[スポンサーリンク]

会告

第29回光学活性化合物シンポジウム

第29回光学活性シンポジウムのご案内

光学活性化合物の合成および機能創出に関する研究で顕著な業績をあげた化学者に対し、1995年より毎年、山田-古賀賞(Yamada-Koga Prize)を授与しています。

2019年の受賞者は、Varinder K. Aggarwal教授(University of Bristol)に決定致しました。

授賞式および招待講演を第29回光学活性化合物シンポジウムにて下記スケジュールにて執り行う予定です。御多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上、御参加を検討頂けますと幸甚でございます。 

ポスター

こちらからダウンロード可能です。

開催概要

主催: 光学活性化合物研究会

共催:日本生命科学アカデミー

協賛:有機合成化学協会、日本化学会、日本薬学会、新学術領域研究「ハイブリッド触媒」「配位アシンメトリー」

会期:平成31年6月1日(土) 13:00~17:30

会場:東京大学薬学系総合研究棟 講堂(東京都文京区本郷7-3-1)

プログラム

13:00~13:10 Yamada-Koga Prize授賞式

13:10~14:00 Total Synthesis of Complex Alkaloids
Brian M. Stoltz (California Institute of Technology)

14:00~14:50 Chemistry Empowered by Unique Heterocycles
Naoya Kumagai (Institute of Microbial Chemistry)

14:50~15:20 ……休憩……

15:20~16:10 Overcoming Steric Hindrance and Molecular Strain by Rhodium-Catalyzed Cycloaddition
Ken Tanaka (Tokyo Institute of Technology)

16:10~17:10 (Yamada-Koga Prize 2019 受賞講演)
Synthesis in a Boron World
Varinder K. Aggarwal (University of Bristol)

参加費

無料 (事前申込不要)

情報交換会

講演会終了後、1Fロビーで行ないます。参加希望者は当日受付にてお申し込み下さい。(会費 一般:5,000円、ポスドク・学生:1,000円)。

問合先

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学大学院薬学系研究科 有機合成化学教室 金井 求

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  2. 光触媒の力で多置換トリフルオロメチルアルケンを合成
  3. 合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1…
  4. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング
  5. シリンドロシクロファン生合成経路の解明
  6. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate
  7. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モータ…
  8. ご長寿化学者の記録を調べてみた

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. <理研研究員>「論文3本」の実験データ改ざん
  2. 『分子科学者がいどむ12の謎』
  3. 福山透 Tohru Fukuyama
  4. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl
  5. Nsアミン誘導体
  6. 記事評価&コメントウィジェットを導入
  7. 武田薬、米国販売不振で11年ぶり減益 3月期連結決算
  8. 植村酸化 Uemura Oxidation
  9. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】
  10. ゲームを研究に応用? タンパク質の構造計算ゲーム「Foldit」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP