[スポンサーリンク]

ケムステニュース

旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に

[スポンサーリンク]

 旭化成は31日、2006年3月期の連結営業利益が前期比15%増の1250億円になりそうだと発表した。従来予想を100億円上回る。石油化学部門が高機能品の販売数量増に加え、汎用品も原料安と過去の値上げ浸透で利幅が拡大した。医薬品部門もライセンス収入や販売契約金の戻し入れなどで利益が予想を上回る(引用:日本経済新聞)。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. コーラから発がん物質?
  2. カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される
  3. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
  4. 天然の日焼け止め?
  5. アムロジンのデータ資料返還でファイザーが住友化学に仮処分命令申立…
  6. 武田薬品、高血圧治療剤が米で心不全の効能追加
  7. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録
  8. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ワイリー・サイエンスカフェ開設記念クイズ・キャンペーン
  2. マイルの寄付:東北地方太平洋沖地震
  3. 第16回次世代を担う有機化学シンポジウム
  4. 研究室の大掃除マニュアル
  5. サイアメントの作ったドラマ「彼岸島」オープニングがすごい!
  6. 色の変わる分子〜クロミック分子〜
  7. 中学入試における化学を調べてみた
  8. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  9. 2009年6月人気化学書籍ランキング
  10. HOW TO 分子シミュレーション―分子動力学法、モンテカルロ法、ブラウン動力学法、散逸粒子動力学法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP