[スポンサーリンク]

ケムステニュース

旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に

[スポンサーリンク]

 旭化成は31日、2006年3月期の連結営業利益が前期比15%増の1250億円になりそうだと発表した。従来予想を100億円上回る。石油化学部門が高機能品の販売数量増に加え、汎用品も原料安と過去の値上げ浸透で利幅が拡大した。医薬品部門もライセンス収入や販売契約金の戻し入れなどで利益が予想を上回る(引用:日本経済新聞)。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  2. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始
  3. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1…
  4. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  5. 大型期待の認知症薬「承認申請数年遅れる」 第一製薬
  6. 国際化学オリンピック開幕間近:今年は日本で開催!
  7. 酸素ボンベ爆発、男性死亡 
  8. 画期的な糖尿病治療剤を開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Handbook of Reagents for Organic Synthesis: Reagents for Heteroarene Functionalization
  2. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より
  3. タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル
  4. 付設展示会に行こう!ー和光純薬編ー
  5. 産業紙閲覧のすゝめ
  6. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupling
  7. Nazarov環化を利用した全合成研究
  8. エーザイ 抗がん剤「ハラヴェンR」日米欧で承認取得 
  9. 超臨界流体 Supercritical Fluid
  10. イグ・ノーベル賞の世界展に行ってきました

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP