の一人でもあります。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

私の化学への興味は少々「遅咲き」でした。小さいころに化学の実験セットを持っていたわけでもなく、家のガレージで反応を試してみたこともありませんでした。高校の化学のクラスも特に楽しみではありませんでした(複雑な反応を上手く回せた時のあのフィーリングは好きでしたけれども)。ところが、APクラス(※)で素晴らしい化学の先生に出会ったのです。そして何の疑いもなく大学へ進学しました。大学へ入学してから、有機化学と生化学に興味を持つようになりました。化学者が生理活性のある分子をデザインし合成できること、それらの分子が複雑な細胞内でのプロセスに影響を与え時に創薬へと繋がることが、当時の私にはとても格好良いものに思えました。 (※Advanced Placement:=アメリカ合衆国の高校で実施されている特別クラス。大学の学部レベルの授業を受講でき、試験のスコア次第ではそのまま単位認定もされる。wikipediaの説明文(英文))

09edlife-c0ver-articleLarge

 

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

Andy(先述のAndrew Mitchinson氏)のように、私もおそらくミュージシャンですね。ドラム、ジャズピアノ、パーカッション、あと歌も歌います。(最近ギターも練習していますが、私の指の長さや形はギターには向かないようで…もっと練習しなくちゃだめかな?)大学院生のころはいくつかのバンドで演奏をしていまして(実験がうまく行かなくて精神的に参っている時など、バンドで演奏することで上手く気持ちを前向きにできました)今では近しい友達と汚く散らかった地下室で演奏するあの感覚がとても懐かしく思います。

 

Q.概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

シンプルに答えるなら、まだ他の化学者が成し遂げていない科学的に重要なテーマを追求すること…言うは易く行うは難し、ですけどね。問題は、「なんで自分は今この実験あるいはテーマをやっているんだろう?」と考えることじゃないでしょうか。その答えが分かっている人は、概ね世界に貢献できているように思います。満足の行く答えが見つからない人は、ひょっとして研究テーマの変え時かもしれません。

 

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

サイエンティストを選ばなければならないのであれば、ライナス・ポーリングロバート・ウッドワード。ここ十年かそこいらで成し遂げられた科学的成果について、彼らがそれらを聞いたら思うのかを訪ねてみたいですね。どんなジャンルの人でも良いのなら、オスカー・ワイルドジョン・コルトレーンです。ワイルドは直に話したらきっととんでもなく面白い人だったと思うんです。コルトレーンとは50、60年代のジャズシーンの話を聞いてみたい。

 

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

数年前のこと…ハッキリと何だったかは覚えていませんが、DNAグリコシラーゼが関係あったような…。

 

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

どうせ持っていくのなら、今まで読んだ、あるいは知っているものの中で気に入った物を持って行きたいですね。トルストイの「アンナ・カレーニナ」か、(ウンベルト)エコの「フーコーの振り子」。音楽に至っては、シングルCD一枚でやっていけるとは到底思えないので、自分でミックスしたCDでもいいですか?だとしたら、ベートベンの第七交響曲の第二楽章、コルトレーンの「Giant Steps」、ディジー・ガレスピーに「A Night in Tunisia」、ベックの「Tropicalia」、レディオヘッドの(アルバム)Amnesiacから「Life In A Glass House」か(同じくアルバム)Kid Aから「Morning Bell」、スティーヴィー・ワンダーの「Superstition」、他にも何曲か…(iPodは素晴らしい!)

 

原文:Reactions – Joshua Finkelstein

※このインタビューは2007年6月15日に公開されたものです。

せきとも

せきとも

投稿者の記事一覧

他人のお金で海外旅行もとい留学を重ね、現在カナダの某五大湖畔で院生。かつては専ら有機化学がテーマであったが、現在は有機無機ハイブリッドのシリカ材料を扱いつつ、高分子化学に

関連記事

  1. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭化成藤原社長
  2. 第53回―「革命的な有機触媒を開発する」Ben List教授
  3. 第123回―「遺伝暗号を拡張して新しいタンパク質を作る」Nick…
  4. 第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開…
  5. 第73回―「Nature Chemistryの編集者として」Ga…
  6. 第76回―「化学を広める雑誌編集者として」Neil Wither…
  7. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hard…
  8. 第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa M…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学五輪、日本代表4人の高校生が「銅」獲得
  2. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reaction
  3. 春の褒章2011-化学
  4. ナノチューブを簡単にそろえるの巻
  5. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応
  6. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化
  7. マタタビの有効成分のはなし
  8. natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催
  9. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発
  10. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifield

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP