[スポンサーリンク]

archives

チアゾリジンチオン

[スポンサーリンク]

mfcd038447971.gif

【Aldrich 】
チアゾリジンチオン:(S)-4-Isopropylthiazolidine-2-thione
分子量;161.29
 CAS: 76186-04-4
製品コード: 39933
値段: 500 mg 22,200 円 (2008.10.22 現在)
用途: 不斉補助基
説明: チタニウムエノラートによるアセテートアルドール反応は高ジアステレオ選択性を示します。1当量の sparteineを添加すると、アルドール生成物としてsyn体が、2当量の塩基を用いるとanti体が優先的に得られる。
文献:Hodge, M. B.; Olivo, H. F. Tetrahedron 2004, 69, 9397.
その他の化学不斉補助基:新しい不斉補助剤

関連記事

  1. 高分子マテリアルズ・インフォマティクスのための分子動力学計算自動…
  2. 【8月開催】マイクロ波化学のQ&A付きセミナー
  3. Gabriel試薬類縁体
  4. ケムステ国際版・中国語版始動!
  5. マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎
  6. ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研…
  7. ケムステの記事が3650記事に到達!
  8. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ” 京薬大准教授ら
  2. Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された
  3. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?
  4. 分子構造を 3D で観察しよう (3):新しい見せ方
  5. 第一製薬、仏サノフィに脳梗塞予防薬の営業権を返還
  6. なんだこの黒さは!光触媒効率改善に向け「進撃のチタン」
  7. ムスカリン muscarine
  8. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  9. バリー・ハリウェル Barry Halliwell
  10. ヘキサニトロヘキサアザイソウルチタン / Hexanitrohexaazaisowurtzitane (HNIW)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP