[スポンサーリンク]

E

エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

アルデヒド→アルコール

概要

キラルオキサゾリジノン補助基をもつ求核剤をアルデヒドに反応させ、不斉アルドール反応を行う方法。もっともポピュラーなものはフェニルアラニンもしくはバリン由来のキラル補助基を用いる手法である。

当量のキラル源を必要とし、補助基の脱着過程が必要になる点がデメリット。しかしながら非常に信頼性が高く、通常はメリットの方が遙かに大きい。特にボロントリフラートを用いる”Evans-syn”の手法は選択性発現の例外がほとんど無く、炭素-炭素結合をほぼ完璧な立体選択性にて形成できる。大量合成も可能なため、不斉全合成の初期段階にも頻用される。

天然物合成、特に鎖状・マクロライド系化合物の合成研究には、ほぼ定石扱いとして用いられる強力な手法である。

基本文献

  • Evans, D. A.; Vogel, E.; Nelson, J. V. J. Am. Chem. Soc. 1979, 101, 6120. DOI: 10.1021/ja00514a045
  • Evans, D. A.; Bartroli, J.; Shih, T. L. J. Am. Chem. Soc.1981, 103, 2127. DOI: 10.1021/ja00398a058
  • Evans, D. A. Aldrichimica Acta 1982, 15, 23.
  • Kim, B. M. et al. Comp. Org. Syn. 19912, 239.
  • Review: Evans, D. A. et al. Actualite Chimique, 2003, 35.

 

反応機構

ボロントリフラート(ルイス酸)によって活性化されたイミドα位プロトンが、トリエチルアミンによって引き抜かれ、Zのボロンエノラートが生成する。これとアルデヒドが6員環遷移状態をとって反応し、syn体の生成物(Evans-syn)を与える。キラル補助基はカルボニル基同士の双極子反発を避けるため、図の[]内に示す方向を向いた状態で反応すると考えられている。(参考:J.Am. Chem. Soc. 1981,103, 3099)
evans_aldol_2.gif

反応例

ルイス酸・キラル補助基の組み合わせを変更することで、考え得る全ての立体化学を持つEvansアルドール体が合成可能なことが報告されている[1][2][3]。この立体選択性は、取り得る六員環遷移状態の形状の相違で説明される。すなわち、補助基の種類および金属の配位数(キレート能)の違いによって、補助基の立体配座が異なってくる。
evans_aldol_3.gif
オキサゾリジンキラル補助基は、様々な官能基に容易に変換可能。特にWeinrebアミドへと変換する条件は有用性が高い。
evans_aldol_4.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] “Non-Evans Syn”: (a) Crimmins M. T., King B. W., Tabet A. E. J. Am. Chem. Soc. 1997, 119, 7883. doi:10.1021/ja9716721
(b) Crimmins M. T., Chaudhary K. Org. Lett. 20002, 775. doi:10.1021/ol9913901
(c) Crimmins M.T.; King B.W.; Tabet E.A.; Chaudhary K. J. Org. Chem. 2001, 66, 894. doi: 10.1021/jo001387r

[2] “Non-Evans Anti” & “Evans Anti”: Evans D.A.; Tedrow J.S.; Shaw J.T.; Downey C.W.; J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 392. doi: 10.1021/ja0119548

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis
  2. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process f…
  3. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamm…
  4. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for B…
  5. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride E…
  6. ヒドロメタル化 Hydrometalation
  7. 秋山・寺田触媒 Akiyama-Terada Catalyst
  8. マーデルング インドール合成 Madelung Indole S…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 魅惑の薫り、漂う香り、つんざく臭い
  2. シェリル・サイ Shiou-Chuan (Sheryl) Tsai
  3. セブンシスターズについて① ~世を統べる資源会社~
  4. サリチル酸 (salicylic acid)
  5. 富山化学とエーザイ 抗リウマチ薬(DMARD)T-614を国内申請
  6. ウコンの成分「クルクミン」自体に効果はない?
  7. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Partial Reduction of Esters, Amides nad Nitriles with Metal Hydride
  8. 存命化学者達のハーシュ指数ランキングが発表
  9. 稲垣伸二 Shinji Inagaki
  10. ラウリマライドの全合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP