[スポンサーリンク]

ケムステしごと

味の素ファインテクノの技術と社会貢献

[スポンサーリンク]

味の素ファインテクノは、電子材料や機能材料を軸に独創的な製品を開発し、世界の技術発展に貢献しています。

高速ネットワーク通信5G、人口知能AI、自動運転システム等、新しい技術が続々と生まれている情報テクノロジー分野では、層間絶縁材料として味の素ビルドアップフィルム®(ABF)が世界中で使用されています。

他にも、スマートフォン等のカメラモジュール製造プロセスに使用される一液型低温硬化性接着剤 プレンセット®や潜在性硬化剤 アミキュア®、液晶ディスプレイのカラーフィルターやIJインキでの顔料分散に使用される高分子型分散剤 アジスパー®等、独自性のある製品を開発してきました。また、アミノ酸、食品、飲料の精製に使用される選択的吸着機能を有する活性炭や吸着樹脂の開発、製品化も進めています。

また、次世代テクノロジーに必要とされる導電材料、磁性材料、透明ガスバリア材料等の高機能材料の研究開発にも積極的に取り組み、新たな提案を行っています。

層間絶縁材料 味の素ビルドアップフィルム®(ABF)

層間絶縁材料 味の素ビルドアップフィルム®(ABF)

当社の主力製品である味の素ビルドアップフィルム®(ABF)について御紹介します。

身近な例では、私たちが普段使用しているパソコンやスマートフォンの中には電子回路基板があり、演算処理や画像処理の頭脳であるCPU(Central Processing Unit)やGPU(Graphics Processing Unit)が搭載されています。

CPUやGPUの断面を見るとICチップとマザーボードの間に、パッケージ基板というICチップの保護及びマザーボードへの信号伝達の役割を担う部品があります。このパッケージ基板の断面をさらに覗いてみると、ICチップの信号を伝達するため回路が複数層にわたり形成されています。この回路間には絶縁性を保つために層間絶縁材料が必要となりますが、ここに用いられているのが当社の味の素ビルドアップフィルム®(ABF)です。

パッケージ基板の製造プロセスに Innovation !!

パッケージ基板の製造プロセスに Innovation !!

 

1990年代、パッケージ基板にはセラミック材料が使用されていました。しかし、値段が高く、大きく重かったため、パソコン自体も高価で大きなものとなり、普及が十分には進みませんでした。これを打開するためインキタイプの有機材料を使用したパッケージ基板の開発が行われましたが大きな問題がありました。

インキの印刷プロセスでは、配線の表面にインキを印刷し乾燥させて溶剤を揮発させた後、さらに基板を反転して裏面にも同様の処理をするため、一層毎の製造工程が非常に多くなってしまいます。また、平滑性が悪いため絶縁層の上に新しい配線を形成できません。有害な溶剤の揮発、配線間への気泡残りといった課題も存在しました。

これらの問題を解決するために考案されたのが、フィルム材料を使用したラミネートプロセスです。インキの代わりにフィルムを用いることで、配線に対して両面から同時にフィルムを貼りつける非常に簡単な工程となります。また、表面の平滑性を改善することで、上方向に配線を積み上げることを可能にしました。さらに、溶剤臭気や気泡混入の問題も解決することが可能となります。

当社は独自の分子設計・配合設計の技術を駆使することで、このプロセスに適合したフィルム材料を他社に先駆けて開発、製品化し、お客様の工程数の大幅削減を実現するというイノベーションを起こしました。こうして誕生したのが層間絶縁材料の市場においてトップシェアを誇る味の素ビルドアップフィルム®(ABF)です。現在ではパソコン、スマートフォン、タブレットからサーバー、高速通信システムに至るまで、進化が著しい情報化社会に欠かせない材料として世界中で御愛顧頂いています。

情報テクノロジーの急速な進歩、電子機器の高機能化、小型化に伴い、電子回路配線の微細化、高集積化が進んでいます。このため層間絶縁材には、高い表面平滑性と高い銅密着性の両立が必要となります。
また高速通信分野では、電気信号の高周波数化により誘電損失による電気エネルギーのロスが大きな問題となり、これを抑制するため、配線と接する層間絶縁材には誘電率、誘電正接が低いことが求められます。

お客様との連携の下、高度な要求に応えた技術を迅速に開発し、味の素ビルドアップフィルム®(ABF) GXシリーズ、GZ シリーズ、GL シリーズ等を製品化してきました。

我々は、既存のものとは根本的に異なる材料の開発によって、単なる改良ではないイノベーションを世の中に提供することを心掛けています。
そして、今後も歩みを止めることなく、世の中のテクノロジーの進歩、社会発展に役立つ独自の技術を創造し提案し続けます。

我々と一緒にイノベーションを興していきましょう!

高度な要求への迅速対応

関連リンク

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. いま企業がアカデミア出身者に期待していること
  2. 研究室クラウド設立のススメ(経緯編)
  3. ケムステイブニングミキサー2017ー報告
  4. レビュー多くてもよくね?
  5. イオンのビリヤードで新しい物質を開発する
  6. 知の市場:無料公開講座参加者募集のご案内
  7. 化学とウェブのフュージョン
  8. 95%以上が水の素材:アクアマテリアル

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)
  2. 第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授
  3. 4つの異なる配位結合を持つ不斉金属原子でキラル錯体を組み上げる!!
  4. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発
  5. 次世代の放射光施設で何が出来るでしょうか?
  6. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発
  7. ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー
  8. 博士課程学生の経済事情
  9. ケムステの記事を導出しています
  10. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【終了】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

抗体を液滴に濃縮し細胞内へ高速輸送:液-液相分離を活用した抗体の新規細胞内輸送法の開発

第341回のスポットライトリサーチは、京都大学 薬学研究科(二木研究室)博士後期課程1年の岩田恭宗さ…

革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞…

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP