[スポンサーリンク]

H

ヘメツバーガー インドール合成 Hemetsberger Indole Synthesis

 

概要

β-アリール-α-アジド不飽和エステルからインドールを合成する手法。原料の合成困難さゆえ、あまり有用な反応ではない。

 

基本文献

  • Hemetsberger, H.; Knittel, D. Monatsh. Chem. 1972103, 194.
  • Gribble, G. W. J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1 2000, 1045. DOI: 10.1039/a909834h
  • Gilchrist, T. L. Aldrichimica Acta 200134, 51. [PDF]

 

反応機構

反応機構の詳細は不明である。条件によってはアジリン体が単離されることから、ナイトレン中間体を経由して進行するのではと考えられている。
hemetsberger_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Sy…
  2. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  3. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluorobor…
  4. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hil…
  5. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  6. リード反応 Reed Reaction
  7. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveaul…
  8. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第二回触媒科学国際シンポジウム
  2. ノーベル化学賞まとめ
  3. 第8回XAFS討論会
  4. リニューアル?!
  5. 電子デバイス製造技術 ーChemical Times特集より
  6. 東レ先端材料シンポジウム2011に行ってきました
  7. 有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成
  8. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  9. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ
  10. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP