[スポンサーリンク]

archives

テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetrakis(triphenylacetato)dirhodium(II)

 

ロジウム触媒を用いたC-Hアミノ化反応

 

Lebelらは、ロジウム触媒を用いたN-トシルオキシカルバマートによるアミノ化反応について報告しています。それによれば、N-トシルオキシカルバマートはテトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II)と反応し、金属ニトレンを生成します。このニトレンがC-H挿入反応を行い、Troc保護アミンやオキサゾリジノン誘導体を高収率で与えます。この反応は温和な条件下で進行し、メマンチン塩酸塩やベンズヒドリルアミン類のような重要な生理活性化合物の合成にも応用できます。

K. Huard, H. Lebel, Chem. Eur. J., 2008, 14, 6222DOI: 10.1002/chem.200702027

関連記事

  1. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroace…
  2. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  3. Pubmed, ACS検索
  4. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  5. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  6. トリ-tert-ブチルホスホニウムテトラフルオロボラート:Tri…
  7. GlycoProfile アジド糖
  8. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 風力で作る燃料電池
  2. 硤合 憲三 Kenso Soai
  3. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidation
  4. トップリス ツリー Topliss Tree
  5. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【終了】
  6. サイエンス・コミュニケーションをマスターする
  7. 【速報】2017年のノーベル生理学・医学賞は「概日リズムを制御する分子メカニズムの発見」に!
  8. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑制成分の開発に成功
  9. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキソール:1-Trifluoromethyl-3,3-dimethyl-1,2-benziodoxole
  10. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel Garcia-Garibay

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

PAGE TOP