[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー有機合成

  1. Dead Ends And Detours: Direct Ways To Successful Total Synthesis

    内容有機化学の貴重な情報を提供する文献は数多くあるが、そうした文献はほぼ例外なく、成功した反応をもとに書かれている。だが残念ながら、化学の道はそれほど簡単ではない。それどころか、試行錯誤は今でももっとも広く使わ…

  2. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis

    内容有機合成における保護基についての、包括的なガイドブック。25年…

  3. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン

    内容有機合成化学協会の創立60周年記念出版。126のグループの代表…

  4. 人名反応に学ぶ有機合成戦略

    対象有機合成を学ぶ大学院生以上。評価・解説本…

  5. Organic Synthesis Workbook

    内容エリック・M・カレイラの序文から:……『Organ…

  6. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで

  7. 大村 智 Satoshi Omura

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Happy Mole Day to You !!
  2. 2009年人気記事ランキング
  3. ストリゴラクトン : strigolactone
  4. リンドラー還元 Lindlar Reduction
  5. Google翻訳の精度が飛躍的に向上!~その活用法を考える~
  6. 科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”
  7. 資金洗浄のススメ~化学的な意味で~

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP