[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー有機合成

  1. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け,医薬品開発の鍵化合物としても重要な役割を担っている.本書は生薬学,天然物化学,有機合成化学,生化学,薬理学,毒性学,創薬化学,分析…

  2. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

    概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

  3. Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

    (さらに…)…

  4. Heterocyclic Chemistry

    内容Heterocyclic chemistry comprises at least ha…

  5. Essential Reagents for Organic Synthesis

    内容From Boron Trifluoride to Zinc, the 52 most wi…

  6. Practical Functional Group Synthesis

  7. The Art of Problem Solving in Organic Chemistry

  8. Reaction and Synthesis: In the Organic Chemistry Laboratory

  9. Semiconductor Photocatalysis: Principles and Applications

  10. Innovative Drug Synthesis

  11. Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals

  12. アート オブ プロセスケミストリー : メルク社プロセス研究所での実例

  13. Cyclopropanes in Organic Synthesis

  14. Handbook of Reagents for Organic Synthesis: Reagents for Heteroarene Functionalization

  15. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで

  16. Name Reactions: A Collection of Detailed Mechanisms and Synthetic Applications Fifth Edition

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アノマー効果を説明できますか?
  2. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  3. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用
  4. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl Orthotitanate
  5. 国際化学五輪、日本代表に新高校3年生4人決定/化学グランプリ2017応募始まる
  6. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  7. Reaxys PhD Prize 2016ファイナリスト発表!

注目情報

最新記事

銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応

第120回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 薬化学研究室(根本哲宏教授) 博士後…

宮坂 力 Tsutomu Miyasaka

宮坂 力 (みやさか つとむ、1954年-)は、日本のエネルギー化学・物理化学者である。国際的な通称…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

PAGE TOP