[スポンサーリンク]

A

アニオン重合 Anionic Polymerization

 

概要

イオン性付加重合のうち、活性種がアニオンであるものをアニオン重合と呼ぶ。開始剤としては求核性の強いアルキルリチウムなどが用いられる。モノマーとしては求核付加を受ける電子不足二重結合を持つアクリル酸エステル、ビニルケトン、スチレン誘導体などがその適用となる。

生じるアニオンが安定化される場合には、モノマーが消費された後でも成長末端は安定であり、再びモノマーを加えると重合が再開するような系も知られている(リビング重合)。

基本文献

・Smid, J. J. Polym. Sci. Part A. 2002, 40, 2101.. DOI:10.1002/pola.10286

 

反応機構

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ベンジジン転位 Benzidine Rearrangement
  2. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactoniza…
  3. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne
  4. アリルオキシカルボニル保護基 Alloc Protecting …
  5. ジョンソン・クライゼン転位 Johnson-Claisen Re…
  6. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction…
  7. ウギ反応 Ugi Reaction
  8. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学物質でiPS細胞を作る
  2. Wileyより2つのキャンペーン!ジャーナル無料進呈と書籍10%引き
  3. もし新元素に命名することになったら
  4. 有機溶媒吸収し数百倍に 新素材のゲル、九大が開発
  5. モンサント、住友化学 雑草防除で協力強化
  6. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)
  7. 夢の筒状分子 カーボンナノチューブ
  8. 化学系面白サイトでちょっと一息つきましょう
  9. 国際化学オリンピックのお手伝いをしよう!
  10. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP