[スポンサーリンク]

ケムステしごと

味の素ファインテクノの技術と社会貢献

[スポンサーリンク]

味の素ファインテクノは、電子材料や機能材料を軸に独創的な製品を開発し、世界の技術発展に貢献しています。

高速ネットワーク通信5G、人口知能AI、自動運転システム等、新しい技術が続々と生まれている情報テクノロジー分野では、層間絶縁材料として味の素ビルドアップフィルム®(ABF)が世界中で使用されています。

他にも、スマートフォン等のカメラモジュール製造プロセスに使用される一液型低温硬化性接着剤 プレンセット®や潜在性硬化剤 アミキュア®、液晶ディスプレイのカラーフィルターやIJインキでの顔料分散に使用される高分子型分散剤 アジスパー®等、独自性のある製品を開発してきました。また、アミノ酸、食品、飲料の精製に使用される選択的吸着機能を有する活性炭や吸着樹脂の開発、製品化も進めています。

また、次世代テクノロジーに必要とされる導電材料、磁性材料、透明ガスバリア材料等の高機能材料の研究開発にも積極的に取り組み、新たな提案を行っています。

層間絶縁材料 味の素ビルドアップフィルム®(ABF)

層間絶縁材料 味の素ビルドアップフィルム®(ABF)

当社の主力製品である味の素ビルドアップフィルム®(ABF)について御紹介します。

身近な例では、私たちが普段使用しているパソコンやスマートフォンの中には電子回路基板があり、演算処理や画像処理の頭脳であるCPU(Central Processing Unit)やGPU(Graphics Processing Unit)が搭載されています。

CPUやGPUの断面を見るとICチップとマザーボードの間に、パッケージ基板というICチップの保護及びマザーボードへの信号伝達の役割を担う部品があります。このパッケージ基板の断面をさらに覗いてみると、ICチップの信号を伝達するため回路が複数層にわたり形成されています。この回路間には絶縁性を保つために層間絶縁材料が必要となりますが、ここに用いられているのが当社の味の素ビルドアップフィルム®(ABF)です。

パッケージ基板の製造プロセスに Innovation !!

パッケージ基板の製造プロセスに Innovation !!

 

1990年代、パッケージ基板にはセラミック材料が使用されていました。しかし、値段が高く、大きく重かったため、パソコン自体も高価で大きなものとなり、普及が十分には進みませんでした。これを打開するためインキタイプの有機材料を使用したパッケージ基板の開発が行われましたが大きな問題がありました。

インキの印刷プロセスでは、配線の表面にインキを印刷し乾燥させて溶剤を揮発させた後、さらに基板を反転して裏面にも同様の処理をするため、一層毎の製造工程が非常に多くなってしまいます。また、平滑性が悪いため絶縁層の上に新しい配線を形成できません。有害な溶剤の揮発、配線間への気泡残りといった課題も存在しました。

これらの問題を解決するために考案されたのが、フィルム材料を使用したラミネートプロセスです。インキの代わりにフィルムを用いることで、配線に対して両面から同時にフィルムを貼りつける非常に簡単な工程となります。また、表面の平滑性を改善することで、上方向に配線を積み上げることを可能にしました。さらに、溶剤臭気や気泡混入の問題も解決することが可能となります。

当社は独自の分子設計・配合設計の技術を駆使することで、このプロセスに適合したフィルム材料を他社に先駆けて開発、製品化し、お客様の工程数の大幅削減を実現するというイノベーションを起こしました。こうして誕生したのが層間絶縁材料の市場においてトップシェアを誇る味の素ビルドアップフィルム®(ABF)です。現在ではパソコン、スマートフォン、タブレットからサーバー、高速通信システムに至るまで、進化が著しい情報化社会に欠かせない材料として世界中で御愛顧頂いています。

情報テクノロジーの急速な進歩、電子機器の高機能化、小型化に伴い、電子回路配線の微細化、高集積化が進んでいます。このため層間絶縁材には、高い表面平滑性と高い銅密着性の両立が必要となります。
また高速通信分野では、電気信号の高周波数化により誘電損失による電気エネルギーのロスが大きな問題となり、これを抑制するため、配線と接する層間絶縁材には誘電率、誘電正接が低いことが求められます。

お客様との連携の下、高度な要求に応えた技術を迅速に開発し、味の素ビルドアップフィルム®(ABF) GXシリーズ、GZ シリーズ、GL シリーズ等を製品化してきました。

我々は、既存のものとは根本的に異なる材料の開発によって、単なる改良ではないイノベーションを世の中に提供することを心掛けています。
そして、今後も歩みを止めることなく、世の中のテクノロジーの進歩、社会発展に役立つ独自の技術を創造し提案し続けます。

我々と一緒にイノベーションを興していきましょう!

高度な要求への迅速対応

関連リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 大量合成も可能なシビれる1,2-ジアミン合成法
  2. Wileyより2つのキャンペーン!ジャーナル無料進呈と書籍10%…
  3. 留学生がおすすめする「大学院生と考える日本のアカデミアの将来20…
  4. ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞…
  5. ケージ内で反応を進行させる超分子不斉触媒
  6. アミロイド線維を触媒に応用する
  7. Whitesides’ Group: Writing…
  8. 有機合成化学協会誌2018年10月号:生物発光・メタル化アミノ酸…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第五回 化学の力で生物システムを制御ー浜地格教授
  2. ナノチューブを引き裂け! ~物理的な意味で~
  3. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart Rowan教授
  4. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction
  5. 開催間近!ケムステも出るサイエンスアゴラ2013
  6. カブトガニの血液が人類を救う
  7. キレトロピー反応 Cheletropic Reaction
  8. 不斉ストレッカー反応 Asymmetric Strecker Reaction
  9. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」
  10. 富士フイルム、英社を245億円で買収 産業用の印刷事業拡大

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP