[スポンサーリンク]

一般的な話題

前代未聞のねつ造論文 学会発表したデータを基に第三者が論文を発表

 

巷はハロウィーンムード一色ですね。お菓子をねだる子供の幽霊はかわいいものですが、趣向を変えて不気味な幽霊が引き起こしたミステリーをひとつ紹介しましょう。

ミステリーとはずばり、自分の研究が幽霊によって先に発表されてしまったというものです。

これを読めば研究者の方なら誰でも背筋に冷たいものを感じるはずです。

その幽霊による被害者はHarvard Medical Schoolの細胞生物学者Bruce Spiegelman教授です。

 

科学者たるもの論文を書いてなんぼです。日々の研究成果を論文として出版したときに初めてその研究の記録が人類史に刻まれていきます。よって論文とは研究者の命と言えるでしょう。今回のポストでは化学とは関係ありませんが、世界の論文のシステムの盲点弱点をついたぞっとするような事件について紹介します。

事件を時系列で簡単に追ってみましょう

 

時期不詳 Spiegelman教授は6つの学会などでアディポサイトカインと総称される脂肪細胞から分泌される信号物質に関する最近の成果を発表。

2013.7.13 Elsevier社の論文誌Biochemical and Biophysical Research Communications通称BBRC
” Identification of meteorin and metrnl as two novel pro-differentiative adipokines: Possible roles in controlling adipogenesis and insulin sensitivity” DOI: 10.1016/j.bbrc.2013.07.008

と題する論文が発表される。

2013.7.20 Spiegelman教授はBBRCの編集者に論文の内容が自分たちの研究に酷似していること、著者を検索しても過去に一つの論文も発表した形跡がないこと、所属機関に著者が存在しないことなどを説明したmailを出す

2013.8.8 Elsevier社は論文を撤回

2013.9.24 NatureNEWSに本事件が紹介され、多くの耳目を引く←今ここ

事件の内容は犯罪的です。ではなぜこんなことが可能だったのでしょうか?
昨今では論文をweb上で投稿することが普通になりました。論文はまず論文誌の編集者がpeer reviewと言われる審査過程に廻す価値があるかどうかを一次審査し、複数(通常2-3人)の審査員が掲載に値する論文かどうか、結論が適切かなどを審査します。その審査報告を基にして編集者は論文を受理するか、拒否するかを決定します。
著者は審査結果を参考にして論文を修正したりしたあと、再度修正稿を投稿したりします。編集者が受理すれば、あとは雑誌の編集事務とのやりとりがあり、体裁が整えられた論文がwebに掲載、印刷して雑誌になるという具合です。

一昔前はこのプロセスを全て紙に印刷したものを手紙としてやりとりしていましたが、現在ではこのやりとりは全てe-mail、webのシステムに置き換わっています。幽霊はこのシステムの盲点を突いてきました。手紙というのは記載の住所で必ず受け取る必要があります。赤の他人は受け取れませんし、架空の住所に送ることもできません。一方e-mailはいくらでもフリーのアドレスを取得できますし、webにはどこからでもアクセス可能です。今回問題になった論文著者のアドレスはyahoo.comのものでした。

アカウントの認証もメールアドレスがあれば容易ですから、架空の人物になりすますことなど誰にでもできます。悪意を持った第三者が架空の論文をでっち上げることが可能となるのです。生物学系ではその学問の性質上データのねつ造が比較的容易です。ましてや既にSpiegelman教授の学会発表を聞いていれば、その内容に適当な電気泳動の写真なんかを偽って実験の証拠として挙げることはそう難しいことではなかったと思われます。
審査員も生のデータを見ながら審査するわけではありませんので、悪意を持ったねつ造を見抜けなかったとしても非難には当たらないと思います。

それでは今後どうなるのでしょうか?とりあえずねつ造論文は撤回されていますので、Spiegelman教授のグループがその真のデータを用いた論文を作成することは十分可能です。審査員も事情は知っているでしょうから新規性無しという判断は下さないでしょう。ではこの研究が特許にからんでいたらどうなるでしょうか?この場合は公知の事実となってしまうのでしょうか?学会で既に発表してしまっているので、手続きは必要と思いますが難しい問題だと思いわれます。
では、事件の核心ですが、犯人はいったい誰で何のためにこんなことをやったのでしょうか?もとの論文を読むことは既にできませんので証拠の検証は難しいのが現状ですが、犯人像としてはSpiegelman教授になんらかの恨みをもつ者と推察します。論文の作成はそれなりに手間がかかりますし、審査への対応も短時間でできるものではありません。そこまでのことを愉快犯がやるとは考えにくいです。
犯人が残した痕跡はElsevier社にしかありませんが、本気になればIPアドレスを追うことぐらいはできるでしょう。ねつ造論文の著者は、ギリシャUniversity of Thessalyに所属する、

Alkistis Vezyraki, Stilianos Kapelouzouc, Nikolaos Fotiadisb, Moses S. Theofilogiannakosa, Evridiki Gerou

で、最後のGerou氏がコレスポンディングオーサーで幽霊の正体です。この5名の名前は問題論文以外ではGoogleでもPubMedでもSciFinderでもヒットしません。当然University of Thessalyにそのような人物が在籍していた形跡は一切ありません。それだけで既に手詰まりに思えますが、大変興味深いことが2つあります。
一つ目は著者の氏名に関するものです。

真ん中の3名の名前ですが、見る人が見れば(ギリシャ人など)かなり妙な名字だそうです(後述)。その前にコレスポンディングオーサーのGerou氏について検索すると、

Clinical Endocrinology 77, 816-822 (2012). DOI: 10.1111/j.1365-2265.2012.04459.xの論文の著者はギリシャのグループで、

Athanasios D. Anastasilakis, Stergios A. Polyzos, Sideris Delaroudis, Ilias Bisbinas, Grigorios T. Sakellariou, Athina Gkiomisi, Evridiki Papadopoulou, Spyridon Gerou, Polyzois Makras

であることに気づきます。色づけした氏名を組み合わせると一人完成しますね。次に筆頭著者のVezyraki氏を検索すると、

Biochemistry Research International 2011, 285618 DOI: 10.1155/2011/285618の論文の著者はギリシャのグループで、

Christos S. Derdemezis, Dimitrios N. Kiortsis, Vasilis Tsimihodimos, Maria P. Petraki, Patra Vezyraki, Moses S. Elisaf, and Alexandros D. Tselepis

また、

Clinica Chimica Acta 412, 48-52 (2011). DOI: 10.1016/j.cca.2010.09.012の論文の著者はこちらもギリシャのグループで、

Nikolaos P.E. Kadogloua, b, Argirios Gkontopoulosa, Alkistis Kapelouzouc, Grigorios Fotiadisb, Efstratios K. Theofilogiannakosa, George Kottasa, Stilianos Lampropoulosa

となっています。上付きのa-cは所属を表すときに論文誌ではよく使う記号です。
色づけしたところに注目してください。そうなんです。これらの論文から適当に抜き出していくとあら不思議問題論文の著者の名前を全てつくることができます。特に3つ目の論文では所属を表すa, b, cも最後にくっついていますので、名前をコピペしたときにそれが名字に追加された結果、あり得ない妙な名字を作り出すことに成功したのでしょう。あり得ない氏名というのは検索に引っかかりませんので犯人にしては好都合ですね。
二つ目に興味深いのは、上記3つは全てギリシャのグループによるアディポサイトカインに関するの論文であるということです。

さてこれらを偶然の一致だと思いますか?

 

明確な悪意がある者の犯行であることは間違いありません。そして犯人はアディポサイトカインに関する知識を有することは明らかで、ねつ造ではあっても審査を通過してしまうほどの論文をでっち上げることが可能なほど高度に訓練されています。

同業者に陥れられるとはこれほど恐ろしいことはありません。論争の末に人間関係が悪化することも大いにあり得ますしまさかね、学術的な競争の末に本人の意向とは無関係に敵を作ってしまうこともあるでしょう。研究資金や賞の獲得関係で恨みを買う可能性もありますし、待遇の悪いポスドクや不合格になった大学院生がいたかもしれません。全て想像の範囲を超えませんがこんなに狭い世界なのに犯人像を絞ることは容易ではないでしょう。

まさか3つの論文が犯人に繋がる何らかのヒントになっているのか・・・単なるミスリードを誘う罠なのか・・・知り合いのコナン君に聞いたのですが専門家ではないのですいません分かりませんでした。

剽窃や盗作というのはたまに事件になりますが、今回の事件は罪を犯す犯人に何のメリットもないという常軌を逸したものでした。いずれにしても、現代の論文peer reviewシステムの盲点を突いたこの事件、研究者でしたら誰でも被害者になる可能性が少なからずあろうと思いますのでお気をつけて(どうやって?)。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。
ペリプラノン

最新記事 by ペリプラノン (全て見る)

関連記事

  1. 薬学部6年制の現状と未来
  2. 第2回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  3. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  4. 私が思う化学史上最大の成果-1
  5. 無保護糖を原料とするシアル酸誘導体の触媒的合成
  6. 息に含まれた0.0001%の成分で健康診断
  7. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)
  8. 第4回CSJ化学フェスタに参加してきました!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden
  2. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する
  3. ホウ素は求電子剤?求核剤?
  4. 国際化学五輪、日本代表に新高校3年生4人決定/化学グランプリ2017応募始まる
  5. サントリー、ビールの「エグミ物質」解明に成功
  6. これならわかる マススペクトロメトリー
  7. Actinophyllic Acidの全合成
  8. 全合成 total synthesis
  9. 複雑天然物Communesinの新規類縁体、遺伝子破壊実験により明らかに!
  10. 岡大教授が米国化学会賞受賞

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP