[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

konchan

大学卒業後、特許業界、医薬業界を経験して、現職に。現職では、環境調和型として注目される次世代の化学プロセス関連の分野に携わっております。特に、最先端の化学プロセスについて

  1. 冬のナノテク関連展示会&国際学会情報

    2月~4月にかけては各業界での学会や、展示会が目白押しである。ここで取り上げたいのはナノテク関連の展示会&学会についてである。 (さらに…)…

  2. 特許庁「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始

    早期審査・早期審理により、大学、企業におけるグリーン技術に関する技術開発の促進狙…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【味の素ファインテクノ】新卒採用情報(2022卒)
  2. 保護により不斉を創る
  3. ホウ素ーホウ素三重結合を評価する
  4. 超分子ポリマーを精密につくる
  5. ヨアヒム・フランク Joachim Frank
  6. オマー・ヤギー Omar M. Yaghi
  7. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株) 石油化学/プラスチック業界向けウェビナー】 マイクロ波による新事業 石油化学・プラスチック業界のための脱炭素・電化ソリューション

<内容>本イベントでは、石油化学/プラスチック業界における脱炭素・電化の新たなソ…

素材・化学で「どう作るか」を高度化する共同研究拠点、産総研が3カ所で整備

産業技術総合研究所、材料・化学領域は、マテリアル・プロセスイノベーションプラットフォームの整備をスタ…

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

PAGE TOP