[スポンサーリンク]


化学教育

  1. 自由研究にいかが?1:ルミノール反応実験キット

    学生の皆さんは夏休みですね。夏休みといえば自由研究。小中学生は必須、さらには高校でもあるところにはあるらしいです。そんな自由研究や教育用の教材として適した教材を紹介したいと思います(遅いよ!という声が聞こえてきそうですが…

  2. 開催間近!ケムステも出るサイエンスアゴラ2013

    ついに今週末。ケムステも科学の祭典「サイエンスアゴラ2013」の開幕です。今回の記事では、ケムステブースのみどころを、ズバッとお伝えします。サイエンスアゴラ2013ケムステブースで叶う3つのイイコトとは?

  3. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013

    ケムステのサイエンスアゴラ2013参戦が決定しました。日時は2013年11月9日(土)10日(日)。場所は東京のお台場にある科学未来館1階です。

  4. Happy Mole Day to You !!

    アメリカは現在10月23日です(日本は時差の関係で24日ですが)。実はこの日は、化学者にとっ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin
  2. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒
  3. 05年:石油化学は好調、化工全体では利益縮小
  4. 東北地方太平洋沖地震に募金してみませんか。
  5. オレフィンメタセシス Olefin Metathesis
  6. ひらめききらめく:/1 「創」のとき、夢の鼓動 /北海道
  7. E値 Environmental(E)-factor

注目情報

最新記事

毒劇アップデート

毒物及び劇物指定令の一部を改正する政令(平成30年政令第197号。以下「改正政令」という。)及び毒物…

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

PAGE TOP