[スポンサーリンク]


オレフィンメタセシス

  1. 光有機触媒で開環メタセシス重合

    みなさんは開環メタセシス重合(ROMP : Ring-opening metathesis polymerization)をご存知でしょうか?その名の通り、2005年のノーベル賞受賞反応である“開環メタセシス反応”を使って“ポリマー…

  2. 向かう所敵なし?オレフィンメタセシス

    先日、フランスの化学者イヴ・ショーヴァンが亡くなりました。近年の有機合成化学に革命をもたらした有機反…

  3. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin

    イヴ・ショーヴァン(Yves Chauvin、1930年10月10日 -2015年1月28日)は、フ…

  4. リチャード・シュロック Richard R. Schrock

    リチャード・ロイス・シュロック(Richard Royce Schrock、1945年1月4日(バー…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 日本にノーベル賞が来る理由
  2. Reaxys Ph.D Prize 2014受賞者決定!
  3. ナトリウム Sodium -食塩やベーキングパウダーに使用
  4. 次世代シーケンサー活用術〜トップランナーの最新研究事例に学ぶ〜
  5. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価
  6. ゲームプレイヤーがNatureの論文をゲット!?
  7. クラレが防湿フィルム開発の米ベンチャー企業と戦略的パートナーシップ

注目情報

最新記事

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

PAGE TOP