[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース固体/表面化学

  1. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

    ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材料化学者である。カリフォルニア大学バークレー校化学科教授, 化学工学&生物分子工学科教授。ローレンス ·バークレー国立研究所 (La…

  2. 春田 正毅 Masatake Haruta

      春田 正毅(はるた まさたけ、1947年9月27日-) は、日本の触媒化学者。 首都大学東京およ…

  3. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl

    ゲルハルト・エルトゥル(Gerhard Ertl、1936年10月10日-)は、ドイツの表面化学者で…

  4. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides

     ジョージ・マクレランド・ホワイトサイズ(George McClelland Whitesides,…

  5. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai

    ガボール・A・ソモライ(Gabor A. Somorjai、1935年5月4日(ハンガリー・ブダペス…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimroth Rearrangement via A Conjugated 1,3-Dipole
  2. 触媒量の金属錯体でリビング開環メタセシス重合を操る
  3. 印象に残った天然物合成 2
  4. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  5. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ
  6. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe
  7. 有機合成化学協会誌2017年6月号 :創薬・糖鎖合成・有機触媒・オルガノゲル・スマネン

注目情報

最新記事

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

PAGE TOP