[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第21回ケムステVシンポ「Grubbs触媒が導く合成戦略」を開催します!

[スポンサーリンク]

第21回VシンポはVシンポ協賛企業の一つであるメルク株式会社の持ち込み企画です.視聴される側からすると特に代わりはないかもしれませんが,このような試みは初になります.このVシンポシリーズを1年以上にわたり支援していただき,外から見ても本企画が有用なプラットフォームであると評価してくださったからこそ実現したコラボレーションだと個人的には思っております.

さて,今回のテーマはGrubbs触媒です.2005年にノーベル賞を受賞したオレフィンメタセシスは反応発見から半世紀近く経った現在でもそれに代わる反応がないほど稀有な反応です.その応用範囲はポリマー,医薬品,天然物,ビルディングブロック合成など,有機合成分野と一言には言い切れないほど多岐に渡ります.反応のシンプルさと一般性は既存の合成戦略を根底から覆したと言っても過言ではないでしょう.特に全炭素の中ー大員環を効率よく合成する一般的な方法をオレフィンメタセシス以外に筆者は知りません.

今回のVシンポではそんなオレフィンメタセシスのラボスケールにおける複雑天然物全合成への応用と,商用化(主に製薬)におけるラージスケールでの活用事例について3人の講演者にお話いただきます.特に1人目の講演者のPhilip Wheeler氏はGrubbs教授と共に旧Materia社に所属していた研究者というオレフィンメタセシスのスペシャリストです.本シンポジウムは彼の所属するUmicore社とメルク株式会社の共協賛で実現しました.今回は日本時間に合わせていただき,カルフォルニア(朝2時)から講演いただきます.海外の講演者をVシンポにお招きするのも今回が初です.色々初な第21回Vシンポを是非お見逃しなく!

実施概要

第21回ケムステVシンポジウム「Grubbs触媒が導く合成戦略」

日時:2021年8月18日(水)午後6:00〜8:00
会場:オンライン(講演者はZoom使用・ YouTubeライブの限定URL配信(URLは開催前日および直前に配布)
定員:先着 2000名(途中参加・途中退出自由)
言語:日本語(Philip Wheelerの講演のみ英語,質疑は日本語)

講演者:(敬称略)
Philip Wheeler(Umicore PMC・Business Development Manager)「Industrial Applications of Olefin Metathesis」
西田 篤司
(千葉大学術研究 IMO・特任教授)「強力な合成ツールメタセシス:天然物合成にてどう使う?」
竹本 佳司
(京大院薬・教授)「Lyconesidine Bの全合成研究」

主催:Chem-Station
協賛:メルク株式会社ユミコアジャパン株式会社

ファシリテーター:苅田譲(MITポスドク・Chem-Stationスタッフ)
モデレーター:清川慎介(香港科技大學博士課程・Chem-Stationスタッフ),寄立麻琴(九大助教•Chem-Stationスタッフ)
参加登録:Connpassイベントページで行ってください・開始15分前まで受付利用ガイドはこちら

参加登録はこちら

参加費:無料
Twitterハッシュタグ:#ケムステVシンポ #Grubbs触媒

[形式等、留意事項]

・講演者方のスライドをZoomで画面共有し,YouTube Liveで配信する形式で講演を行っていただきます.

・質疑応答はYouTubeのチャットで行います.時間的制約があるので全ての質問は拾えませんが,ケムステスタッフがモデレータとして講演者に講演後に伝えていく形で執り行っていきます.質問は全て日本語で書き込んでいただいてOKです.

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のお知らせを御覧ください。

Merck

【Grubbs触媒を使いこなそう!】
Sigma-AldrichのMetathesis Application Guideは、Umicore PMC研究者の知見を盛り込んだメタセシス反応の最適化に役立つ実用的な情報を紹介しています。巻末には、反応ごとのGrubbs触媒セレクションガイド付き。
詳細はこちら⇒https://bit.ly/3BLl5VT_Metathesis_Guide
【8/31まで】プレゼントキャンペーン実施中!⇒https://bit.ly/3rEaZld_Campaign

Umicore

Umicoreは不斉水添用触媒(ML錯体)、NHC-PdBuchwald Palladacycle等のクロスカップリング用Pd触媒、メタセシス用Ru触媒等の最先端の高活性な均一系貴金属触媒を工業スケールで製造し、global marketで販売ご好評を得ております。この度はケムステにてGrubbs触媒を取り上げるとのことですので、Grubbs先生の弟子である弊社Philip Whelerから工業スケールでのメタセシス利用についてその実用性、有用性に付き、発表させて頂き、日本における工業スケールでのメタセシスの実施が欧米に後れを取らないよう促進を図りたく、今回のケムステに協賛いたしました。
▼均一系貴金属触媒のご紹介はこちら⇒https://pmc.umicore.com

公開動画(一部をアーカイブ化して公開しています)

関連記事

  1. 【書籍】アリエナイ化学実験の世界へ―『Mad Science―炎…
  2. クロう(苦労)の産物!Clionastatinsの合成
  3. 自宅で抽出実験も?自宅で使える理化学ガラス「リカシツ」
  4. 生体深部イメージングに有効な近赤外発光分子の開発
  5. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造
  6. 拡張Pummerer反応による簡便な直接ビアリール合成法
  7. ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?
  8. メタンガスと空気からメタノールを合成する

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ
  2. アレ?アレノン使えばノンラセミ化?!
  3. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  4. アマゾン・アレクサは化学者になれるか
  5. のむ発毛薬で五輪アウトに
  6. 固体NMR
  7. 【速報】2010年ノーベル物理学賞に英の大学教授2人
  8. 水島 公一 Koichi Mizushima
  9. 記事評価&コメントウィジェットを導入
  10. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

アスピリンから多様な循環型プラスチックを合成

第465回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院 総合医理工学研究科 高坂研究室の風間 茜(かざ…

第59回「希土類科学の楽しさを広めたい」長谷川靖哉 教授

第59回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年11月11日に開催された共催セミナーで弊…

第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

第58回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:準備・お手軽プリント編

オリジナルの実験器具を3Dプリンターで作る企画を始めました。第一弾として3Dプリンターの導入と試しに…

第16回日本化学連合シンポジウム「withコロナ時代における化学への期待」

およそ3年間に渡る新型コロナウイルス感染症の蔓延により、経済、文化、研究、社会活動のすべてが大きなダ…

アカデミアケミストがパパ育休を取得しました!

こんにちは、こんばんは、おはようございます、Macyこと九大院薬 助教の寄立麻琴です。タイトルに…

巧みに骨格構築!Daphgracilineの全合成

ユズリハアルカロイドであるdaphgracilineの全合成が初めて達成された。Type II 分子…

【四国化成ホールディングス】新卒採用情報(2024卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

部分酸化状態を有する純有機中性分子結晶の開発に初めて成功

第464回のスポットライトリサーチは、熊本大学 大学院自然科学教育部 理学専攻 化学コース 上田研究…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP