[スポンサーリンク]

C

コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shibata (CBS) Reduction

 

概要

プロリンから容易に誘導されるキラルオキサザボロリジン触媒とボランを用いて、ケトンの不斉還元を行う方法。環状、鎖状を問わず様々なケトンを高いエナンチオ選択性でアルコールに変換する。

反応時間も短く実験手順も容易で、基本的には温度を保ちつつ混ぜるだけで進行する。

α,β-不飽和ケトンに対しては1,2-還元様式で反応が進行することにも注目。

基本文献

 

反応機構

オキサボロリジン-ボラン複合体の結晶構造解析から、Dual-Activation機構が提唱されている。すなわち、下記のようにホウ素がルイス酸として働いてケトンを活性化しつつ、窒素がルイス塩基として働いて還元剤のボランを活性化する。(参考:J.
Org. Chem.
1993, 58, 799.
)
cbs_reduction_2.gif

反応例

キラルなアリルアルコールは不斉炭素ー炭素結合形成の前駆体としてとらえることができる。例えば以下の例(Aspidophytineの合成[1])ではCBS還元→Ireland-Claisen転位により、構築困難な不斉四級炭素中心を立体選択的に合成している。
cbs_reduction_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] He, F.; Bo, Y.; Altom, J. D.; Corey, E. J. J. Am. Chem. Soc. 1999, 121, 6771. DOI: 10.1021/ja9915201

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangeme…
  2. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene …
  3. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement…
  4. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactoniza…
  5. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebesk…
  6. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Sol…
  7. アリルオキシカルボニル保護基 Alloc Protecting …
  8. ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 蒲郡市生命の海科学館で化学しようよ
  2. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~
  3. 細胞の中を旅する小分子|第二回
  4. 研究者へのインタビュー
  5. 生体深部イメージングに有効な近赤外発光分子の開発
  6. ベン・デイヴィス Ben G. Davis
  7. メントール /menthol
  8. M.G.フィン M. G. Finn
  9. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation
  10. コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpach Quinoline Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP