[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー有機合成

  1. すごい分子 世界は六角形でできている

    概要化学の象徴とも言われる六角形の芳香環。身近な物質にも広く存在するが、カーボンナノチューブやカーボンナノベルト、フラーレンなどのように、最先端の科学でも注目され続けている。大手製薬メーカーで創薬開発者だった著者が、六角形の物質の魅…

  2. 最新有機合成法: 設計と戦略

    概要有機合成法について,系統立てて書かれた本です.前版の刊行から約10年,その後に大きく進展…

  3. 天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

    概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

  4. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで

    概要従来の治療体系を大きく変えるような画期的な17の医薬品について,構造活性相関,有機合成経…

  5. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け…

  6. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

  7. Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

  8. Heterocyclic Chemistry

  9. Essential Reagents for Organic Synthesis

  10. Practical Functional Group Synthesis

  11. The Art of Problem Solving in Organic Chemistry

  12. Reaction and Synthesis: In the Organic Chemistry Laboratory

  13. Semiconductor Photocatalysis: Principles and Applications

  14. Innovative Drug Synthesis

  15. Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals

  16. アート オブ プロセスケミストリー : メルク社プロセス研究所での実例

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  2. 2010年ノーベル化学賞予想―トムソン・ロイター版
  3. 林 雄二郎博士に聞く ポットエコノミーの化学
  4. 進化する電子顕微鏡(TEM)
  5. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」
  6. リチャード・ヘック Richard F. Heck
  7. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless

注目情報

最新記事

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

PAGE TOP