[スポンサーリンク]

A

アニオン重合 Anionic Polymerization

[スポンサーリンク]

 

概要

イオン性付加重合のうち、活性種がアニオンであるものをアニオン重合と呼ぶ。開始剤としては求核性の強いアルキルリチウムなどが用いられる。モノマーとしては求核付加を受ける電子不足二重結合を持つアクリル酸エステル、ビニルケトン、スチレン誘導体などがその適用となる。

生じるアニオンが安定化される場合には、モノマーが消費された後でも成長末端は安定であり、再びモノマーを加えると重合が再開するような系も知られている(リビング重合)。

基本文献

・Smid, J. J. Polym. Sci. Part A. 2002, 40, 2101.. DOI:10.1002/pola.10286

 

反応機構

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hy…
  2. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt …
  3. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  4. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar…
  5. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal…
  6. ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-…
  7. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furst…
  8. ヒドロシリル化反応 Hydrosilylation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. MNBA脱水縮合剤
  2. アメリカ化学留学 ”立志編 ーアメリカに行く前に用意すること?ー”!
  3. 原子量に捧げる詩
  4. ニッケル触媒でアミド結合を切断する
  5. 細胞の中を旅する小分子|第三回(最終回)
  6. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  7. 肩こりにはラベンダーを
  8. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  9. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement
  10. 実験器具・設備の価格を知っておきましょう

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

林 雄二郎博士に聞く ポットエコノミーの化学

雑誌「現代化学」の特集インタビュー記事から、東北大学林雄二郎先生のインタビュー(2019年5月号掲載…

『夏休み子ども化学実験ショー2019』8月3日(土)~4日(日)、科学技術館にて開催

化学の学会ならびに産業界で組織する「夢・化学-21」委員会は、2019年8月3日(土)~4日(日)の…

引っ張ると白色蛍光を示すゴム材料

第204回のスポットライトリサーチは、北海道大学電子科学研究所 助教・相良 剛光 先生にお願いしまし…

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP