サプリメント

アントシアニン / anthocyanin

アントシアニン(anthocyanin)

ポリフェノールの一種。抗酸化作用を示す。

  • 用途・歴史

ブルーベリーエキスの有効成分。

  • 関連文献

  • 関連書籍&商品

[amazonjs asin=”B000FP35RK” locale=”JP” title=”DHC ブルーベリーエキス (60日分) 120粒”][amazonjs asin=”B005VDDEOA” locale=”JP” title=”小林製薬の栄養補助食品 ブルーベリー お徳用 約60日分 60粒”][amazonjs asin=”4767960878″ locale=”JP” title=”アントシアニン―食品の色と健康”][amazonjs asin=”4767961424″ locale=”JP” title=”アントシアニンの科学―生理機能・製品開発への新展開”][amazonjs asin=”4434172476″ locale=”JP” title=”ぼけを防ぎ、長寿を保つ健康法 〜その鍵は脳の栄養にあり〜 (Parade books)”]
  • 関連リンク

アントシアニン – Wikipedia

Anthocyanin – Wikipedia

Avatar photo

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. メラトニン melatonin
  2. パクリタキセル(タキソール) paclitaxel(TAXOL)…
  3. ダイヤモンドライクカーボン
  4. アスピリン あすぴりん aspirin 
  5. キセノン (xenon; Xe)
  6. ノビリシチンA Nobilisitine A
  7. ブラシノステロイド (brassinosteroid)
  8. チエナマイシン /thienamycin

注目情報

ピックアップ記事

  1. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に
  2. 第9回 野依フォーラム若手育成塾
  3. 化学者のためのエレクトロニクス講座~電解で起こる現象編~
  4. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  5. BO triple bond
  6. セブンシスターズについて② ~世を統べる資源会社~
  7. 最近の有機化学論文2
  8. UCリアクター「UCR-150N」:冷媒いらずで-100℃!
  9. センチメートルサイズで均一の有機分子薄膜をつくる!”シンプル イズ ザ ベスト”の極意
  10. ケミカルタイムズ 紹介記事シリーズ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2011年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

(出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

光触媒でエステルを多電子還元する

第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP