[スポンサーリンク]

archives

チアゾリジンチオン

[スポンサーリンク]

mfcd038447971.gif

【Aldrich 】
チアゾリジンチオン:(S)-4-Isopropylthiazolidine-2-thione
分子量;161.29
 CAS: 76186-04-4
製品コード: 39933
値段: 500 mg 22,200 円 (2008.10.22 現在)
用途: 不斉補助基
説明: チタニウムエノラートによるアセテートアルドール反応は高ジアステレオ選択性を示します。1当量の sparteineを添加すると、アルドール生成物としてsyn体が、2当量の塩基を用いるとanti体が優先的に得られる。
文献:Hodge, M. B.; Olivo, H. F. Tetrahedron 2004, 69, 9397.
その他の化学不斉補助基:新しい不斉補助剤

関連記事

  1. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  2. ODOOSをリニューアル!
  3. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline
  4. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  5. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  6. テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetr…
  7. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethyls…
  8. SelectfluorR

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 長井長義の日記など寄贈 明治の薬学者、徳島大へ
  2. 暑いほどエコな太陽熱冷房
  3. 鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~
  4. 有機合成者でもわかる結晶製品生産の最適化と晶析操作【終了】
  5. 有機アジド(4)ー芳香族アジド化合物の合成
  6. 逆電子要請型DAでレポーター分子を導入する
  7. ホウ素と窒素固定のおはなし
  8. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる 第2回
  9. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  10. カラムやって

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP