[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー論文執筆

  1. 科学英語の書き方とプレゼンテーション (増補)

    (さらに…)…

  2. 論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

    概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

  3. 有機化学命名法

    概要本書は2013年にIUPACに勧告された、"Nomenclature of Organi…

  4. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント

    概要どうすれば「インパクトがある論文」を書けるのか。「本当に使える!」と大好評の『できる…

  5. なぜあなたは論文が書けないのか

    概要―ネタがあっても論文にならない,書こうと思っても進まない,書く時間がない,アクセプトされ…

  6. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reaction
  2. 荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~
  3. 芝浦工業大学 化学エネルギーのみで駆動するゲルポンプの機能を実証~医療デバイスやソフトロボット分野での応用期待~
  4. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー
  5. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  6. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ
  7. アンモニアを室温以下で分解できる触媒について

注目情報

最新記事

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

PAGE TOP