[スポンサーリンク]

A

アニオン重合 Anionic Polymerization

 

概要

イオン性付加重合のうち、活性種がアニオンであるものをアニオン重合と呼ぶ。開始剤としては求核性の強いアルキルリチウムなどが用いられる。モノマーとしては求核付加を受ける電子不足二重結合を持つアクリル酸エステル、ビニルケトン、スチレン誘導体などがその適用となる。

生じるアニオンが安定化される場合には、モノマーが消費された後でも成長末端は安定であり、再びモノマーを加えると重合が再開するような系も知られている(リビング重合)。

基本文献

・Smid, J. J. Polym. Sci. Part A. 2002, 40, 2101.. DOI:10.1002/pola.10286

 

反応機構

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber…
  2. ウルフ・デッツ反応 Wulff-Dotz Reaction
  3. ライセルト反応 Reissert Reaction
  4. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrange…
  5. ベシャンプ還元 Bechamp Reduction
  6. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation…
  7. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Eva…
  8. ラロック インドール合成 Larock Indole Synth…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用
  2. 化学企業のグローバル・トップ50
  3. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!
  4. 書物から学ぶ有機化学 2
  5. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric Alkylation
  6. クリーンなラジカル反応で官能基化する
  7. リンと窒素だけから成る芳香環
  8. Ns基とNos基とDNs基
  9. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  10. ビニル位炭素-水素結合への形式的分子内カルベン挿入

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP