[スポンサーリンク]

一般的な話題

SciFinder Future Leaders in Chemistry参加のススメ

 

みなさま、SciFinder Future Leaders in Chemistry プログラムはご存知でしょうか?

簡単にいえば、

 

見事参加者に選ばれれば夏休みにお小遣い1000ドルもらえて無料でアメリカにいけて、なおかつACS meeting(アメリカ化学会年会)に参加できてしまう! という素晴らしいプログラムです。 

 

現在2014年夏の参加者を募集しており、参加の条件はこれだけ!

1. 博士課程在学中(進学希望でもOK?)、もしくは博士研究員の方

2. エッセイをかく(英語:研究にどのようにSciFinderを活用しているか)

3. 履歴書をかく

4. 教員の推薦書をもらう

めちゃめちゃ簡単ですよね。

以前この化学者のつぶやきにおいて、このプログラムを紹介させていただきました。上記写真の辻伸弥さん(京都大学大学院修士課程2年薬品分子化学分野)は、幸運にも昨年の参加者として選ばれ、このプログラムを満喫してきたようです。プログラムのインタビュー記事に「Chem-Stationのブログ」をみて申し込みました!と記載がありましたので、読者様にぜひインタビューを!と思い立ち、急遽辻さんに独占インタビューを試みました。 (別途、化学情報協会によるインタビュー記事はこちらをどうぞ)

Q1. これまでの海外渡航経験は?

 旅行では何度かありますが、こういったプログラムや留学の経験はもちろん、海外に一人で渡航するのも「初めて」だったので、なかなか緊張しました。ちなみにプログラムからの帰りには大型の台風が東京を直撃したためシカゴで数時間待たされ、成田から伊丹行きの飛行機は欠航になり、新幹線も大幅に遅延して、、といった貴重(?)な経験も出来ました。笑

2015-02-14_18-41-58

Q2. 正直、どうして選ばれたと思いますか?

どうでしょう…エッセイ、推薦状、CVの どれも重要だとは思うのですが、正直に言えば国籍と専門も大きいのではないかなぁ、とも思います。特に日本などの非英語圏は応募者が少ないイメージがあるので、とりあえず応募してみたら案外通るのかもしれません。必要書類も少なく、エッセイもそれほど長くないので 気軽に応募してみると良いと思います。あとはTOEFLやIELTSのスコアがあるならCVに書くと良いとも思います。

Q3. もう一度いくなら準備したいこと・ものはありますか?

プログラムの最初の方に各自の研究のプレゼンテーションがあったのですが、化学系院生 と言っても本当に様々な分野の人達で構成されたプログラムだったので、もう少し一般向けのスライドを作ったほうが良かったのかな、と 感じました。

あとはもう一度行くとしてもどこまで準備できる かは分かりませんが、英語力はあればあるだけ良いと思いました。

2015-02-14_18-41-26

Q4. プログラムの良かった点、改善して欲しい点、追加したほうが良い点

 全体的に、こちらが恐縮してしまうくらいに良い扱いでした。飛行機、ホテルの手配から学会参加手続きまで全て任せっきりでしたし、プログラムの内容も学会参加や企業見学以外にレクレーションも多く、非常に充実した8日間を過ごすことが出来ました。勿論ACS Meetingのような大きな学会を自由に聞いて回ることが出来たのは非常に有意義でしたし、CAS社内の見学も非常に興味深かったです。そして何より、他の参加者やCASスタッフの方々は本当に良い人ばかりでした。そのため、不満な点としてはアメリカのご飯があまり美味しくない、緑茶が甘かった、くらいしか思い浮かばないです。

2015-02-14_18-40-28

Q5. 今後の研究生活や将来の夢を語ってください

今後は進学する予定です。将来的にはアカデミックに行ければ良いな、と今は考えていま す。そのうち何か大きなことをやりたいとは思いますが、とりあえず今は地に足をつけてコツコツと研究を進めていきたいです。

2015-02-14_18-39-33

Q6. 最後にブログ「化学者のつぶやき」をみて知ったということですが、 どのように普段利用していますか?

ケムステーションの公式Twitterアカウント(@chemstation)をフォローしているので、そこから「化学者のつぶやき」など、色々な記事をよく読ませて頂いています。あとは反応のデータベースも、Googleで反応名を検索すると大抵上位に出てくるのでよく閲覧しています。Chem-Stationのような非常に優れた専門的なサイトに母国語でアクセスできる辺りに日本の化学の強さを感じます

 

Chem is tryですよ!

というわけで、大変魅力を感じるプログラムではないでしょうか。面倒くさいなと思ったらはじまらない。とにかく申し込んでみましょう!ケムステで紹介されるという特典もあります(もちろん任意です)。

なお、一番重要なことを1点。

締切は 2014年3月30日までです。おはやめに!詳細はこちら

最後に、修士論文の忙しいところインタビューにご協力いただきました辻信弥さんにこの場を借りて御礼申し上げます。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 【速報】2010年ノーベル生理医学賞決定ーケンブリッジ大のエドワ…
  2. 高機能・高性能シリコーン材料創製の鍵となるシロキサン結合のワンポ…
  3. 研究室での英語【Part 2】
  4. 茨城の女子高生が快挙!
  5. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑥:実験室でも…
  6. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」
  7. 超微量紫外可視分光光度計に新型登場:NanoDrop One
  8. 化学と工業

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough
  2. 拡張Pummerer反応による簡便な直接ビアリール合成法
  3. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発
  4. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  5. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  6. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ
  7. 誤った科学論文は悪か?
  8. 水島 公一 Koichi Mizushima
  9. 生物活性分子のケミカルバイオロジー
  10. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP