[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第21回ケムステVシンポ「Grubbs触媒が導く合成戦略」を開催します!

[スポンサーリンク]

第21回VシンポはVシンポ協賛企業の一つであるメルク株式会社の持ち込み企画です.視聴される側からすると特に代わりはないかもしれませんが,このような試みは初になります.このVシンポシリーズを1年以上にわたり支援していただき,外から見ても本企画が有用なプラットフォームであると評価してくださったからこそ実現したコラボレーションだと個人的には思っております.

さて,今回のテーマはGrubbs触媒です.2005年にノーベル賞を受賞したオレフィンメタセシスは反応発見から半世紀近く経った現在でもそれに代わる反応がないほど稀有な反応です.その応用範囲はポリマー,医薬品,天然物,ビルディングブロック合成など,有機合成分野と一言には言い切れないほど多岐に渡ります.反応のシンプルさと一般性は既存の合成戦略を根底から覆したと言っても過言ではないでしょう.特に全炭素の中ー大員環を効率よく合成する一般的な方法をオレフィンメタセシス以外に筆者は知りません.

今回のVシンポではそんなオレフィンメタセシスのラボスケールにおける複雑天然物全合成への応用と,商用化(主に製薬)におけるラージスケールでの活用事例について3人の講演者にお話いただきます.特に1人目の講演者のPhilip Wheeler氏はGrubbs教授と共に旧Materia社に所属していた研究者というオレフィンメタセシスのスペシャリストです.本シンポジウムは彼の所属するUmicore社とメルク株式会社の共協賛で実現しました.今回は日本時間に合わせていただき,カルフォルニア(朝2時)から講演いただきます.海外の講演者をVシンポにお招きするのも今回が初です.色々初な第21回Vシンポを是非お見逃しなく!

実施概要

第21回ケムステVシンポジウム「Grubbs触媒が導く合成戦略」

日時:2021年8月18日(水)午後6:00〜8:00
会場:オンライン(講演者はZoom使用・ YouTubeライブの限定URL配信(URLは開催前日および直前に配布)
定員:先着 2000名(途中参加・途中退出自由)
言語:日本語(Philip Wheelerの講演のみ英語,質疑は日本語)

講演者:(敬称略)
Philip Wheeler(Umicore PMC・Business Development Manager)「Industrial Applications of Olefin Metathesis」
西田 篤司
(千葉大学術研究 IMO・特任教授)「強力な合成ツールメタセシス:天然物合成にてどう使う?」
竹本 佳司
(京大院薬・教授)「Lyconesidine Bの全合成研究」

主催:Chem-Station
協賛:メルク株式会社ユミコアジャパン株式会社

ファシリテーター:苅田譲(MITポスドク・Chem-Stationスタッフ)
モデレーター:清川慎介(香港科技大學博士課程・Chem-Stationスタッフ),寄立麻琴(九大助教•Chem-Stationスタッフ)
参加登録:Connpassイベントページで行ってください・開始15分前まで受付利用ガイドはこちら

参加登録はこちら

参加費:無料
Twitterハッシュタグ:#ケムステVシンポ #Grubbs触媒

[形式等、留意事項]

・講演者方のスライドをZoomで画面共有し,YouTube Liveで配信する形式で講演を行っていただきます.

・質疑応答はYouTubeのチャットで行います.時間的制約があるので全ての質問は拾えませんが,ケムステスタッフがモデレータとして講演者に講演後に伝えていく形で執り行っていきます.質問は全て日本語で書き込んでいただいてOKです.

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のお知らせを御覧ください。

Merck

【Grubbs触媒を使いこなそう!】
Sigma-AldrichのMetathesis Application Guideは、Umicore PMC研究者の知見を盛り込んだメタセシス反応の最適化に役立つ実用的な情報を紹介しています。巻末には、反応ごとのGrubbs触媒セレクションガイド付き。
詳細はこちら⇒https://bit.ly/3BLl5VT_Metathesis_Guide
【8/31まで】プレゼントキャンペーン実施中!⇒https://bit.ly/3rEaZld_Campaign

Umicore

Umicoreは不斉水添用触媒(ML錯体)、NHC-PdBuchwald Palladacycle等のクロスカップリング用Pd触媒、メタセシス用Ru触媒等の最先端の高活性な均一系貴金属触媒を工業スケールで製造し、global marketで販売ご好評を得ております。この度はケムステにてGrubbs触媒を取り上げるとのことですので、Grubbs先生の弟子である弊社Philip Whelerから工業スケールでのメタセシス利用についてその実用性、有用性に付き、発表させて頂き、日本における工業スケールでのメタセシスの実施が欧米に後れを取らないよう促進を図りたく、今回のケムステに協賛いたしました。
▼均一系貴金属触媒のご紹介はこちら⇒https://pmc.umicore.com

関連記事

  1. ケムステ海外研究記 まとめ【地域別/目的別】
  2. as well asの使い方
  3. ボリルアジドを用いる直接的アミノ化
  4. メルマガ有機化学 (by 有機化学美術館) 刊行中!!
  5. 治療薬誕生なるか?ジカウイルスのアロステリック阻害剤開発
  6. 今度こそ目指せ!フェロモンでリア充生活
  7. アイディア創出のインセンティブ~KAKENデータベースの利用法
  8. 「温故知新」で医薬品開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 住友化学、Dow Chemical社から高分子有機EL用材料事業を買収
  2. 第35回構造有機化学討論会
  3. 自宅で抽出実験も?自宅で使える理化学ガラス「リカシツ」
  4. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu
  5. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も
  6. 第二回ケムステVシンポ「光化学へようこそ!」開催報告
  7. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization
  8. クラウド版オフィススイートを使ってみよう
  9. ディスコデルモライド /Discodermolide
  10. アスタチンを薬に使う!?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

結合をアリーヴェデルチ! Agarozizanol Bの全合成

セスキテルペンAgarozizanol Bの全合成が初めて達成された。光照射下で進行するカスケード反…

有機合成化学協会誌2022年1月号:無保護ケチミン・高周期典型金属・フラビン触媒・機能性ペプチド・人工核酸・脂質様材料

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年1月号がオンライン公開されました。本…

第167回―「バイオ原料の活用を目指した重合法の開発」John Spevacek博士

第167回の海外化学者インタビューは、ジョン・スペヴァセック博士です。Aspen Research社…

繊維強化プラスチックの耐衝撃性を凌ぐゴム材料を開発

名古屋大学大学院工学研究科有機・高分子化学専攻の 野呂 篤史講師らの研究グループは、日本ゼオンと共同…

反応化学の活躍できる場を広げたい!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー②】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP