[スポンサーリンク]

ケムステニュース

旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に

[スポンサーリンク]

 旭化成は31日、2006年3月期の連結営業利益が前期比15%増の1250億円になりそうだと発表した。従来予想を100億円上回る。石油化学部門が高機能品の販売数量増に加え、汎用品も原料安と過去の値上げ浸透で利幅が拡大した。医薬品部門もライセンス収入や販売契約金の戻し入れなどで利益が予想を上回る(引用:日本経済新聞)。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学者のランキング指標「h-index」 廃止へ
  2. 100円で買えるカーボンナノチューブ
  3. 原子力機構大洗研 150時間連続で水素製造 高温ガス炉 実用化へ…
  4. 2009年10大化学ニュース【Part2】
  5. 盗難かと思ったら紛失 千葉の病院で毒薬ずさん管理
  6. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  7. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功
  8. ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ミニスキ反応 Minisci Reaction
  2. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazole Synthesis
  3. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)
  4. DNAが絡まないためのループ
  5. 【速報】2018年ノーベル化学賞は「進化分子工学研究への貢献」に!
  6. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【終了】
  7. ショウガに含まれる辛味成分
  8. アルミニウムで水素分子を活性化する
  9. 2010年日本化学会各賞発表-学術賞-
  10. ボールペンなどのグリップのはなし

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP