[スポンサーリンク]


ポスドク

  1. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」ー東京大学, 野崎研より

    第 24 回の"海外"留学記は、University of Tokyo, Nozaki 研究室の博士研究員 Andreas Phanopoulos さんにお願いしました。おや、University of Tokyo, Nozaki 研究室?…

  2. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

    海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

  3. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

    海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

  4. スイスでポスドクはいかが?

    「スイスへの博士留学ってどうなの?」 というタイトルで以前記事を書かせていただきましたが、今回はその…

  5. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Organic Chemistry Workshop 2018

    今年もバイエル社が主宰する、ポスドクworkshop が行われます。会期は5月12日から15日まで、…

  6. 外国人研究者あるある

  7. 米国の博士研究員の最低賃金変更

  8. CV書いてみた:ポスドク編

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学系企業の採用活動 ~現場の研究員視点で見ると~
  2. Impact Factorかh-indexか、それとも・・・
  3. GRE Chemistry
  4. 可視光酸化還元触媒 Visible Light Photoredox Catalyst
  5. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  6. 糖鎖クラスター修飾で分子の生体内挙動を制御する
  7. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination

注目情報

最新記事

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

PAGE TOP