[スポンサーリンク]

E

エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

アルデヒド→アルコール

概要

キラルオキサゾリジノン補助基をもつ求核剤をアルデヒドに反応させ、不斉アルドール反応を行う方法。もっともポピュラーなものはフェニルアラニンもしくはバリン由来のキラル補助基を用いる手法である。

当量のキラル源を必要とし、補助基の脱着過程が必要になる点がデメリット。しかしながら非常に信頼性が高く、通常はメリットの方が遙かに大きい。特にボロントリフラートを用いる”Evans-syn”の手法は選択性発現の例外がほとんど無く、炭素-炭素結合をほぼ完璧な立体選択性にて形成できる。大量合成も可能なため、不斉全合成の初期段階にも頻用される。

天然物合成、特に鎖状・マクロライド系化合物の合成研究には、ほぼ定石扱いとして用いられる強力な手法である。

基本文献

  • Evans, D. A.; Vogel, E.; Nelson, J. V. J. Am. Chem. Soc. 1979, 101, 6120. DOI: 10.1021/ja00514a045
  • Evans, D. A.; Bartroli, J.; Shih, T. L. J. Am. Chem. Soc.1981, 103, 2127. DOI: 10.1021/ja00398a058
  • Evans, D. A. Aldrichimica Acta 1982, 15, 23.
  • Kim, B. M. et al. Comp. Org. Syn. 19912, 239.
  • Review: Evans, D. A. et al. Actualite Chimique, 2003, 35.

 

反応機構

ボロントリフラート(ルイス酸)によって活性化されたイミドα位プロトンが、トリエチルアミンによって引き抜かれ、Zのボロンエノラートが生成する。これとアルデヒドが6員環遷移状態をとって反応し、syn体の生成物(Evans-syn)を与える。キラル補助基はカルボニル基同士の双極子反発を避けるため、図の[]内に示す方向を向いた状態で反応すると考えられている。(参考:J.Am. Chem. Soc. 1981,103, 3099)
evans_aldol_2.gif

反応例

ルイス酸・キラル補助基の組み合わせを変更することで、考え得る全ての立体化学を持つEvansアルドール体が合成可能なことが報告されている[1][2][3]。この立体選択性は、取り得る六員環遷移状態の形状の相違で説明される。すなわち、補助基の種類および金属の配位数(キレート能)の違いによって、補助基の立体配座が異なってくる。
evans_aldol_3.gif
オキサゾリジンキラル補助基は、様々な官能基に容易に変換可能。特にWeinrebアミドへと変換する条件は有用性が高い。
evans_aldol_4.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] “Non-Evans Syn”: (a) Crimmins M. T., King B. W., Tabet A. E. J. Am. Chem. Soc. 1997, 119, 7883. doi:10.1021/ja9716721
(b) Crimmins M. T., Chaudhary K. Org. Lett. 20002, 775. doi:10.1021/ol9913901
(c) Crimmins M.T.; King B.W.; Tabet E.A.; Chaudhary K. J. Org. Chem. 2001, 66, 894. doi: 10.1021/jo001387r

[2] “Non-Evans Anti” & “Evans Anti”: Evans D.A.; Tedrow J.S.; Shaw J.T.; Downey C.W.; J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 392. doi: 10.1021/ja0119548

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxid…
  2. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Trans…
  3. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler…
  4. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  5. 野依不斉水素化反応 Noyori Asymmetric Hydr…
  6. ライセルト インドール合成 Reissert Indole Sy…
  7. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Me…
  8. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 未来社会創造事業
  2. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!
  3. ルボトム酸化 Rubottom Oxidation
  4. 研究者よ景色を描け!
  5. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  6. IGZO
  7. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine
  8. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton
  9. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ
  10. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP