[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

森謙治 Kenji Mori

森謙治(もりけんじ、1935年3月21日- )は、日本の有機化学者である。東京大学名誉教授(写真:有機合成化学協会)。

 

経歴

1957 東京大学農学部農芸化学科卒業

1959 東京大学大学院農学系研究科農芸化学専門課程・修士課程修了(中村道徳教授)

1962 東京大学大学院農学系研究科農芸化学専門課程・博士課程修了(松井正直教授)

1962 東京大学農学部助手(松井正直教授)

1968 東京大学農学部助教授

1978 東京大学農学部教授

1995 東京大学名誉教授、東京理科大学理学部教授

 

受賞歴

1965 農芸化学賞

1981 日本学士院賞

1992 日本農学賞、読売農学賞

1996 国際化学生態学会シルバーメダル(最高賞)

1998 藤原賞

1999 Ernest Guenther賞(アメリカ化学会)

2002 有機合成化学特別賞

2010 キラリティーメダル

2010 瑞宝中綬章

 

研究概要

ジベレリンの化学合成

松井正直教授から博士論文のテーマとして提示されたのはジベレリンの合成であった。研究開始当初はジベレリンの構造も未確定であり、当時の有機合成の方法論では困難なテーマであったが、合成化学的手法、黎明期のNMRを取り入れた手法によりジベレリンの構造決定に貢献し、さらに世界初の合成(リレー合成)に成功した[1]。合成には9年の歳月を要したとされる。

gibberellin.png

昆虫フェロモンの合成

光学活性化合物の合成にあまり注目が集まっていなかった1970年代前半から、昆虫フェロモンの生物活性と鏡像異性との間の関係を明らかとするべく、フェロモンの純粋な鏡像体の合成を精力的に行った。1973年に報告したヒメマルカツオブシムシの性フェロモンであるtrogodermalの天然物の絶対立体配置の決定は、昆虫フェロモンの絶対立体配置決定に関する世界初の論文である。

trogodermal.png

その後250報以上の昆虫フェロモン合成に関する論文を発表し、多様な立体化学ー生物活性相関を明らかとした。例として、1) 片方の鏡像体は活性を有し、もう一方の鏡像体は活性が全くない(exo-brevicomin等)、 2) 一方の鏡像体に活性があり、もう一方の鏡像体は活性を阻害する(disparlure等)、3) 一方の鏡像体は雄に、もう一方の鏡像体は雌に対する活性がある(olean)、などがある。

pheromone.png

 

コメント&その他

1. ジベレリンの合成達成直後、微生物学の有馬啓教授から「やあ、森君おめでとう。とうとうできたなあ。だけどなあ、君忘れるなよ、Gibberella fujikuroiは3日でジベレリン作るぜ。君は9年かかっただろう。」と言われ、生物が簡単にかつ大量に作る化合物を合成しても生物学者は評価してくれない、よって生物界からは微量しか得られないものを人間の力で大量に合成することを志し、以降の昆虫フェロモンの合成研究へと繋がったとされる[3]

2. 松本サリン事件、及び地下鉄サリン事件の際、メディアに対して有機化学者の立場から中立的なコメントを寄せた。松本サリン事件の被害者であるにも関わらず当初重要参考人とされていた河野義行氏は、後にその中立的なコメントに謝意を示している。

3. 父が牧師であった影響もあり、敬虔なクリスチャンである。

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] Mori, K.; Shiozaki, M.; Itaya, N. Matsui, M.; Sumiki, Y. Tetrahedron 1969, 25, 1293. DOI: 10.1016/S0040-4020(01)82702-2

[2] Mori, K. Tetrahedron Lett. 1973, 14, 3869. DOI: 10.1016/S0040-4039(01)87060-X

[3] 森謙治 生物活性天然物の化学合成, 裳華房

 

関連書籍

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 真島利行系譜
  2. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li
  3. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi
  4. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  5. オマー・ヤギー Omar M. Yaghi
  6. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  7. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio…
  8. 下村 脩 Osamu Shimomura

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodide Synthesis
  2. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction
  3. 会社でも英語を重視?―さて詮なきことか善きことか
  4. 日本科学未来館
  5. 高脂血症薬がウイルス抑制/C型肝炎で厚労省研究班
  6. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III
  7. マット・フランシス Matthew B. Francis
  8. 普通じゃ満足できない元素マニアのあなたに:元素手帳2016
  9. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hillman Reaction
  10. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP