[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第68回―「医療応用を志向したスマート高分子材料の開発」Cameron Alexander教授

[スポンサーリンク]

第68回の海外化学者インタビューは、キャメロン・アレキサンダー教授です。英国ノッティンガム大学薬学部に所属し、生物医学的応用のために薬物、タンパク質、遺伝子を輸送するポリマーの研究を行っています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

もともとは、世界に存在する(しないかもしれない)ものを作れることが動機だったのですが、実際に何かの役に立つものを作れることがわかり、化学を続けています。現代の薬は化学に大きく依っています。優秀な医師―彼らもまた薬に頼っています―のおかげで2時間前に生まれた我が子を持つ経験からも、我々には常に優れた科学が必要だと気づかされました。これに少しでも貢献できるのであれば、正しい選択なのです。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

山岳ガイドです。少なくとも健康な自分になれるでしょうし…しかし、同時にそれは自分にとって非常に楽しい(他の)ことに仕事時間を使うチャンスでもあります。スカイ島のクイリン海嶺に敵う経験は、世界にそうはありません。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

新しい発見に挑戦し続け、新しい分子や材料を作ることによってです。生命の最も基本的なプロセスがどのように機能しているのか、エネルギーの適切な使い方をどう学べるのか、そして理性の価値とは・・・世界の人々がこういったことを理解する助けとなるにも、化学を学んだ人材は欠かせません。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

ベルセリウスダーウィンチューリングクリックなどは、当然ながら科学にとって興味深い方々です。しかし実際には、自分の曾祖父と一緒に過ごせるなら、とても魅力的だとずっと思っています。彼は信心深い人で、物質的な慰めがあまりなかった時代にスコットランドに住んでいました―おそらく生活のほとんどの時間は、冷たく、退屈で暗いものでしたが、息子が医者になれるような環境を築き、時代を超えて理想を育んでいきました。お互いの信念やライフスタイルが大きく異なっていたとしても、どのような価値観を共有していたのかを知ることは興味深いでしょう。今の生活が冷たく、暗く、退屈なものではないと思いたいですが、うーん・・・

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

約2年前、原子移動ラジカル重合(ATRP)を実施し、ちゃんとしたポリマーを一つと、増え続ける「私の失敗反応」カタログにもう一つが追加されました。そう、学生たちは研究室内のものがどこにあるのか教えてくれ、安全な手順を教えてくれ、その後、散らかったものを片付けてくれるのです・・・

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

最後に物語を読んだのは1993年のことで、アリス・ウォーカーの短編小説です。もちろん、面白半分に他の本を読んでみるのもいいでしょうし、アリス・ウォーカーの他の本を読むのも良いスタートになるでしょう。来年、もっと時間があれば・・・

原文:Reactions – Cameron Alexander

※このインタビューは2008年6月13日に公開されました。

関連動画

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David …
  2. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授
  3. 第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony …
  4. 第88回―「新規なメソポーラス材料の創製と応用」Dongyuan…
  5. 反応化学と生命科学の融合で新たなチャレンジへ【ケムステ×Hey!…
  6. Christoph A. Schalley
  7. 第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank va…
  8. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kro…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授
  2. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction
  3. Wileyより2つのキャンペーン!ジャーナル無料進呈と書籍10%引き
  4. アスパルテーム /aspartame
  5. 材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-
  6. 有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン
  7. 銅中心が動く人工非ヘム金属酵素の簡便な構築に成功
  8. カール・ダイセロス Karl Deisseroth
  9. 2021年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!
  10. セレノフェン : Selenophene

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP