[スポンサーリンク]


身のまわりの分子サプリメント

  1. クレアチン creatine 

    クレアチン(creatine)別名:メチルグアニジノ酢酸 (さらに…)…

  2. チアミン (thiamin)

    チアミンは水溶性ビタミンのひとつ。ビタミンB1とも呼ばれます。脚気を予防する因子として、1910年に鈴木梅太郎氏が、米ぬかから発見して、オリザニンと命名した物質です。

  3. グルコース (glucose)

    グルコースは、炭素数6で六員環を持つ単糖のひとつ。ブドウ糖とも呼ばれます。

  4. アントシアニン / anthocyanin

    アントシアニン(anthocyanin)ポリフェノールの一種。抗酸化作用を示す。…

  5. サラシノール salacinol

    サラシノール(salacinol)は、インドやスリランカなど南アジア地域に自生するツ…

  6. サラシノール/Salacinol

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  2. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction
  3. 近赤外光を青色の光に変換するアップコンバージョン-ナノ粒子の開発
  4. 辻 二郎 Jiro Tsuji
  5. 免疫系に捕そくされない超微粒子の薬剤
  6. 理系のための就活ガイド
  7. ネオ元素周期表

注目情報

最新記事

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

PAGE TOP