[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」

[スポンサーリンク]

およそ3000誌のジャーナル編集ポリシーをまとめたデータベース「Transpose」が、この6月に公開されました。

ジャーナル毎に異なるがどうにも分かりづらい、プレプリント対応・査読システム・Co-reviewerの取扱いなどを見やすく比較参照できるため、論文投稿先を考える際に役立つデータベースだと思います。

化学系ジャーナルを調べてみた

まずはNature Chemistryのジャーナルポリシーを検索して見ましょう。こんな感じで出てきました。

論文がリジェクトされ、他のNature姉妹紙に転送された場合は、レフェリーコメントも同時に転送される、と書かれています。実際これはよく知られていますね。

もう少し下に進んでみましょう。へ~そうなんだ、と思える情報が見付かり、なかなか興味深いです。

・査読者は身分開示することが可能
・査読時に同僚の評価を得ている場合はエディターに相談。confidentialityを担保し、評価を貰った同僚の名前を最終的に提供する必要がある。
・プレプリント公開は投稿時初版のみ可能、査読後は6ヶ月間のEmbargoを設けること。

今度は触媒分野の専門ジャーナルACS Catalysisを眺めてみましょう。細々したところがNature Chemistryと違うのですが、項目別にまとめられているので、比較のもと理解が進みやすくなっています。

・別ジャーナルへの転送時には、査読者と査読コメントの情報も転送される。これを望まない場合は転送自体断る必要がある。Editorは適宜、査読者を追加できる。
・査読者は身分開示が条件付きで可能
・Co-reviewerについては言及無し
・プレプリント公開は投稿時初版(査読前の版)のみ可能。

オープンアクセスジャーナルはどうでしょうか?Nature Communicationsを見てみました。特にOpen Peer ReviewとPreprint Media Coverageの項目に特徴的な記述があることが分かります。

・査読者は身分開示が可能。
・査読コメント・著者コメントはCCライセンス下に誰でも読める。
・プレプリントはどのバージョンでも投稿可。
・査読論文はConfidentialな取扱いをお願いしているが、所属ラボ内の専門家に相談はしてもよい。ただそうする前に、Editorと一緒に忌避査読者について確認する。
・プレプリント段階でメディアの要望に応えることはOKだが、アクセプト後の話題性低下などは考慮しておくべき。査読なしの段階であり、結論が変わりうる可能性は周知すべき。査読・編集プロセスはconfidential扱い。編集部としては査読が入った情報をメディアに提供することが重要と考えているため、その前に報道してしまうことはお勧めしない。

おわりに

雨後のタケノコのごとく新ジャーナルが乱立する現代、その都度、投稿規定を舐めるように読むのは実際なかなかに大変です。しかし掲載ジャーナルの中には匿名査読制度を明文化していないなどの事例もあるらしく、透明性が不足しているケースも少なくないようです。それなりに投稿機会のあるジャーナルぐらいは、編集ポリシーをちゃんと理解しておくに越したことはなさそうです。

このような背景事情をふまえても、Transposeデータベースは、研究者の投稿戦略づくり・投稿先選びを大いに助けてくれるものと思います。

欠点は、まだまだ掲載ジャーナル数が少ないことでしょうか。専門ジャーナルの多くや、総合化学系で立ち上がったばかりのChemACS Central Scienceなどはまだ掲載されていないようです(が、メジャージャーナルはそれなりに載っているので、十分実用可能とは思います)。今後ともの情報充実に期待したいですね。

プレプリントに関するケムステ過去記事

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化
  2. ノーベル化学賞は化学者の手に
  3. ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法
  4. アカデミア有機化学研究でのクラウドファンディングが登場!
  5. 高分子界の準結晶
  6. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応
  7. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  8. 炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】
  2. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性
  3. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  4. elements~メンデレーエフの奇妙な棚~
  5. 100年前のノーベル化学賞ーフリッツ・ハーバーー
  6. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用
  7. ノーベル化学賞を受けた企業人たち
  8. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)(CO)3 Complex
  9. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より
  10. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cross Coupling

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その6

Tshozoです。安価で活性の高い触媒を見出した前回のつづき、早速いきます。(2)産業界との連携…

第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

第80回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・ミルスタイン教授です。ワイツマン化学研究所の有機化学…

自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP