[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

スコット・ミラー Scott J. Miller

スコット・ミラー (Scott J. Miller、1966年12月11日-)はアメリカの有機化学者である。

経歴

1989 ハーバード大学卒業
1994 ハーバード大学博士課程修了 (David Evans教授)
1994-1996 カリフォルニア工科大学博士研究員 (Robert Grubbs教授)
1996-2001 ボストンカレッジ助教授
2001-2002 ボストンカレッジ准教授
2002-2006 ボストンカレッジ教授
2006- エール大学教授
2008- Irenee du Pont Professor of Chemistry

受賞歴

1986-1989- Harvard College Scholarship
1989- Thomas T. Hoopes Prize for Outstanding Senior Thesis,  Harvard College
1989-1992- National Science Foundation Predoctoral Fellowship?
1994-1996- National Science Foundation Postdoctoral Fellowship
1998- Research Innovation Award of Research Corporation
1999-2002- National Science Foundation CAREER Award
1999- Cottrell Scholar Award of Research Corporation
2000-2007- Merck Chemistry Council Awards
2000- Eli Lilly Grantee Award
2000- Glaxo-Wellcome Chemistry Scholar Award
2000- DuPont Young Professor Award
2000- Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
2000- Alfred P. Sloan Research Fellowship
2003- Pfizer Award for Creativity in Organic Chemistry
2004- Arthur C. Cope Scholar Award, American Chemical Society(コープ賞)
2005- Robert Burns Woodward Visiting Scholar, Harvard University
2006- Boehringer-Ingelheim Cares Foundation Unrestricted Research Grant
2009- Yoshimasa Hirata Memorial Gold Medal, Nagoya University (平田義正メモリアルレクチャー賞)
2011- National Institutes of Health MERIT Award
2012- Fellow of the American Association for the Advancement of Science
2016 ACS Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry

 

研究概要

ハーバード大Evans研究室で主に不斉触媒反応(ビスオキサゾリジンー銅錯体を利用したDiels-Alder反応)[1]の開発に従事し、Ph.Dを取得する。1994年、カリフォルニア工科大学のR. H. Grubbs研究室で博士研究員となり、主にRCM反応による環状ペプチドの合成を行う[2]。1996年にボストンカレッジでポストを得た後、オリゴペプチド型触媒を用いた不斉触媒反応に着手。1998年にトリペプチド触媒を用いた、不斉アシル化反応を報告した[3]。現プリンストン大学Macmillan教授らとともに有機分子触媒の先駆けとなる研究となっている。アシル化反応の際に生じる酢酸が生じることから、酸によって蛍光を発するアミノメチルアントラセンと触媒を樹脂で固定化し、それを用いて活性のある触媒が蛍光を発生することを確認することで効率的に活性のある触媒を確認する方法を開発した[4]。

また、イノシトール誘導体の選択的なホスホリル化触媒を開発することにより、短段階でのD-myo-Inositol-1-Phosphateの全合成を達成している[5]。

scott1.gif
イノシトール誘導体の選択的なホスホリル化

その後も、プロリンとオリゴペプチドを混合したデュアル触媒を用いた不斉森田ーBaylis-Hillman反応[6]、オリゴペプチド触媒を用いた遠隔非対称化反応[7]、エリスロマイシンAの選択的アシル化反応[8]、アスパラギン酸ペプチド触媒による不斉エポキシ化反応[9]など、マイルドな条件、独自のアプローチで多数の興味深い有機不斉触媒反応の開発を行っている。

Scott2.gif
オリゴペプチド触媒を用いた遠隔非対称化反応

引き続きペプチド触媒に注力し、最近ではペプチド触媒による不斉ブロモ化によるビアリール化合物の速度論的分割(2010年)[10]、1,3-ジオールの不斉スルホン化による非対称化(2009年)[11]、ポリエンの位置選択的エポキシ化反応(2012年)[12]の開発に成功している

コメント

  1. 現在エール大学教授であり、2004年にはコープ賞、2009年にはDu bois,Baran、Seebargerなど若手のカリスマ性のある化学者が受賞している平田義正メモリアル賞を受賞し、若手から中堅にかけての世界的に代表する有機化学者となっている。
  2. 多くの著名な有機化学者が受賞しているACS Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistryの受賞が決定した(2016年8月)。

 

関連文献

  1. Evans, D. A.; Miller, S. J.; Lectka, T.  J. Am. Chem. Soc. 1993, 115, 6460-6461.DOI: 10.1021/ja00067a091
  2. Miller, S. J.; Grubbs, R. H.  J. Am. Chem. Soc. 1995, 117, 5855-5856. DOI: 10.1021/ja00126a027
  3. Miller, S. J.; Copeland, G. T.; Papaioannou, N.; Horstmann, T. E.; Ruel, E. M. J. Am. Chem. Soc. 1998, 120, 1629-1630.
  4. Copeland, G. T.; Miller, S. J. J. Am. Chem. Soc. 1999, 121, 4306-4307.
  5. Sculimbrene, B. R.; Miller, S. J. J. Am. Chem. Soc. 2001, 123, 10125-10126. DOI: 10.1021/ja016779
  6. Imbriglio, J. E.; Vasbinder, M. M.; Miller, S. J. Org. Lett. 2003, 5, 3741-3743.
  7. Lewis, C. A.; Chiu, A.; Kubryk, M.; Balsells, J.; Pollard, D.; Esser, C. K.; Murry, J.; Reamer, R. A.; Hansen, K. B.; Miller, S. J.   J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 16454-16455.DOI: 10.1021/ja067840j
  8. Lewis, C. A.; Miller, S. J.   Angew. Chem. Int. Ed. 200645, 5616-5619.
  9. Peris, G.; Jakobsche, C. E.; Miller, S. J.  J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, 8710-8711. DOI: 10.1021/ja073055a
  10. Gustafson, J.; Lim, D.; Miller, S. J.  Science 2010328, 1251-1255. DOI: 10.1126/science.1188403
  11. Fiori, K. W.; Puchlopek, A. L. A.; Miller, S. J.  Nature Chem20091, 630-634. DOI: 10.1038/nchem.410
  12. Lichtor, P. A.; Miller, S. J. Nature Chem. 20124, 990-995.
  13. Barrett, K. T.; Metrano, A. J.; Rablen, P. R.; Miller, S. J. Nature 2014509, 71-75.

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ヨン・ピエール Jorn Piel
  2. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi
  3. ブルース・エイムス Bruce N. Ames
  4. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox
  5. 前田 浩 Hiroshi Maeda
  6. ジェームズ・ロスマン James Rothman
  7. 黒田 玲子 Reiko Kuroda
  8. フランク・グローリアス Frank Glorius

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  2. 創薬開発で使用される偏った有機反応
  3. 危険!DDT入りの蚊取り線香
  4. 有機反応を俯瞰する ー付加脱離
  5. π-アリルパラジウム錯体
  6. 有機合成化学協会誌2017年9月号:キラルケイ素・触媒反応・生体模倣反応・色素・開殻π造形
  7. ドミトリ・メンデレーエフの墓
  8. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成
  9. 光触媒の活性化機構の解明研究
  10. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet Chloroalkylation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イグ・ノーベル賞の世界展に行ってきました

本年のノーベル賞の発表の興奮も冷めやらぬ中、2008年にノーベル化学賞をご受賞された下村脩先生の訃報…

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

PAGE TOP