[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道

分子が集まってできる「超分子」により、直径2ナノメートル(1ナノは10億分の1)という超極細の「ホース」(管)を作ることに、名古屋工業大大学院つくり領域応用化学科の斎藤勝裕教授や小野克彦助手らの研究グループが成功した。ナノサイズの導線や人工の毛細血管などへの応用が考えられるという。
ホースは、炭素と水素でできたベンゼン環4つと窒素や酸素、炭素、水素でできた化合物4つがドーナツ状に結びついた分子が、積み重なってできている。電気を通す性質があるほか、ホースの中には、ホースを生成する際にできた水分子が入っており、水を通す可能性もある(引用:日刊県民福井)。

ちょっと構造がわからないのでなんともいえませんが気になりますね。どのようなものをどのように合成しているのでしょうか。今後の報告を注目したいと思います。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 114番元素と116番元素が正式認可される
  2. 特許の関係を「地図」に ベンチャー企業が作成
  3. 浅野・県立大教授が化学技術賞
  4. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  5. 『分子標的』に期待
  6. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ
  7. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  8. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タミフルの新規合成法・その3
  2. ニコラウ祭り
  3. アゾ化合物シストランス光異性化
  4. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大
  5. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glycol Oxidative Cleavage
  6. GRE Chemistry 受験報告 –試験当日·結果発表編–
  7. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene
  8. 化学連合シンポ&化学コミュニケーション賞授賞式に行ってきました
  9. 長井長義の日記など寄贈 明治の薬学者、徳島大へ
  10. DNAが絡まないためのループ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP