[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道

分子が集まってできる「超分子」により、直径2ナノメートル(1ナノは10億分の1)という超極細の「ホース」(管)を作ることに、名古屋工業大大学院つくり領域応用化学科の斎藤勝裕教授や小野克彦助手らの研究グループが成功した。ナノサイズの導線や人工の毛細血管などへの応用が考えられるという。
ホースは、炭素と水素でできたベンゼン環4つと窒素や酸素、炭素、水素でできた化合物4つがドーナツ状に結びついた分子が、積み重なってできている。電気を通す性質があるほか、ホースの中には、ホースを生成する際にできた水分子が入っており、水を通す可能性もある(引用:日刊県民福井)。

ちょっと構造がわからないのでなんともいえませんが気になりますね。どのようなものをどのように合成しているのでしょうか。今後の報告を注目したいと思います。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1…
  2. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大
  3. ヤマハ発動機、サプリメントメーカーなど向けにアスタキサンチンの原…
  4. 「イオンで農薬中和」は不当表示・公取委、米販2社に警告
  5. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成…
  6. バイオディーゼル燃料による大気汚染「改善」への影響は……
  7. オルガテクノ大賞2005受賞者決定!
  8. Nature Chemistryデビュー間近!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement
  2. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏
  3. 武田薬品、高血圧治療剤が米で心不全の効能追加
  4. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrangement
  5. 進化する電子顕微鏡(TEM)
  6. 花粉症対策の基礎知識
  7. 第一稀元素化学工業、燃料電池視野に新工場
  8. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibutyl-1,10-phenanthroline
  9. 向かう所敵なし?オレフィンメタセシス
  10. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP