[スポンサーリンク]


プレプリント

  1. ChemRxivへのプレプリント投稿・FAQ

    ケムステでも何度か取り上げている通り、化学系プレプリントが活用され始めています。とはいえプレプリントについての未知事項の多さも手伝ってか、活用を敬遠される方も少なくないようです。本記事では、プレプリントについての問い合わせが…

  2. 21世紀に入り「世界同時多発研究」は増加傾向に

    ケムステをはじめ、各所で取りざたされてきた「世界同時多発研究」。「一つのアイデアを思い付いたら、同じ…

  3. ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」

    およそ3000誌のジャーナル編集ポリシーをまとめたデータベース「Transpose」が、この6月に公…

  4. 世界5大化学会がChemRxivのサポーターに

    The American Chemical Society, the Gesellschaft De…

  5. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

    2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

  6. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定

スポンサー

ピックアップ記事

  1. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  2. 有機合成化学協会誌2020年3月号:電子欠損性ホウ素化合物・不斉Diels-Alder反応・ホヤの精子活性化誘引物質・選択的グリコシル化反応・固定化二元金属ナノ粒子触媒・連続フロー反応
  3. 日本科学未来館
  4. 小説『ラブ・ケミストリー』聖地巡礼してきた
  5. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II) Trifluoroacetate
  6. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-1
  7. 電子デバイス製造技術 ーChemical Times特集より

注目情報

最新記事

第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

第93回の海外化学者インタビューは、クリスティーナ・ラグナス教授です。クイーンズ大学ベルファスト校 …

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

PAGE TOP