[スポンサーリンク]

A

アニオン重合 Anionic Polymerization

[スポンサーリンク]

 

概要

イオン性付加重合のうち、活性種がアニオンであるものをアニオン重合と呼ぶ。開始剤としては求核性の強いアルキルリチウムなどが用いられる。モノマーとしては求核付加を受ける電子不足二重結合を持つアクリル酸エステル、ビニルケトン、スチレン誘導体などがその適用となる。

生じるアニオンが安定化される場合には、モノマーが消費された後でも成長末端は安定であり、再びモノマーを加えると重合が再開するような系も知られている(リビング重合)。

基本文献

・Smid, J. J. Polym. Sci. Part A. 2002, 40, 2101.. DOI:10.1002/pola.10286

 

反応機構

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rear…
  2. ウギ反応 Ugi Reaction
  3. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddit…
  4. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber…
  5. ビシュラー・メーラウ インドール合成 Bischler-Mohl…
  6. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxid…
  7. マーティンスルフラン Martin’s Sulfur…
  8. 活性二酸化マンガン Activated Manganese Di…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発
  2. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始
  3. Googleマイマップを持って学会に出かけよう!
  4. 研究者のためのCG作成術①(イントロダクション)
  5. スーパーブレンステッド酸
  6. ルドルフ・クラウジウスのこと② エントロピー150周年を祝って
  7. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama
  8. 健康食品 高まる開発熱 新素材も続々
  9. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について
  10. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP