[スポンサーリンク]

E

エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

アルデヒド→アルコール

概要

キラルオキサゾリジノン補助基をもつ求核剤をアルデヒドに反応させ、不斉アルドール反応を行う方法。もっともポピュラーなものはフェニルアラニンもしくはバリン由来のキラル補助基を用いる手法である。

当量のキラル源を必要とし、補助基の脱着過程が必要になる点がデメリット。しかしながら非常に信頼性が高く、通常はメリットの方が遙かに大きい。特にボロントリフラートを用いる”Evans-syn”の手法は選択性発現の例外がほとんど無く、炭素-炭素結合をほぼ完璧な立体選択性にて形成できる。大量合成も可能なため、不斉全合成の初期段階にも頻用される。

天然物合成、特に鎖状・マクロライド系化合物の合成研究には、ほぼ定石扱いとして用いられる強力な手法である。

基本文献

  • Evans, D. A.; Vogel, E.; Nelson, J. V. J. Am. Chem. Soc. 1979, 101, 6120. DOI: 10.1021/ja00514a045
  • Evans, D. A.; Bartroli, J.; Shih, T. L. J. Am. Chem. Soc.1981, 103, 2127. DOI: 10.1021/ja00398a058
  • Evans, D. A. Aldrichimica Acta 1982, 15, 23.
  • Kim, B. M. et al. Comp. Org. Syn. 19912, 239.
  • Review: Evans, D. A. et al. Actualite Chimique, 2003, 35.

 

反応機構

ボロントリフラート(ルイス酸)によって活性化されたイミドα位プロトンが、トリエチルアミンによって引き抜かれ、Zのボロンエノラートが生成する。これとアルデヒドが6員環遷移状態をとって反応し、syn体の生成物(Evans-syn)を与える。キラル補助基はカルボニル基同士の双極子反発を避けるため、図の[]内に示す方向を向いた状態で反応すると考えられている。(参考:J.Am. Chem. Soc. 1981,103, 3099)
evans_aldol_2.gif

反応例

ルイス酸・キラル補助基の組み合わせを変更することで、考え得る全ての立体化学を持つEvansアルドール体が合成可能なことが報告されている[1][2][3]。この立体選択性は、取り得る六員環遷移状態の形状の相違で説明される。すなわち、補助基の種類および金属の配位数(キレート能)の違いによって、補助基の立体配座が異なってくる。
evans_aldol_3.gif
オキサゾリジンキラル補助基は、様々な官能基に容易に変換可能。特にWeinrebアミドへと変換する条件は有用性が高い。
evans_aldol_4.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] “Non-Evans Syn”: (a) Crimmins M. T., King B. W., Tabet A. E. J. Am. Chem. Soc. 1997, 119, 7883. doi:10.1021/ja9716721
(b) Crimmins M. T., Chaudhary K. Org. Lett. 20002, 775. doi:10.1021/ol9913901
(c) Crimmins M.T.; King B.W.; Tabet E.A.; Chaudhary K. J. Org. Chem. 2001, 66, 894. doi: 10.1021/jo001387r

[2] “Non-Evans Anti” & “Evans Anti”: Evans D.A.; Tedrow J.S.; Shaw J.T.; Downey C.W.; J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 392. doi: 10.1021/ja0119548

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 環化異性化反応 Cycloisomerization
  2. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rul…
  3. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  4. ロッセン転位 Lossen Rearrangement
  5. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Tri…
  6. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ket…
  7. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  8. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophen…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2009年10大分子発表!
  2. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入
  3. 2009年ノーベル化学賞『リボソームの構造と機能の解明』
  4. 軸不斉のRとS
  5. 顕微鏡で有機化合物のカタチを決める!
  6. 高脂血症治療薬の開発に着手 三和化学研究所
  7. トリニトロトルエン / Trinitrotoluene (TNT)
  8. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復
  9. ストーク エナミン Stork Enamine
  10. 有機アジド(3):アジド導入反応剤

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP