[スポンサーリンク]

E

エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

アルデヒド→アルコール

概要

キラルオキサゾリジノン補助基をもつ求核剤をアルデヒドに反応させ、不斉アルドール反応を行う方法。もっともポピュラーなものはフェニルアラニンもしくはバリン由来のキラル補助基を用いる手法である。

当量のキラル源を必要とし、補助基の脱着過程が必要になる点がデメリット。しかしながら非常に信頼性が高く、通常はメリットの方が遙かに大きい。特にボロントリフラートを用いる”Evans-syn”の手法は選択性発現の例外がほとんど無く、炭素-炭素結合をほぼ完璧な立体選択性にて形成できる。大量合成も可能なため、不斉全合成の初期段階にも頻用される。

天然物合成、特に鎖状・マクロライド系化合物の合成研究には、ほぼ定石扱いとして用いられる強力な手法である。

基本文献

  • Evans, D. A.; Vogel, E.; Nelson, J. V. J. Am. Chem. Soc. 1979, 101, 6120. DOI: 10.1021/ja00514a045
  • Evans, D. A.; Bartroli, J.; Shih, T. L. J. Am. Chem. Soc.1981, 103, 2127. DOI: 10.1021/ja00398a058
  • Evans, D. A. Aldrichimica Acta 1982, 15, 23.
  • Kim, B. M. et al. Comp. Org. Syn. 19912, 239.
  • Review: Evans, D. A. et al. Actualite Chimique, 2003, 35.

 

反応機構

ボロントリフラート(ルイス酸)によって活性化されたイミドα位プロトンが、トリエチルアミンによって引き抜かれ、Zのボロンエノラートが生成する。これとアルデヒドが6員環遷移状態をとって反応し、syn体の生成物(Evans-syn)を与える。キラル補助基はカルボニル基同士の双極子反発を避けるため、図の[]内に示す方向を向いた状態で反応すると考えられている。(参考:J.Am. Chem. Soc. 1981,103, 3099)
evans_aldol_2.gif

反応例

ルイス酸・キラル補助基の組み合わせを変更することで、考え得る全ての立体化学を持つEvansアルドール体が合成可能なことが報告されている[1][2][3]。この立体選択性は、取り得る六員環遷移状態の形状の相違で説明される。すなわち、補助基の種類および金属の配位数(キレート能)の違いによって、補助基の立体配座が異なってくる。
evans_aldol_3.gif
オキサゾリジンキラル補助基は、様々な官能基に容易に変換可能。特にWeinrebアミドへと変換する条件は有用性が高い。
evans_aldol_4.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] “Non-Evans Syn”: (a) Crimmins M. T., King B. W., Tabet A. E. J. Am. Chem. Soc. 1997, 119, 7883. doi:10.1021/ja9716721
(b) Crimmins M. T., Chaudhary K. Org. Lett. 20002, 775. doi:10.1021/ol9913901
(c) Crimmins M.T.; King B.W.; Tabet E.A.; Chaudhary K. J. Org. Chem. 2001, 66, 894. doi: 10.1021/jo001387r

[2] “Non-Evans Anti” & “Evans Anti”: Evans D.A.; Tedrow J.S.; Shaw J.T.; Downey C.W.; J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 392. doi: 10.1021/ja0119548

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ボロン酸触媒によるアミド形成 Amide Formation C…
  2. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reactio…
  3. ピクテ・スペングラー反応 Pictet-Spengler Rea…
  4. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Syn…
  5. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synt…
  6. 二酸化セレン Selenium Dioxide
  7. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reage…
  8. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Me…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. GRE Chemistry
  2. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-triazine
  3. トーマス・トーレス Tomas Torres
  4. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より
  5. 直接クプラート化によるフルオロアルキル銅錯体の形成と応用
  6. ノーベル博物館
  7. ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-Zelinsky Reaction
  8. 【追悼企画】鋭才有機合成化学者ーProf. David Gin
  9. 2005年6月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  10. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

PAGE TOP