[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第21回ケムステVシンポ「Grubbs触媒が導く合成戦略」を開催します!

[スポンサーリンク]

第21回VシンポはVシンポ協賛企業の一つであるメルク株式会社の持ち込み企画です.視聴される側からすると特に代わりはないかもしれませんが,このような試みは初になります.このVシンポシリーズを1年以上にわたり支援していただき,外から見ても本企画が有用なプラットフォームであると評価してくださったからこそ実現したコラボレーションだと個人的には思っております.

さて,今回のテーマはGrubbs触媒です.2005年にノーベル賞を受賞したオレフィンメタセシスは反応発見から半世紀近く経った現在でもそれに代わる反応がないほど稀有な反応です.その応用範囲はポリマー,医薬品,天然物,ビルディングブロック合成など,有機合成分野と一言には言い切れないほど多岐に渡ります.反応のシンプルさと一般性は既存の合成戦略を根底から覆したと言っても過言ではないでしょう.特に全炭素の中ー大員環を効率よく合成する一般的な方法をオレフィンメタセシス以外に筆者は知りません.

今回のVシンポではそんなオレフィンメタセシスのラボスケールにおける複雑天然物全合成への応用と,商用化(主に製薬)におけるラージスケールでの活用事例について3人の講演者にお話いただきます.特に1人目の講演者のPhilip Wheeler氏はGrubbs教授と共に旧Materia社に所属していた研究者というオレフィンメタセシスのスペシャリストです.本シンポジウムは彼の所属するUmicore社とメルク株式会社の共協賛で実現しました.今回は日本時間に合わせていただき,カルフォルニア(朝2時)から講演いただきます.海外の講演者をVシンポにお招きするのも今回が初です.色々初な第21回Vシンポを是非お見逃しなく!

実施概要

第21回ケムステVシンポジウム「Grubbs触媒が導く合成戦略」

日時:2021年8月18日(水)午後6:00〜8:00
会場:オンライン(講演者はZoom使用・ YouTubeライブの限定URL配信(URLは開催前日および直前に配布)
定員:先着 2000名(途中参加・途中退出自由)
言語:日本語(Philip Wheelerの講演のみ英語,質疑は日本語)

講演者:(敬称略)
Philip Wheeler(Umicore PMC・Business Development Manager)「Industrial Applications of Olefin Metathesis」
西田 篤司
(千葉大学術研究 IMO・特任教授)「強力な合成ツールメタセシス:天然物合成にてどう使う?」
竹本 佳司
(京大院薬・教授)「Lyconesidine Bの全合成研究」

主催:Chem-Station
協賛:メルク株式会社ユミコアジャパン株式会社

ファシリテーター:苅田譲(MITポスドク・Chem-Stationスタッフ)
モデレーター:清川慎介(香港科技大學博士課程・Chem-Stationスタッフ),寄立麻琴(九大助教•Chem-Stationスタッフ)
参加登録:Connpassイベントページで行ってください・開始15分前まで受付利用ガイドはこちら

参加登録はこちら

参加費:無料
Twitterハッシュタグ:#ケムステVシンポ #Grubbs触媒

[形式等、留意事項]

・講演者方のスライドをZoomで画面共有し,YouTube Liveで配信する形式で講演を行っていただきます.

・質疑応答はYouTubeのチャットで行います.時間的制約があるので全ての質問は拾えませんが,ケムステスタッフがモデレータとして講演者に講演後に伝えていく形で執り行っていきます.質問は全て日本語で書き込んでいただいてOKです.

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のお知らせを御覧ください。

Merck

【Grubbs触媒を使いこなそう!】
Sigma-AldrichのMetathesis Application Guideは、Umicore PMC研究者の知見を盛り込んだメタセシス反応の最適化に役立つ実用的な情報を紹介しています。巻末には、反応ごとのGrubbs触媒セレクションガイド付き。
詳細はこちら⇒https://bit.ly/3BLl5VT_Metathesis_Guide
【8/31まで】プレゼントキャンペーン実施中!⇒https://bit.ly/3rEaZld_Campaign

Umicore

Umicoreは不斉水添用触媒(ML錯体)、NHC-PdBuchwald Palladacycle等のクロスカップリング用Pd触媒、メタセシス用Ru触媒等の最先端の高活性な均一系貴金属触媒を工業スケールで製造し、global marketで販売ご好評を得ております。この度はケムステにてGrubbs触媒を取り上げるとのことですので、Grubbs先生の弟子である弊社Philip Whelerから工業スケールでのメタセシス利用についてその実用性、有用性に付き、発表させて頂き、日本における工業スケールでのメタセシスの実施が欧米に後れを取らないよう促進を図りたく、今回のケムステに協賛いたしました。
▼均一系貴金属触媒のご紹介はこちら⇒https://pmc.umicore.com

公開動画(一部をアーカイブ化して公開しています)

関連記事

  1. (–)-Daphenezomine AとBの全合成
  2. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 2】
  3. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  4. 比色法の化学(前編)
  5. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質…
  6. アンモニアを用いた環境調和型2級アミド合成
  7. 6年越しで叶えた“海外と繋がる仕事がしたい”という夢
  8. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. バートン・ケロッグ反応 Barton-Kellogg Reaction
  2. 再生医療関連技術ーChemical Times特集より
  3. 【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編
  4. バニリン /Vanillin
  5. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule
  6. 【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!
  7. 振動円二色性スペクトル Vibrational Circular Dichroism (VCD) Spectrum
  8. 抗結核薬R207910の不斉合成
  9. スマホページをリニューアルしました
  10. 新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP