[スポンサーリンク]

A

アニオン重合 Anionic Polymerization

 

概要

イオン性付加重合のうち、活性種がアニオンであるものをアニオン重合と呼ぶ。開始剤としては求核性の強いアルキルリチウムなどが用いられる。モノマーとしては求核付加を受ける電子不足二重結合を持つアクリル酸エステル、ビニルケトン、スチレン誘導体などがその適用となる。

生じるアニオンが安定化される場合には、モノマーが消費された後でも成長末端は安定であり、再びモノマーを加えると重合が再開するような系も知られている(リビング重合)。

基本文献

・Smid, J. J. Polym. Sci. Part A. 2002, 40, 2101.. DOI:10.1002/pola.10286

 

反応機構

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ジェイムス・ブル エナンチオ過剰率決定法 James-Bull …
  2. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement
  3. エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke…
  4. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearra…
  5. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Bor…
  6. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts A…
  7. ヘメツバーガー インドール合成 Hemetsberger Ind…
  8. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol R…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 3.11 14:46 ②
  2. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より
  3. アルバート・コットン Frank Albert Cotton
  4. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation
  5. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ
  6. 化学系ブログのインパクトファクター
  7. ブラックマネーに御用心
  8. カチオン重合 Cationic Polymerization
  9. 完熟バナナはブラックライトで青く光る
  10. テオ・グレイ Theodore Gray

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP