[スポンサーリンク]

A

アニオン重合 Anionic Polymerization

[スポンサーリンク]

 

概要

イオン性付加重合のうち、活性種がアニオンであるものをアニオン重合と呼ぶ。開始剤としては求核性の強いアルキルリチウムなどが用いられる。モノマーとしては求核付加を受ける電子不足二重結合を持つアクリル酸エステル、ビニルケトン、スチレン誘導体などがその適用となる。

生じるアニオンが安定化される場合には、モノマーが消費された後でも成長末端は安定であり、再びモノマーを加えると重合が再開するような系も知られている(リビング重合)。

基本文献

・Smid, J. J. Polym. Sci. Part A. 2002, 40, 2101.. DOI:10.1002/pola.10286

 

反応機構

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

関連記事

  1. マクマリーカップリング McMurry Coupling
  2. アセタール系保護基 Acetal Protective Grou…
  3. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporati…
  4. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagih…
  5. ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach R…
  6. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction
  7. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangeme…
  8. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞
  2. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成
  3. 帝人骨粗鬆症治療剤「ボナロン錠」製造販売承認
  4. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)diboron
  5. Chem-Station9周年へ
  6. 第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授
  7. ショッテン・バウマン反応 Schotten-Baumann Reaction
  8. キノコから見いだされた新規生物活性物質「ヒトヨポディンA」
  9. 化学系ブログのインパクトファクター
  10. アンモニアを用いた環境調和型2級アミド合成

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株)環境/化学分野向けウェビナー】 #CO2削減 #リサイクル #液体 #固体 #薄膜 #乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントでは、環境/化学分野の事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波をご紹介…

医療用酸素と工業用酸素の違い

 スズキは29日、インドにある3工場の生産を一時停止すると明らかにした。インドでは新型コロナウイルス…

世界初のジアゾフリーキラル銀カルベン発生法の開発と活性化されていないベンゼノイドの脱芳香族化反応への応用

第310回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 (根本研究室)・伊藤 翼さんにお願い…

キムワイプをつくった会社 ~キンバリー・クラーク社について~

Tshozoです。本件先日掲載されたこちらのArticleの追っかけでネタ色が強いですが書いてみるこ…

Advanced Real‐Time Process Analytics for Multistep Synthesis in Continuous Flow

In multistep continuous flow chemistry, studying c…

三角形ラジカルを使って発光性2次元ハニカムスピン格子構造を組み立てる!

第309回のスポットライトリサーチは、木村舜 博士にお願いしました。金属と有機配位子がネット…

第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトン…

ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?

5月11日で化学の情報サイトケムステは開設21周年を迎えます。これまで記事中心の活動を行ってきました…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP