[スポンサーリンク]


比色法

  1. タンパク質の定量法―ビシンコニン酸法 Protein Quantification – Bicinconic Acid Assay

    原理ビシンコニン酸(BCA)法(Bicinconic Acid  Assary)はLowry法をさらに改良した比色法であり、タンパク質濃度定量に用いられる。Lowry法におけるFolin試薬のかわりにビシンコニン酸 (BCA)を…

  2. タンパク質の定量法―ローリー法 Protein Quantification – Lowry Method

    原理ローリー法(Lowry Method)はBiuret法をさらに発展させた比色法であり、タンパ…

  3. タンパク質の定量法―ビューレット法 Protein Quantification – Biuret Test

    原理もっとも古典的な比色定量法である。アミノ酸が3つ以上繋がったトリペプチド以上のオリゴ…

  4. 息に含まれた0.0001%の成分で健康診断

    健康診断って長い待ち時間や前日の食事制限で結構大変ですよね。(もちろん病気の早期発見には必要不可欠で…

  5. 比色法の化学(後編)

    今回は後編ということで、食品化学の分野で用いられる比色法について紹介しようと思います。といっても、食…

  6. 比色法の化学(前編)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ウィリアム・モーナー William E. Moerner
  2. マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況
  3. comparing with (to)の使い方
  4. 快適な研究環境を!実験イス試してみた
  5. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開
  6. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  7. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

注目情報

最新記事

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

PAGE TOP