[スポンサーリンク]


アルドール

  1. 多置換ケトンエノラートを立体選択的につくる

    α位に異なる二つの置換基をもつエノラートは、カルボニル化合物やイミン等の求電子剤への付加や、O-アリル化に続くClaisen転位反応によって不斉四級炭素を構築できるため、合成的価値が高い合成反応です(図 1)。…

  2. チアゾリジンチオン

    (さらに…)…

  3. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

    概要オキサゾリジノン不斉補助基をもつ求核剤をアルデヒドに反応させ、不斉アルドール反応を行う手法。…

  4. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction

    概要LDAなどの強塩基によってドナー側カルボニル化合物のα位を完全に脱プロトン化…

  5. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol Reaction

    概要カルボニル化合物から生じるエノラートもしくはエノール種がアルデヒド/ケトンへ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 春田 正毅 Masatake Haruta
  2. メビウス芳香族性 Mobius aromacity
  3. 金沢ふるさと偉人館
  4. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される
  5. 第45回BMSコンファレンス参加者募集
  6. 有機色素の自己集合を利用したナノ粒子の配列
  7. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-

注目情報

最新記事

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

PAGE TOP