[スポンサーリンク]

ケムステニュース

旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に

[スポンサーリンク]

 旭化成は31日、2006年3月期の連結営業利益が前期比15%増の1250億円になりそうだと発表した。従来予想を100億円上回る。石油化学部門が高機能品の販売数量増に加え、汎用品も原料安と過去の値上げ浸透で利幅が拡大した。医薬品部門もライセンス収入や販売契約金の戻し入れなどで利益が予想を上回る(引用:日本経済新聞)。


webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い
  2. 化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城
  3. 東芝やキヤノンが優位、微細加工技術の「ナノインプリント」
  4. 住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解
  5. BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!
  6. トンボ手本にUV対策 産総研など 分泌物の主成分を解明
  7. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  8. ポリフェノールに食品アレルギー予防効果

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヘメツバーガー インドール合成 Hemetsberger Indole Synthesis
  2. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  3. 高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2
  4. 【太陽ホールディングス】新卒採用情報(2021卒)
  5. ユーコミン酸 (eucomic acid)
  6. 前田 浩 Hiroshi Maeda
  7. 非平衡な外部刺激応答材料を「自律化」する
  8. 熱活性化遅延蛍光 Thermally Activated Delayed Fluorescence (TADF)
  9. NMRのプローブと測定(Bruker編)
  10. シリンドロシクロファン生合成経路の解明

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP