[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

開催間近!ケムステも出るサイエンスアゴラ2013

 

ついに今週末。ケムステも科学の祭典「サイエンスアゴラ2013」の開幕です。今回の記事では、ケムステブースの内容を、ズバッとお伝えします。サイエンスアゴラ2013ケムステブース3つのみどころとは?

 

ついに今週末です!

2013年。来る11月9日(土曜日)・10日(日曜日)は、待ちに待ったサイエンスアゴラの日です(参照「ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013」)。もう今週末です。早かった、早すぎました、準備カツカツです。

ウェブページをご覧のケムステファンのみなさま、来訪いただけた際には楽しんでいただけるように、スタッフ一同精一杯、頑張ります。お台場まで週末ぜひ足をのばしてみてください。お待ちしています。サイエンスアゴラがにぎわうようご協力のほどよろしくお願いいたします(サイエンスアゴラ来場場者人気投票もあるんです!目指せ50票!)。

 

GREEN2013last2.png

会場で配られるビラの一部画像

 

では、実際に来訪いただくとどんなイイコトがあるのかご紹介します。サイエンスアゴラ2013ケムステブースで叶う3つのイイコトとは?

 

1.ケムステがどんな団体か分かる特製冊子と特製クリアファイルのセットを限定100名様にプレゼント!

2013 年に設率13 年を迎え、お陰様で現在では 60 人以上の専門スタッフ、月間 240 万ページビューを誇る日本国内最大の化学ポータルサイトにまで成長いたしました。そこで、ケムステの活動を振り返る解説の展示やお土産冊子を用意しました。

ケムステお土産冊子には、ケムステウェブサイト案内化学者のつぶやき人気記事紹介の他、スタッフと代表が語る化学の魅力の特集ページ(化学の魅力がデザートのプリンといっしょっていったい何のことだー!?)や、化学地球儀・東京近郊おすすめ化学スポットまとめ(これで化学徒男子&女子はイチコロだ!?)など、気になるコンテンツがたくさん。当初案よりも、かなり豪華な仕上がりになっております(主にcosine副代表のおかげです)。

さ・ら・に! ケムステロゴ入り特製クリアファイルを、ノベリティグッズとして限定100名様(予定)にプレゼントします。他にもここでしか手に入らない限定品の数々。いつ手に入れるの? 今でしょ! なお、ノベリティグッズ作成の予算には、2012年化学コミュニケーション賞の賞金が使われています。うわ、すごい、自分も当日スタッフ活動がんばります。

 

2.ふにふにふわふわマシュマロゲルだけでない!最先端不思議材料が勢ぞろい

ケムステブースに来訪いただくと、話題の3つの不思議材料を手に取って、あるいは眺めて、体感したり、観察したりできます。タイミングがよければ、実際に合成したスタッフの話も聞くことができます。

・やわらかーい!「マシュマロゲ

・かるーい!「エアロゲル

・すけすけー!「透明かに甲羅

なんと荘厳なラインナップ。透明かに甲羅をお借りした京都大学・矢野研究室にお礼、申し上げます。たいへんありがとうございました。

GEN2013last3.jpg

GENさん撮影?

 

3.五感を活用しながらケムステ特製オリジナルカードゲームに挑戦

本に化学式がひとつあると読者が半減する。そんな出版会の言い伝えはどこ吹く風。化学好きの人は誰しも、この状況を憂いて、ホントはこれじゃいけないと考えているかと思います。興味を持って終わりではなく、正しく楽しく親しんでこそ、サイエンスコミュニケーションでは、と個人的には考えています。そこで、化学になじみが薄くても、化学式から逃げずに、(予算をかけずに)何かできることはないかと考えました。そして、カードゲームを作ることにしました。

KC3Z0074.jpg開発中の画像

このカードにはQRコードを印刷してあり、ケムステのオリジナルコンテンツ「身のまわりの分子」と連動したしかけになっています。ああ、どうりで今年の夏から秋にかけて、身のまわりの分子を猛更新していたのかというと、実を言うと一因はコレのためです。

また、化学式の読み方を、解説ポスター(A0ポスター印刷中)でイラストキャラクターといっしょに学べるように準備してあります。さらにさらに、文字を視覚で判別するだけではなく、他の五感も使いながら、学んでもらおうと考えました。嗅覚です。メントールと、異性体の他、いい香りのサンプルをいくつか用意しました。香りの化学で世界を広げましょう。

131105_0806~01.jpg用意した香り分子のサンプル

カードゲーム自体は頭の体操みたいな仕組みになっているため、化学に親しみがないという方から、俺タキソール全合成したぜというプロの方まで楽しめるタイムアタック競技です。初心者向けの化学好きコースと、玄人向けの化学者コースがあります。ぜひ、難しい方でハイスコア出してみてはいかがでしょう。優秀者には、ケムステロゴ入り秘密の豪華賞品(クリアファイルよりもお値段はりました)をプレゼントします。何がもらえるのか楽しみ(まだ一部のスタッフしか実物を見ていないのです)。

 

と、ケムステブースにご来訪いただくと、ふにふにしたりくんかくんかしたり、いろいろ体験しながら、化学の魅力に親しむことができます。初出展で戸惑いもありますが、スタッフと含め会場の参加者の方みんなで楽しく実りある時間を共有できたらと考えています。応援のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用
  2. Nature Chemistry誌のインパクトファクターが公開!…
  3. Hybrid Materials 2013に参加してきました!
  4. 究極の二量体合成を追い求めて~抗生物質BE-43472Bの全合成…
  5. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に…
  6. プラスマイナスエーテル!?
  7. 「引っ張って」光学分割
  8. ゴキブリをバイオ燃料電池、そしてセンサーに

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elimination of Sulfoxide/Selenoxide
  2. メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford
  3. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  4. 活性二酸化マンガン Activated Manganese Dioxide (MnO2)
  5. DOIって何?
  6. 5配位ケイ素間の結合
  7. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法
  8. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  9. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  10. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP