[スポンサーリンク]

ケムステニュース

旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に

 旭化成は31日、2006年3月期の連結営業利益が前期比15%増の1250億円になりそうだと発表した。従来予想を100億円上回る。石油化学部門が高機能品の販売数量増に加え、汎用品も原料安と過去の値上げ浸透で利幅が拡大した。医薬品部門もライセンス収入や販売契約金の戻し入れなどで利益が予想を上回る(引用:日本経済新聞)。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 富士フイルムのインフルエンザ治療薬、エボラ治療に
  2. 環境、人体に優しい高分子合成を開発 静大と製薬会社が開発
  3. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益…
  4. マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判…
  5. 防カビ効果、長持ちします 住友化学が新プラスチック
  6. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  7. 凸版印刷、有機ELパネル開発
  8. 光触媒で抗菌・消臭 医療用制服、商品化へ 豊田通商 万博採用を機…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Google翻訳の精度が飛躍的に向上!~その活用法を考える~
  2. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発
  3. Reaxys体験レポート反応検索編
  4. インフルエンザ治療薬「CS‐8958」、09年度中にも国内申請へ
  5. Nature Chemistry誌のインパクトファクターが公開!
  6. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥(解答編)
  8. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination
  9. Reaction and Synthesis: In the Organic Chemistry Laboratory
  10. デスソース

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP