[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース固体/表面化学

  1. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

    ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材料化学者である。カリフォルニア大学バークレー校化学科教授, 化学工学&生物分子工学科教授。ローレンス ·バークレー国立研究所 (La…

  2. 春田 正毅 Masatake Haruta

      春田 正毅(はるた まさたけ、1947年9月27日-) は、日本の触媒化学者。 首都大学東京およ…

  3. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl

    ゲルハルト・エルトゥル(Gerhard Ertl、1936年10月10日-)は、ドイツの表面化学者で…

  4. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides

     ジョージ・マクレランド・ホワイトサイズ(George McClelland Whitesides,…

  5. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai

    ガボール・A・ソモライ(Gabor A. Somorjai、1935年5月4日(ハンガリー・ブダペス…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 続・日本発化学ジャーナルの行く末は?
  2. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne
  3. 化学と工業
  4. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama reagent)
  5. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである
  6. 大型期待の認知症薬「承認申請数年遅れる」 第一製薬
  7. 隣接基関与 Neighboring Group Participation

注目情報

最新記事

Altmetric Score Top 100をふりかえる ~2018年版~

Tshozoです。暑い中電子版ジャーナルをお読みの方々、論文横のコーナーにある数字をご覧にな…

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

PAGE TOP