[スポンサーリンク]

元素

ホウ素 Boron -ホウ酸だんごから耐火ガラスまで

 周期表では炭素の隣にありますが、一般にはあまりなじみが無いホウ素。単体としてはあまり利用されていませんが、化合物になると多種多様な利用があるのです。

炭素の基本物性データ

分類 半金属、半導体
原子番号・原子量 5 (10.811)
電子配置 2s22p1
密度 2340kg/m3
融点 2092℃
沸点 3927℃
硬度 9.3
色・形状 黒色・固体
存在度 地球 10ppm、宇宙21.2
クラーク数 0.001%
発見者 ハンフリー・デービー、ジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサック、ルイ・ジャック・テナール(1808年)
主な同位体 10B(19.9%)、11B (80.1%)
用途例  耐火ガラス(パイレックス)、ガラス繊維、うがい薬、ホウ酸団子、水素化ホウ素化合物、カップリング剤
前後の元素 ベリリウムホウ素炭素

白く、炭素に似ている元素?

人類は古くから、ホウ砂(Na2[B4O5(OH)4]・8H2O)をガラスやエナメルの原料として利用していましたが、その中に未知の元素が含まれていることに気づきませんでした。

t0804034-x

ホウ砂

ホウ素は、1808年にゲイ=ルサックテナール、またデービーによってホウ砂から得られたホウ酸から同時に単離されました。ホウ素(boron)という名前はデービーによって、ホウ砂(borax:アラビア語の「白い」にちなむ)と炭素(carbon)に性質が似ているということから名付けらえました。ただ、単体のホウ素は黒色固体なので、いま考えればおかしな名前ですね。

s13

単体のホウ素(出典:periodictable.com)

もっとも、命名者のデービーよりもゲイ=リュサックとテナールの方が数日間早く発見しているので、本当の発見者はゲイ=リュサックとテナールになります。

 ルイ・ジャック・テナール

Louis_Jacques_Thénard

1777-1857年。フランスの化学車。1800年代はじめ、ゲイ=リュサックとともにホウ素の発見、単離を行った。その他顔料のコバルトブルー(アルミン酸コバルト、テナールブルーとも呼ばれる)の開発者としても知られている(1802年)。

 

ゴキブリ退治に!ホウ酸団子

ホウ酸ダンゴは、ゴキブリなど雑食昆虫・小動物の好物であるジャガイモ・タマネギ・小麦粉、砂糖、米ぬかなどに、毒餌としてホウ酸を混ぜてダンゴ状に成形したものです。現在では市販品も多く、ホウ酸の含有量もさまざまです。作用機序についてはよくわかっていませんが、ゴキブリがは脱水症状をおこして死んでしまうともいわれています。その死骸や糞をまた他のゴキブリが食べることにより、同じ作用を及ぼすという、2次的な効果もあります。

このホウ酸ダンゴを有名にしたのは、岐阜県池田町の町ぐるみでのゴキブリ撲滅大作戦でした。

住民がタマネギ主体のホウ酸ダンゴを作り、一斉に各家においたところ、町内からゴキブリを一匹残らず追い払うことができたそうです。いまではその経験を元に会社を設立し「ゴキブリキャップ」というホウ酸ダンゴを発売しています。

 

ホウ素を混ぜると耐火ガラスに

石英ガラスの軟化点を下降させ、膨張係数をなるべく小さく保つために酸化ホウ素を添加したのがケイホウ素ガラスで、その代表がパイレックスガラスです。ガラス細工が容易で、急加熱、急冷却にも耐えるので、理化学実験用として優秀なガラスです。

パイレックスガラス製品例

パイレックスガラス製品例

ダイヤモンドにつぐ硬度ー炭化ホウ素

単体のホウ素も黒色固体で非常に硬い物質ですが、炭素Cとの化合物である炭化ホウ素(B4C)は、さらに硬い物質です。鉱物の硬度の基準にモース硬度*がありますが、ダイヤモンドが最高位の15であるのに対し、炭化ホウ素は14と、2番目の硬度を有しています。

その性質を利用して、武器の表面処理や、原子炉の中性子吸収材である中性子制御棒などに利用されています。

img_advace8_img01

炭化ホウ素

 

ホウ素でノーベル賞ーリプスコムとブラウンと鈴木章

ホウ素に関する研究によりノーベル賞を得た化学者はこれまで3人。アメリカの化学者リプスコム(Willam Nunn Lipscomb)はホウ素と水素の化合物であるボランの構造に関する研究により1976年に、同様にアメリカの化学者ブラウン(Herbert C. Brown)は酵素化合物を用いた有機合成反応の開発により、1979年にそれぞれノーベル化学賞を受賞しています。

そして、2010年には北海道大学名誉教授の鈴木章氏が有機ホウ素化合物をもちいたパラジウム触媒クロスカップリング反応(鈴木ー宮浦クロスカップリング)の開発でノーベル化学賞を受賞しました。

2016-01-30_07-45-57

ホウ素に関するケムステ関連記事

 

関連動画

  • ホウ素単体を抽出してみる

  • ホウ素の炎色反応

  • ホウ素中性子捕捉法の動画(住友重機械)

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 172番元素までの周期表が提案される
  2. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバ…
  3. ランタノイド Lanthanoid
  4. 海底にレアアース資源!ランタノイドは太平洋の夢を見るか
  5. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩み…
  6. リン Phosphorusー体の中の重要分子DNAの構成成分。肥…
  7. リチウム Lithium -リチウム電池から医薬品まで
  8. 元素のふしぎ展に行ってきました

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ボリルヘック反応の開発
  2. Google翻訳の精度が飛躍的に向上!~その活用法を考える~
  3. 喜多氏新作小説!『美少女教授・桐島統子の事件研究録』
  4. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  5. アフリカの化学ってどうよ?
  6. アルミニウム Aluminium 最も多い金属元素であり、一円玉やアルミホイルの原料
  7. 超分子ポリマーを精密につくる
  8. ストリゴラクトン : strigolactone
  9. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  10. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

研究者が民間企業での面接において将来の展望について質問をされると、いずれは研究部門をまとめるリーダー…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP