[スポンサーリンク]

D

ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation

 

概要

シクロブテノンから熱的に生成するビニルケテンとアルコキシアセチレンの付加環化反応。置換フェノール誘導体を与える。

基本文献

 

反応機構

danheiser_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet C…
  2. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent…
  3. クライゼン転位 Claisen Rearrangement
  4. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule
  5. ミッドランド還元 Midland Reduction
  6. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  7. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glyco…
  8. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol Reaction
  2. 『国際化学オリンピック』 日本代表が決定
  3. 研究室での英語【Part1】
  4. ノッド因子 (Nod factor)
  5. Reaxys Prize 2013ファイナリスト45名発表!
  6. 永田試薬 Nagata Reagent
  7. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成
  8. 「花粉のつきにくいスーツ」登場
  9. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
  10. プロドラッグって

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本化学会と日本化学工業協会に新会長就任

日本化学会は5月23日に川合眞紀氏(自然科学研究機構分子科学研究所)が新会長に就任したことを発表した…

塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

塩基と酸を作用させるだけで環サイズを調節できるユニークな中員環合成手法が報告された。塩基による環拡大…

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP