[スポンサーリンク]


味の素

  1. 【味の素ファインテクノ】新卒採用情報(2021卒)

    当社は若手社員が活躍できる会社です!化学を専攻している学生であれば専門内容は問いません。1年目から自分のテーマ、お客様を持ち、製品化の一連の流れに携わることができます。当社は下記の4点を有する人財を求めています。☆創造力 :…

  2. 味の素ファインテクノの技術と社会貢献

    味の素ファインテクノは、電子材料や機能材料を軸に独創的な製品を開発し、世界の技術発展に貢献しています…

  3. 味の素グループの化学メーカー「味の素ファインテクノ」を紹介します

    食品会社として知られる味の素株式会社ですが、当社はその味の素グループにあって70年以上の長い歴史を持…

  4. 抽出精製型AJIPHASE法の開発

    2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

  5. アジフェーズ法 AJIPHASE Method

    概要液相ペプチド合成(liquid-phase peptide synthesis, LPPS …

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第67回―「特異な構造・結合を示すランタニド/アクチニド錯体の合成」Polly Arnold教授
  2. 研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)
  3. 光触媒の活性化機構の解明研究
  4. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction
  5. 実験化学のピアレビューブログ: Blog Syn
  6. わずかな末端修飾で粘度が1万倍も変わる高分子
  7. 危険物データベース:第3類(自然発火性物質および禁水性物質)

注目情報

最新記事

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

PAGE TOP