[スポンサーリンク]

archives

チアゾリジンチオン

[スポンサーリンク]

mfcd038447971.gif

【Aldrich 】
チアゾリジンチオン:(S)-4-Isopropylthiazolidine-2-thione
分子量;161.29
 CAS: 76186-04-4
製品コード: 39933
値段: 500 mg 22,200 円 (2008.10.22 現在)
用途: 不斉補助基
説明: チタニウムエノラートによるアセテートアルドール反応は高ジアステレオ選択性を示します。1当量の sparteineを添加すると、アルドール生成物としてsyn体が、2当量の塩基を用いるとanti体が優先的に得られる。
文献:Hodge, M. B.; Olivo, H. F. Tetrahedron 2004, 69, 9397.
その他の化学不斉補助基:新しい不斉補助剤
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ノーベル化学賞への道公開
  2. リチウムイオン電池正極材料の開発動向
  3. 安全なジアゾメタン原料
  4. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…
  5. BTQBT : BTQBT
  6. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tet…
  7. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diio…
  8. 向山酸化剤

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法
  2. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee
  3. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング
  4. オルガテクノ大賞2005受賞者決定!
  5. 八島栄次 Eiji Yashima
  6. 可視光酸化還元触媒 Visible Light Photoredox Catalyst
  7. 神谷 信夫 Nobuo Kamiya
  8. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御
  9. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  10. アステラス病態代謝研究会 2018年度助成募集

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP