[スポンサーリンク]


ポスドク

  1. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」ー東京大学, 野崎研より

    第 24 回の"海外"留学記は、University of Tokyo, Nozaki 研究室の博士研究員 Andreas Phanopoulos さんにお願いしました。おや、University of Tokyo, Nozaki 研究室?…

  2. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

    海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

  3. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

    海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

  4. スイスでポスドクはいかが?

    「スイスへの博士留学ってどうなの?」 というタイトルで以前記事を書かせていただきましたが、今回はその…

  5. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Organic Chemistry Workshop 2018

    今年もバイエル社が主宰する、ポスドクworkshop が行われます。会期は5月12日から15日まで、…

  6. 外国人研究者あるある

  7. 米国の博士研究員の最低賃金変更

  8. CV書いてみた:ポスドク編

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト
  2. スチュアート・ライス Stuart A. Rice
  3. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!
  4. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」
  5. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大
  6. 化学と株価
  7. セレノネイン selenoneine

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

PAGE TOP