[スポンサーリンク]

一般的な話題

ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013

サイエンスアゴラ2013ケムステ出張版「広がる化学の世界」書類選考通過!

 

ケムステのサイエンスアゴラ2013参戦が決定しました。日時は2013年11月9日(土)10日(日)場所は東京のお台場にある科学未来館1階です。

ケムステの活動紹介のほか、出張版「化学者のつぶやき」と出張版「身のまわりの分子」を準備中です。話題の「ふにふに☆ふわふわマシュマロゲル」にも触れます。また、ケムステオリジナルカードゲームに挑戦すると「ケムステ特製ノベリティ―グッズ」ももらえる予定です。ご都合つくみなさま、ぜひぜひ来展くださり、人気投票もあるので応援のほどよろしくお願いします。


おはこんにちばんわ。山口代表からサイエンスアゴラ担当を拝命しましたコアスタッフのGreenです。経費の見積もりやら、スタッフ間の連絡やらをしています。今回はこのような機会をいただき、たいへん感謝しています。以前、山口代表からつぶやき記事で話がありましたが、無事に書類選考通過し、サイエンスアゴラ2013への参加決定しました。拍手!

サイエンスアゴラとは、科学と社会をつなぐ科学コミュニケーション実践のための広場として、科学技術を活用してよりよい社会の実現を目指すイベントです。科学技術振興機構が主催になって開かれます。つまりは、科学のお祭りです。2012年の統計によると、来場者数は6000人を超えるとのこと。オラ、ワクワクしてきたぞ。 

日本化学連合の化学コミュニケーション賞2012を受賞したケムステも、ついにこのサイエンスアゴラに参戦を決めました。ウェブとリアルの融合による化学の発信を、サイエンスアゴラでも実践しようと、企画進行中です。

 


サイエンスアゴラ開催場所はここです!

 

9月の活動経過

以下、ちょっとだけ、アゴラ出展準備の活動報告です。

9月7日にはケムステスタッフ5名が都内で集まり、ミーティングを行いました。そして、活動紹介に加えて、出張版「化学者のつぶやき」不思議材料展と出張版「身のまわりの分子」オリジナルカードゲームの2本柱で、いくことが確認されました。不思議材料展ではマシュマロゲルを、オリジナルカードゲームではケムステ特製ノベリティ―グッズを準備しています。企画の詳細は、サイエンスアゴラ2013直前に、またケムステウェブサイト内で発信の予定です。乞うご期待。あと、マシュマロゲル、ふにふわで触ると気持ちいいな(超重要)。

9月22日には科学未来館を訪れ、出展者の説明会を受けました。わーい、新橋駅からテレコムセンター駅までゆりかもめに乗ったのだー。しかも、ちょっと早く着いたため、せっかく来たので科学未来館サンダーバード展に入場。人形劇とあなどることなかれ、技術の高さと、SFロマンに、感動です。ええっと、肝心の説明会では、会場関係の申請書類の束をがっつり渡されて、げんなり。あうあう。おう、やりますよ、うん。科学未来館1階にあるサイエンスアゴラ当日の出展場所も見てきました。

GREEN2013miraikan1.jpg

サイエンスアゴラ参加者説明会に行ってきた

以上、ちょっとだけ、アゴラ出展準備の活動記録でした。

 

サイエンスアゴラの出展内容について、主催者である科学技術振興機構のウェブページにも、紹介があるのでぜひご覧ください。

ケムステ出張版!「広がる化学の世界」

 

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. アミロイド認識で活性を示す光触媒の開発:アルツハイマー病の新しい…
  2. 飽和C–H結合を直接脱離基に変える方法
  3. 「炭素-炭素結合を切って組み替える合成」テキサス大学オースティン…
  4. 論文執筆で気をつけたいこと20(1)
  5. 歯車クラッチを光と熱で制御する分子マシン
  6. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌
  7. 2013年ノーベル化学賞は誰の手に?トムソンロイター版
  8. 触媒量の金属錯体でリビング開環メタセシス重合を操る

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』
  2. 1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)イミダゾリニウムクロリド:1,3-Bis(2,4,6-trimethylphenyl)imidazolinium Chloride
  3. 光化学スモッグ注意報が発令されました
  4. 英グラクソスミスクライン、抗ウイルス薬を大幅値引きへ
  5. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーPavel Anzenbacher教授
  6. 安達 千波矢 Chihaya Adachi
  7. 天然階段状分子の人工合成に成功
  8. デュアルディスプレイDNAコード化化合物ライブラリーの改良法
  9. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride
  10. 人と人との「結合」を「活性化」する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP