[スポンサーリンク]

B

バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reaction

 

概要

ジアゾニウムテトラフルオロボレートの熱分解により、芳香環にフッ素を導入する反応。一般にジアゾニウム塩は乾燥すると爆発しやすくなり危険であるが、フルオロボレートは例外的に安定で、よく乾燥したものを加熱すると穏やかに分解して芳香族フッ素化合物を与える。単にSchiemann反応とも呼ばれる。

基本文献

  • Balz, G.; Schiemann, G. Ber. 1927, 60, 1186. doi:10.1002/cber.19270600539
  • Roe, A. Org. React.1949, 5, 193.
  • Suschitzky, H. Adv. Fluorine Chem.19654, 1.
  • Al’sing, T. K.; Sochilin, E. G. Zh. Org. Khim.19707, 530.
  • Becker, H. G. O.; Israel, G. J. Prakt. Chem.1979321, 579.

 

反応機構

反応機構はSandmeyer反応類似と考えられているが、未だ明確ではない。
(参考: J. Am. Chem.Soc. 1975, 97, 799.J.Am. Chem. Soc. 1976,98, 6753.

 

反応例

schiemann_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ストライカー試薬 Stryker’s Reagent…
  2. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  3. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate
  4. マーデルング インドール合成 Madelung Indole S…
  5. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction…
  6. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxida…
  7. ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjano…
  8. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  2. 「コミュニケーションスキル推し」のパラドックス?
  3. 香りの化学1
  4. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  5. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  6. 分子モーター Molecular Motor
  7. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  8. ベンゼン環を壊す“アレノフィル”
  9. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt
  10. 卒論・修論にむけて〜わかりやすく伝わる文章を書こう!〜

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP