[スポンサーリンク]

A

アニオン重合 Anionic Polymerization

 

概要

イオン性付加重合のうち、活性種がアニオンであるものをアニオン重合と呼ぶ。開始剤としては求核性の強いアルキルリチウムなどが用いられる。モノマーとしては求核付加を受ける電子不足二重結合を持つアクリル酸エステル、ビニルケトン、スチレン誘導体などがその適用となる。

生じるアニオンが安定化される場合には、モノマーが消費された後でも成長末端は安定であり、再びモノマーを加えると重合が再開するような系も知られている(リビング重合)。

基本文献

・Smid, J. J. Polym. Sci. Part A. 2002, 40, 2101.. DOI:10.1002/pola.10286

 

反応機構

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement…
  2. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald…
  3. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Rea…
  4. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolacton…
  5. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent
  6. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Ald…
  7. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker…
  8. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-L…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 目指せ!フェロモンでリア充生活
  2. 駅トイレ光触媒で消臭
  3. 2016年化学10大ニュース
  4. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  5. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  6. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  7. H・ブラウン氏死去/米のノーベル化学賞受賞者
  8. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation
  9. ケミカルバイオロジー chemical biology
  10. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

PAGE TOP