[スポンサーリンク]


身のまわりの分子サプリメント

  1. クレアチン creatine 

    クレアチン(creatine)別名:メチルグアニジノ酢酸 (さらに…)…

  2. チアミン (thiamin)

    チアミンは水溶性ビタミンのひとつ。ビタミンB1とも呼ばれます。脚気を予防する因子として、1910年に鈴木梅太郎氏が、米ぬかから発見して、オリザニンと命名した物質です。

  3. グルコース (glucose)

    グルコースは、炭素数6で六員環を持つ単糖のひとつ。ブドウ糖とも呼ばれます。

  4. アントシアニン / anthocyanin

    アントシアニン(anthocyanin)ポリフェノールの一種。抗酸化作用を示す。…

  5. サラシノール salacinol

    サラシノール(salacinol)は、インドやスリランカなど南アジア地域に自生するツ…

  6. サラシノール/Salacinol

スポンサー

ピックアップ記事

  1. モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか
  2. 「アバスチン」臨床試験中間解析を公表 中外製薬
  3. 水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウム Red-Al
  4. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupling
  5. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本
  6. 新海征治 Seiji Shinkai
  7. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発

注目情報

最新記事

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP