[スポンサーリンク]


縮合

  1. フローリアクターでペプチド連結法を革新する

    2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した。ペプチドC末端をトリホスゲンで活性化し、N末無保護ペプチド単位と反応させることで室温・高速・短時間・低廃棄物のペプチド合成が実現されている…

  2. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis

    ペプチド固相合成法(Solid-Phase Peptide Synthiesis, SPPS)は、ペ…

  3. アシロイン縮合 Acyloin Condensation

    カルボン酸誘導体→ケトン概要2分子のエステルを金属ナトリウム還元条件下、ホモ…

  4. クライゼン縮合 Claisen Condensation

    概要塩基性条件下におけるエステル同士の縮合反応。交差Claisen縮合は、エステ…

  5. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol Reaction

    概要カルボニル化合物から生じるエノラートもしくはエノール種がアルデヒド/ケトンへ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機アジド(2):爆発性
  2. クレメンゼン還元 Clemmensen Reduction
  3. フィンランド理科教科書 化学編
  4. 元素生活 完全版
  5. NHPI触媒によるC-H酸化 C-H Oxidation with NHPI Catalyst
  6. グリニャール反応 Grignard Reaction
  7. ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

PAGE TOP