[スポンサーリンク]


身のまわりの分子サプリメント

  1. クレアチン creatine 

    クレアチン(creatine)別名:メチルグアニジノ酢酸 (さらに…)…

  2. チアミン (thiamin)

    チアミンは水溶性ビタミンのひとつ。ビタミンB1とも呼ばれます。脚気を予防する因子として、1910年に鈴木梅太郎氏が、米ぬかから発見して、オリザニンと命名した物質です。

  3. グルコース (glucose)

    グルコースは、炭素数6で六員環を持つ単糖のひとつ。ブドウ糖とも呼ばれます。

  4. アントシアニン / anthocyanin

    アントシアニン(anthocyanin)ポリフェノールの一種。抗酸化作用を示す。…

  5. サラシノール salacinol

    サラシノール(salacinol)は、インドやスリランカなど南アジア地域に自生するツ…

  6. サラシノール/Salacinol

スポンサー

ピックアップ記事

  1. デスソース
  2. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  3. 立体選択的なスピロ環の合成
  4. “結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成
  5. テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(TTX)
  6. マット・シェア Matthew D. Shair
  7. 第17回 音楽好き化学学生が選んだ道… Joshua Finkelstein氏

注目情報

最新記事

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

PAGE TOP