[スポンサーリンク]

E

エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

アルデヒド→アルコール

概要

キラルオキサゾリジノン補助基をもつ求核剤をアルデヒドに反応させ、不斉アルドール反応を行う方法。もっともポピュラーなものはフェニルアラニンもしくはバリン由来のキラル補助基を用いる手法である。

当量のキラル源を必要とし、補助基の脱着過程が必要になる点がデメリット。しかしながら非常に信頼性が高く、通常はメリットの方が遙かに大きい。特にボロントリフラートを用いる”Evans-syn”の手法は選択性発現の例外がほとんど無く、炭素-炭素結合をほぼ完璧な立体選択性にて形成できる。大量合成も可能なため、不斉全合成の初期段階にも頻用される。

天然物合成、特に鎖状・マクロライド系化合物の合成研究には、ほぼ定石扱いとして用いられる強力な手法である。

基本文献

  • Evans, D. A.; Vogel, E.; Nelson, J. V. J. Am. Chem. Soc. 1979, 101, 6120. DOI: 10.1021/ja00514a045
  • Evans, D. A.; Bartroli, J.; Shih, T. L. J. Am. Chem. Soc.1981, 103, 2127. DOI: 10.1021/ja00398a058
  • Evans, D. A. Aldrichimica Acta 1982, 15, 23.
  • Kim, B. M. et al. Comp. Org. Syn. 19912, 239.
  • Review: Evans, D. A. et al. Actualite Chimique, 2003, 35.

 

反応機構

ボロントリフラート(ルイス酸)によって活性化されたイミドα位プロトンが、トリエチルアミンによって引き抜かれ、Zのボロンエノラートが生成する。これとアルデヒドが6員環遷移状態をとって反応し、syn体の生成物(Evans-syn)を与える。キラル補助基はカルボニル基同士の双極子反発を避けるため、図の[]内に示す方向を向いた状態で反応すると考えられている。(参考:J.Am. Chem. Soc. 1981,103, 3099)
evans_aldol_2.gif

反応例

ルイス酸・キラル補助基の組み合わせを変更することで、考え得る全ての立体化学を持つEvansアルドール体が合成可能なことが報告されている[1][2][3]。この立体選択性は、取り得る六員環遷移状態の形状の相違で説明される。すなわち、補助基の種類および金属の配位数(キレート能)の違いによって、補助基の立体配座が異なってくる。
evans_aldol_3.gif
オキサゾリジンキラル補助基は、様々な官能基に容易に変換可能。特にWeinrebアミドへと変換する条件は有用性が高い。
evans_aldol_4.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] “Non-Evans Syn”: (a) Crimmins M. T., King B. W., Tabet A. E. J. Am. Chem. Soc. 1997, 119, 7883. doi:10.1021/ja9716721
(b) Crimmins M. T., Chaudhary K. Org. Lett. 20002, 775. doi:10.1021/ol9913901
(c) Crimmins M.T.; King B.W.; Tabet E.A.; Chaudhary K. J. Org. Chem. 2001, 66, 894. doi: 10.1021/jo001387r

[2] “Non-Evans Anti” & “Evans Anti”: Evans D.A.; Tedrow J.S.; Shaw J.T.; Downey C.W.; J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 392. doi: 10.1021/ja0119548

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demer…
  2. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefinatio…
  3. バージェス試薬 Burgess Reagent
  4. ベンジル酸転位 Benzilic Acid Rearrangem…
  5. トロスト酸化 Trost Oxidation
  6. 芳香族求核置換反応 Nucleophilic Aromatic …
  7. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromat…
  8. ベティ反応 Betti Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 凸版印刷、有機ELパネル開発
  2. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?
  3. 科研費の審査員を経験して
  4. ケイ素置換gem-二クロムメタン錯体の反応性と触媒作用
  5. 日本のお家芸、糖転移酵素を触媒とするための簡便糖ドナー合成法
  6. ケムステスタッフ徹底紹介!
  7. スティーブン・レイ Steven V. Ley
  8. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay
  9. 長寿企業に学ぶたゆまぬ努力と挑戦
  10. 水素結合の発見者は誰?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

ピリドキサール生体模倣触媒によるアリールN-ホスフィニルイミン類とグリシン類の不斉マンニッヒ反応が報…

PAGE TOP