[スポンサーリンク]

その他

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」の新作が発売されるようです。前回は長編でしたが、個人的にはかなり研究が近いこともあって、30分ぐらいで読んでしまいました。

新作はどんな内容なのでしょうか?以下の喜多氏本人からの紹介を御覧ください!

化学小説家喜多喜久氏からコメント

「化学者のつぶやき」をご覧の皆様。いつもお世話になっております。喜多喜久です。

前作からおよそ八カ月。あのシリーズの新作が今年も出ることになりましたので、ご厚意に甘えて紹介記事を投稿させていただきました。

新刊のタイトルは、「化学探偵Mr.キュリー7」です。(中央公論新社・2/23刊行)

前作「6」はシリーズ初の長編でしたが、今作はシリーズ初の、“サブキャラクターたちを主役に据えた短編集”となっております。

本作のコンセプトについて簡単に説明しますと、最初に「小説BOC」という雑誌に掲載された、キュリーシリーズの番外編「夜の虹」がありました。

これを「7」にも載せることが決まっており、残りはどうしようかと考えていた時に、ふと気づきました。「あ、虹って七色じゃん」と。

その瞬間に七巻のコンセプトが決まりました。つまり、「七人のサブキャラクターによる、七つの色に関する、七つの短編」を書くことになったのでした。

登場する色は虹にちなんだ「赤・橙・黄・緑・水色・青・紫」の七つです。

世の中の色の多くは、化学物質に基づくものです。そして、本作でも七つの色に関わる物質が登場します。そういう意味では、今までと同じかそれ以上に「化学らしい」仕上がりになっていると思います。

主役はサブキャラクターたちですが、もちろん”Mr.キュリー”こと沖野春彦は各話に登場いたします。

それでは、いつもより少し多めですが、簡単にあらすじを紹介いたします。

化学探偵キュリー7あらすじ

第〇話:夜の虹――1999年のMr.キュリー

1999年、大学三年生だった沖野は、湯浅信希という少年の家庭教師になる。彼には気になる相手がいた。ユカと名乗るその少女は、夜にしか現れないのだという。信希は「まっすぐな虹を見たい」という彼女の夢を叶えようと奔走するが……。

第一話:みゅーたんと赤色の疑惑

超高校級の女子高生であるみゅーたんには、花隈悟という彼氏がいる。二人はずっとラブラブだったが、最近になって花隈の様子がおかしくなった。デートの誘いに応じようとしないのだ。隠し事をしているのではと心配になったみゅーたんは花隈のアパートを訪ね、赤い口紅の女と親しげに話す彼の姿を目撃してしまう。

第二話:国島聖也と橙色の謀略

様々な分析をこなす会社に勤める国島は、ある夜に自宅近くで火事を目撃する。その数日後、国島の会社に警察の人間がやってくる。なんでも、火災のあった家は欠陥住宅であり、保険金目当てで故意に火を放った可能性があるという。真相を突き止めるため、国島は現場の灰の分析に取り掛かる。

第三話:仁川慎司と黄色の邪霊

仁川は博士課程に進学後も、四宮オカルトサークル(通称・SOS)の一員として活動を続けていた。研究室の教授からサークル活動の停止を命じられた仁川は、最後に挨拶をと思いSOSの部室を訪ねる。するとそこで新たな怪奇現象の発生を知る。なんでも、とある廃屋で電話をすると「邪霊の声」が聞こえてくるのだという。

第四話:猫柳課長と緑色の連鎖

四宮大学庶務課の課長である猫柳は、学内に棲息する猫たちに強い愛情を抱いており、猫を保護するサークルの活動に協力してきた。そんなある日、学内で体調を崩した猫が発見される。獣医師によれば、餌に意図的に毒が混入された恐れがあるという。

義憤に駆られた猫柳は、その犯人探しに乗り出す。

第五話:美間坂剣也と水色の消失

東京でタレント活動に励んでいた剣也のもとに、CMのオファーが届く。喜ぶ剣也だったが、その商品が水素入りのアルコール飲料であり、酔いにくい効果を前面に押し出していると知り、出演に躊躇を覚える。果たしてその効果は本物なのだろうか? 疑問を解決すべく、剣也は沖野に相談することを決める。

第六話:氷上一司と青色の忘却

氷上は沖野に研究室への復帰を促しているが、彼がそれに応じる気配はない。そんな時、師匠である村雨から電話が。村雨は氷上に、「沖野のように身の回りの謎を解決してみたら、彼の気持ちが分かるかも」とアドバイスを送る。

氷上はそのアドバイスに疑問を抱いていたが、知り合いの研究室で青い物質に関するトラブルが発生。悩んだ末、氷上はその調査に協力することに。

第七話:紫色の手紙――2003年のMr.キュリー

無事に志望校である東理大学に合格した信希のもとに、ユカから手紙が届く。だが、その手紙にはメッセージはなく、ただ芳香環が無数に描かれていただけだった。

手紙に込められた意味が理解できない信希は、かつての家庭教師である沖野に相談を持ち込む。

あらすじは以上になります。

発行部数50万部突破!

ちなみに、こちらの「キュリー7」で、シリーズ累計発行部数は50万部を突破しました。また、作家・喜多喜久としての全著作の累計発行部数は100万部を超えました

これもすべて、いつも応援してくださる読者の皆様のおかげです。この場を借りて御礼申し上げます。

なお、2/26にはコミカライズ版の「化学探偵Mr.キュリー」も刊行予定です。こちらは一巻の第一話と第二話が収録されています。マンガ好きの方はこちらもぜひよろしくお願いいたします。

さて、「6」「7」と番外編的な巻が続きましたが、次の「8」は今までのような一話完結の短編集にするつもりでいます。

まだまだキュリーシリーズは続きます。今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします!

関連リンク

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2009年6月人気化学書籍ランキング
  2. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組…
  3. 自動車排ガス浄化触媒って何?
  4. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)…
  5. Whitesides教授が語る「成果を伝えるための研究論文執筆法…
  6. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット
  7. 化学のちからで抗体医薬を武装する
  8. そこまでやるか?ー不正論文驚愕の手口

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ
  2. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh
  3. マダンガミンの網羅的全合成
  4. 化学物質はなぜ嫌われるのか
  5. ACS Macro Letters創刊!
  6. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis by Reduction of Acetal
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧(解答編)
  8. カイニン酸 kainic acid
  9. 単一細胞レベルで集団を解析
  10. ラボからのスケールアップ再現性手法【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP