[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第68回―「医療応用を志向したスマート高分子材料の開発」Cameron Alexander教授

[スポンサーリンク]

第68回の海外化学者インタビューは、キャメロン・アレキサンダー教授です。英国ノッティンガム大学薬学部に所属し、生物医学的応用のために薬物、タンパク質、遺伝子を輸送するポリマーの研究を行っています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

もともとは、世界に存在する(しないかもしれない)ものを作れることが動機だったのですが、実際に何かの役に立つものを作れることがわかり、化学を続けています。現代の薬は化学に大きく依っています。優秀な医師―彼らもまた薬に頼っています―のおかげで2時間前に生まれた我が子を持つ経験からも、我々には常に優れた科学が必要だと気づかされました。これに少しでも貢献できるのであれば、正しい選択なのです。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

山岳ガイドです。少なくとも健康な自分になれるでしょうし…しかし、同時にそれは自分にとって非常に楽しい(他の)ことに仕事時間を使うチャンスでもあります。スカイ島のクイリン海嶺に敵う経験は、世界にそうはありません。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

新しい発見に挑戦し続け、新しい分子や材料を作ることによってです。生命の最も基本的なプロセスがどのように機能しているのか、エネルギーの適切な使い方をどう学べるのか、そして理性の価値とは・・・世界の人々がこういったことを理解する助けとなるにも、化学を学んだ人材は欠かせません。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

ベルセリウスダーウィンチューリングクリックなどは、当然ながら科学にとって興味深い方々です。しかし実際には、自分の曾祖父と一緒に過ごせるなら、とても魅力的だとずっと思っています。彼は信心深い人で、物質的な慰めがあまりなかった時代にスコットランドに住んでいました―おそらく生活のほとんどの時間は、冷たく、退屈で暗いものでしたが、息子が医者になれるような環境を築き、時代を超えて理想を育んでいきました。お互いの信念やライフスタイルが大きく異なっていたとしても、どのような価値観を共有していたのかを知ることは興味深いでしょう。今の生活が冷たく、暗く、退屈なものではないと思いたいですが、うーん・・・

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

約2年前、原子移動ラジカル重合(ATRP)を実施し、ちゃんとしたポリマーを一つと、増え続ける「私の失敗反応」カタログにもう一つが追加されました。そう、学生たちは研究室内のものがどこにあるのか教えてくれ、安全な手順を教えてくれ、その後、散らかったものを片付けてくれるのです・・・

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

最後に物語を読んだのは1993年のことで、アリス・ウォーカーの短編小説です。もちろん、面白半分に他の本を読んでみるのもいいでしょうし、アリス・ウォーカーの他の本を読むのも良いスタートになるでしょう。来年、もっと時間があれば・・・

原文:Reactions – Cameron Alexander

※このインタビューは2008年6月13日に公開されました。

関連動画

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe…
  2. 第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教…
  3. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授
  4. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – P…
  5. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 …
  6. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Sh…
  7. 第45回―「ナノ材料の設計と合成、デバイスの医療応用」Youna…
  8. 第76回―「化学を広める雑誌編集者として」Neil Wither…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ネフ反応 Nef Reaction
  2. アジズ・サンジャル Aziz Sancar
  3. のむ発毛薬で五輪アウトに
  4. すごい分子 世界は六角形でできている
  5. アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記
  6. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz
  7. Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments
  8. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  9. 向山アルドール反応40周年記念シンポジウムに参加してきました
  10. 今年はキログラムに注目だ!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学ことはじめ(1) 何が必要なの??

化学の中で酸化還元反応というのは非常によく出てくるトピックであり、高校でも水の電気分解から電気化学系…

【書籍】電気化学インピーダンス 数式と計算で理解する基礎理論

(↓kindle版)概要インピーダンス測定の結果をいかに解釈すべきか.その理…

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP