[スポンサーリンク]


身のまわりの分子サプリメント

  1. クレアチン creatine 

    クレアチン(creatine)別名:メチルグアニジノ酢酸 (さらに…)…

  2. チアミン (thiamin)

    チアミンは水溶性ビタミンのひとつ。ビタミンB1とも呼ばれます。脚気を予防する因子として、1910年に鈴木梅太郎氏が、米ぬかから発見して、オリザニンと命名した物質です。

  3. グルコース (glucose)

    グルコースは、炭素数6で六員環を持つ単糖のひとつ。ブドウ糖とも呼ばれます。

  4. アントシアニン / anthocyanin

    アントシアニン(anthocyanin)ポリフェノールの一種。抗酸化作用を示す。…

  5. サラシノール salacinol

    サラシノール(salacinol)は、インドやスリランカなど南アジア地域に自生するツ…

  6. サラシノール/Salacinol

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2
  2. 水分解 water-splitting
  3. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay
  4. フェン・チャン Feng Zhang
  5. トラウベ プリン合成 Traube Purin Synthesis
  6. アゾベンゼンは光る!~新たな発光材料として期待~
  7. 真理を追求する –2017年度ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞–

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

PAGE TOP