[スポンサーリンク]

サプリメント

アントシアニン / anthocyanin

[スポンサーリンク]

アントシアニン(anthocyanin)

ポリフェノールの一種。抗酸化作用を示す。

  • 用途・歴史

ブルーベリーエキスの有効成分。

  • 関連文献

  • 関連書籍&商品

  • 関連リンク

アントシアニン – Wikipedia

Anthocyanin – Wikipedia

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ボンビコール /bombykol
  2. 水 (water, dihydrogen monoxide)
  3. ブレオマイシン /Bleomycin
  4. ペニシリン ぺにしりん penicillin
  5. アスタキサンチン (astaxanthin)
  6. パクリタキセル(タキソール) paclitaxel(TAXOL)…
  7. シアノスター Cyanostar
  8. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ
  2. 有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号
  3. 第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授
  4. 第85回―「オープン・サイエンス潮流の推進」Cameron Neylon教授
  5. 新たな青色発光素子 京大化学研教授ら発見
  6. 研究助成金を獲得する秘訣
  7. π⊥ back bonding; 逆供与でπ結合が強くなる?!
  8. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification
  9. 高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?
  10. tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2011年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP